スキップしてメイン コンテンツに移動

ドゥンドゥンのコツ


前回から引き続き、ドゥンドゥンの理解を深める為のコツです。

初心者の方にドゥンドゥンを教えようとするとよく

「バラバラに右と左を動かす事が出来ない」と言う答えが返って来ます。

確かに(右利きの人の場合)左手でベルを叩き、右手で太鼓の打面を叩いているので、

一見、左右バラバラの動きで叩いている様に見えますが、

実は左手のベルはパルス(リズムの最小単位)を刻んでいて、

右手のバチで打面を叩く時、その音は左手のベルの上に乗っかっています。

(テクニック的な例外もありますが、9割以上がこの法則です)



つまりドゥンドゥンは左手のベルさえ覚えてしまえば、

後はそのパルスの何処かに右手のバチを合わせれば良い。という事。

しかも、ベルのパターンは基本2つしかない。

チッチチッ

1発2発かのみ。(こちらも例外ありますが、9割はこの法則でいけます)


この組み合わせで、実に多くのリズムが出来ている。

小さな「ッ」は休符の意味。(なので、実際には叩いてる訳ではなく、前の音の余韻)

1発でも2発でも打った後に休符が入る。



マンデン系のドゥンドゥンはほぼこの法則に従って出来ています。



具体的に例えば、


ソファ(SOFA)のケンケニは
              ↓
              1             2            3             4    
ベル      チッチチッチチッチッチチッチチッ
バチ             けけん   てぃ        けけん    てぃ


そして、
カサ(KASSA)のケンケニは、       
                                             ↓
                         1             2            3            4
ベル      チチッチッチチッチチッチッチチッ
バチ      けけんてぃ    てぃけけんてぃ    てぃ



1 2 3 4 とはカウント事、リズムを聴いて自然と手拍子を叩く場所。

4に行ったら、また1へと返って行きループする。

4つのカウントを埋めているベルは全て4文字(休符も含めて)。

つまり4/4拍子となる。


けけん」はケンケニのオープン音。「てぃ」はケンケニのミュート音。


そして↓の下からベルパターンを見てみると、

どちらのリズムのベルパターンも始まる場所が違うだけで、

パターンとしては同じ事をやっている。


もう少し、リズムを見てみると、例えば


ドゥンドゥンべ(dundungbe)と言うリズムのサンバンは、
   
         1         2         3         4
                                            ベル        チッチチッチチッチチッチ
                                            バチ        きゅ                     ぱん

ドゥンドゥンべ(dundungbe)と言うリズムのドゥンドゥンバは、

         1         2         3         4
ベル         ッチチッチチッチチッチチ
バチ         ん                      どどんどど


