スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月, 2018の投稿を表示しています

3月のアラカリワーク

寒さも和らぎ、春の知らせも感じ始める今日この頃。


活動の場が増える春先にかけて、しっかりと準備したい3月!!
芽生える前にこそ、エネルギーを燃焼させていきましょう!


オープン クラス(ジャンベ初心者〜経験者)
3月 3日(土)19:00〜22:00 at  片瀬しおさい 3月10日(土)19:00〜22:00 at  村岡 3月17日(土)19:00〜22:00 at  六会 3月24日(土)19:00〜22:00 at  村岡 3月31日(土)19:00〜22:00 at  村岡
プログレス クラス(経験者クラス)
3月 5日(月)19:15〜22:00 at  六会 3月12日(月)19:15〜22:00 at  六会 3月26日(月)19:15〜22:00 at  六会
ンゴニ クラス
3月 6日(火)19:30〜22:00 at  善行 3月13日(火)19:30〜22:00 at  善行 3月27日(火)19:30〜22:00 at  善行
ペティ クラス
3月 1日(木)11:00〜14:00 at  サロンドゥ グレイスM 3月 8日(木)11:00〜14:00 at  サロンドゥ グレイスM 3月15日(木)11:00〜14:00 at  サロンドゥ グレイスM 3月22日(木)11:00〜14:00 at  サロンドゥ グレイスM 3月29日(木)11:00〜14:00 at  サロンドゥ グレイスM
トライアル クラス
3月 5日(月)11:00〜14:00 at  サロンドゥ グレイスM 3月12日(月)11:00〜14:00 at  サロンドゥ グレイスM 3月19日(月)11:00〜14:00 at  サロンドゥ グレイスM 3月26日(月)11:00〜14:00 at  サロンドゥ グレイスM
特別ワーク
3月 7日(水)19:30〜21:00  ンゴニワーク at WONTANARA TOKYO

今月もよろしゅうお願いします。

裏返りの不思議 と 寛大さ 

今日はアフリカンリズムアンサンブルでの、裏返り現象について。
皆さんは、普段音楽を聞いていて、音楽が裏返って聞こえた経験はありますか?

多分、大半の人は何を言っているのか意味すら分からないと思いますが、
僕はアフリカンを学ぶ様になってから、この現象を何度も体験しました。
ポップスやロック、テクノ、ヒップホップなどラジオから流れてくる様々な音楽は
ドラムの刻むリズムのメソッドで、3・7にスネアが乗っている事が多く、

現代の日本で生まれ育った僕らは、いわゆる8ビートと言われる
「どんつぅカッつぅどんつぅカッつぅ」で言う所の「カッ」の音を聞くだけで、
自然にONE(リズムの頭)の位置を掴むことが出来きている。
だから、そうゆう音楽を聴いている日常では裏返る事はほとんど無い。
まして、そこに日本語の歌が乗っかってくれば、裏返り様は無い。
僕が初めて裏返りを意識したのは、西アフリカのマンジャーニと言うリズムで、
何時