今度は4つのカウントを埋めているベルは、3文字なので3/4拍子(6/8)となる。

きゅ」はサンバンのミュート音。「ぱん」はサンバンのオープン音。

どどん」はドゥンドゥンバのオープン音。

こちらも「チチッ」の連続で、ベルパターンのスタートのズレを、

「絡み」として聴いて、そのまま進行してゆく。



 ベルの叩き方





ベルを叩く時、鉄製の棒で叩く場合と、鉄のリングをぶつけて叩く場合がある。

鉄製の棒は、ベル本来の音を優しく表現しやすく、

ベルの絡みを重要視する部族達が使う場合が多いように思う。


鉄のリングはスピードに対応しやすいので、ショー的要素の

多いバレー団などで使われていたり、直接親指にはめて演奏する部族もいる。


ベルスティックもバチもどちらも力を抜くことが大切。


ギュッと力を込めてしまうと、跳ね返りが無くなり、動かすのが大変になります。

 室内でも叩くことの多い日本では、自分の耳にも、ベルや牛皮にも優しく叩く事

を心掛けると良いかもしれません。


打面の叩き方



構えた時、肩の力は抜いて、肘を少し折った状態でバチを持つ。

左手のベル棒も同様に、肩の力を抜いて叩く。


実際、上手な人のバチさばきを見ていると、滑らかな円運動になっています。

肩、ひじ、手首を連動させて、鞭の様にバチ先を打面に当てます。

そのバチ先の動きを見てみると、よく分かるかと思います。

円運動=動きが止まる時間が無くなり、バチ先に遠心力も加わりる事で、

少ない力で、スピードと大きな音を得ています。


  ちなみに、ドゥンドゥンにはそれぞれ、オープンミュートの二つの音があり、


上で説明したとおり、力を抜いて叩くのがオープンサウンド



こちらは、トラポリンのイメージそのままに、バチが打面に当たった時、

皮の反動を素直に貰って、打面の皮を最大限に揺らす


それと対極なのが、ミュート、クローズサウンドと呼ばれる奏法で、

叩いた皮を揺らさない」状態を作る事で、その音を得る。

つまり、叩いた後バチ先が跳ね上がらないように、バチを固定するのだが、

よく、ミュートになると打面に対して45度くらいの角度から、

手首を固定させたままバチを突き立てる人もいるのだが、

これは、皮にも手首にもよくない。


感覚的には、叩くというより「置く」感じにする。

皮が打面に当たる瞬間に、バチを握ってる手をぎゅっと握るようにする。

すると、打ち付けられた皮は少し内側に凹み、押し付けられたことで、

行き場を無くした音の振動が、筒自体を震わせる。


皮を震わせて出すのがオープンサウンドなら、
筒(太鼓ボディ)を震わせて出すのがミュート。


皮の張力が高まり、太鼓内部の空間も少し狭くなる事で、

音程はオープンサウンドよりも高めに聞こえる。



ドゥンドゥンを叩く時の心得


、ドゥンドゥンにはそれぞれ、リズムの鼓動、骨格、肉付けという

役割があるので、もしどれかが止まってしまうと、

全体のリズムとして機能しなくなってしまいます。

ジャンベ以上に責任と忍耐力を持って叩きましょう。


、ジャンベ奏者やダンサーは、ソロ以上にドゥンドゥンを聞いています。

みんなに聞こえるように叩きましょう。


、時に、誰かが話をしたり、歌を歌っているなら、

その声が聞こえるように、自分の音を抑えましょう。


、キープすることに慣れてきたら、ドゥンドゥン、サンバンは

積極的にアレンジを入れてみよう。

一辺倒にならないことで、周りの反応が変わってきます。


、道具を使って、叩く楽器なので、道具の使い方に慣れましょう。

楽器がなかったり、家で練習したい時はお箸で空き缶を叩いてみよう!

ガムテープを打面に貼ってミュートすると、うるさくないよ。




以上、とりあえず今思いつくものを書きました。



ドゥンドゥンへの興味が深まったら、これ幸いです。






コメント

このブログの人気の投稿

声と音色。話し方と叩き方。

以前の記事で「ジャンベには基本的な3つの音がある」と紹介しましたが、
この3つの音をクリアに、自由に操るためには、相当な時間がかかります。

初めは「何となく音が分かれてるかな?」くらいから始まると思います。
勿論、その状態でもリズムアンサンブルとして楽しめるものですが、
上手な人や、音の大きな人と叩くたびに、
「もっとクリアに自由に良い音を出せるようになりたい」という課題が現れる。
そして、長く太鼓を叩く中で、手が痛くなったり、どこかを痛めたり、
速さに追いつかずに腕が止まったり。そんなことをを繰り返して、
 太鼓と友達になって、初めて自分の音を手に入れるような気がします。

太鼓の「音」をアフリカの言葉で「Kan」といいます。
この「Kan」は「言葉」という意味であり、「声」という意味でもある。
つまり、アフリカ人たちは「(楽器の)音」も「声」も「言葉」ですら、

同じ意味合いとして、捉えている訳です。

 なるほど、僕も長年色んな人ジャンルの太鼓叩き達と太鼓を叩いてきましたが、
叩き手の出す太鼓の音色やフレーズは、
そのまま叩き手のパーソナリティーを表してる
と感じてきました。
 声の大きない人、自分を余り表に出さない人、すぐふざける人、真面目な人、
おしゃべりさん、無口、自信がある人、自信がない人、etc.....
 太鼓がシンプルな楽器だからか、
そうしたシンプルで根源的な特徴ほど、音によく現れる。
もちろん、その時の心情や気分も変化しながらも影響していて、
太鼓を前にした時に、自分自身で自分の強い感情に気づく事もある。
 いわば、太鼓を叩いていくうちに、自分のそうした根本的なエゴの部分や、
自身の変動的な感情に対峙させられ、音楽的に成長するために、


自分の心の癖をも修正しようと試みる事になる。
だから楽器の習得は人生の縮図のようなものなのだ。
自分の良い所も、悪い所も、生き様も、癖も赤裸々に見せてくれるだけでなく、
楽器を始めて触ってから、出来ることを増やしていく過程は、
0歳から初めて成長してゆく過程をもう一度味わうチャンスなのだ。

そして突き詰めていくと自分ではマイナスに見えていた要素も、
その人の叩き手としての魅力の一部となり、見ている人を熱くさせたりする。

生まれながらに「美声」を持っている人がいるように。
初めてジャンベを叩いたのに「綺麗な音」を出せる人もいる…

アフリカ人的リズムの感じ方

アフリカ人ジャンベ叩きと一緒に叩いたり、観たり体感したことのある人には、
分かるかと思うのだが、アフリカ人のリズムには、何か異質のエネルギーを感じる。


  根源的で、野性的で、生命力そのものの美しさ、
それでいてユーモアまで感じるエネルギーを含んだリズムとでも言い表すべきか?
僕自身も色々な理由からジャンベを続けてこれたが、
「アフリカ人の様なフィーリングで叩きたい」という思いが常にあった。
「一体何が、我ら日本人と違うのか?」と思いたって、アフリカ人の演奏を観察し、
時に同じ生活をする事で見えてきた違いは、
音量、スピード、熱量、前ノリ感、独特の間、ポリリズム感など、
挙げたら切りが無い。


が、その違いを一つ一つ理解して、日本人らしく、論理的かつ柔軟な感覚で
アフリカンフィーリングを習得して行ったら良いと思い、
このblogで記録しながら共有してます。
まぁフィーリング(感覚)の話なので、習得には個々人の訓練と慣れが必要になってきます。

  そんな今回は、1番簡単にアフリカ人フィーリングに近づける方法!


題して「アフリカ人的リスムの感じ方」



それを一言で言うと、
「アフリカ人達は、リズムを最小限で捉えようとする」
と言うことになる。
「リスムを最小限?捉える?」となると思うので、ここで例を、
(B=ベース。T=トニック。S=スラップ。)
KUKU (4/4) ジャンベ アコンパ


①は通常どおり、リズム譜にリズムを記したもの。

②は日本人的リズムの捉え方。
B(ベース)をリズムの頭と捉えて「ドントトッ カッ」とリズムを出している。
この場合、8拍あるうちの、7拍分がリズムへの集中力となり、1拍が休憩となる。

③はアフリカ人的リズムの捉え方。
S(スラップ)を頭と捉えて、「カッ ドントトッ」とリズムを出している。
この場合、リズムの集中力が6拍分、2拍が休憩となる。


同じリズムではあるが、捉え方によって、休憩できる拍が変わってくる。
休憩が増えるということは、それだけ楽にリズムを捉えることができるのです
もう一つ、よく叩かれるリズムで見てみましょう!
KASSA(4/4)ジャンベ アコンパ

①は通常どおり、リズム譜にリズムを記したもの。

②は日本人的リズムの捉え方。
拍の頭をリズムの頭と捉えて「カッ カカットト」とリズムを出している。
この場合に至っては、休憩の拍がなくなり、…

リズムから解く人間関係 〜ポリリズム〜

人間は母親のお腹にいる頃から、鼓動というリズムを鳴らし始め、
産声をあげ、呼吸というリズムを始め、
意識しようがしまいが、朝昼夜と時間のリズム、春夏秋冬といった季節のリズム、
所属団体(家族、学校、会社など)の習慣のリズムなど、
日々様々なリズムの中で暮らしている。



「僕らの生は、数あるリズムが、同時に鳴っている上にある」といっても過言ではない。

リズムは、「一定間隔」で「継続」されることにより、心地良いリズムとなる。
逆に「不定間隔」に「断続」的なリズムは、人々を不快にさせる傾向がある。
 そうゆう意味で、鼓動は人間にとって一番身近なバロメーター的リズムとなっている。


平常時、「トクトク」と脈打つ鼓動が例えば、車に突然轢かれそうになった時に
「どきっ」と反応し、「ドキドキドキドキ」と鼓動が速くなる。
これは、自分に迫った危機に対する回避反応ではあるが、
その後必ず怒りが沸き起こる。(轢かれてなかった場合ですね)
 その怒りは、「あぶねーだろ!」って気持ちと、
自分を「どきっ」とさせたこと=心地良いリズムを、中断させられた怒りである。


 時差ボケで苦しめられたり、昼夜逆転の生活がうつ病を招きやすかったり、
休日出勤に嫌気がさしたり、予想してなかった渋滞に巻き込まれたり、
人間は自分のリズムが崩された時に、ストレスに感じる。のです。

自分のリズムを崩す際たるものが、、、、他人です。
まぁ、動物の中で、唯一エゴを持った僕ら人間の宿命みたいなものですが、
自分のリズムとグルーブして、リズムを昇華させてくれるのも、他人です。


人間は本来それぞれ自分の心地良いリズム、得意なリズムで生きていたいものなのです。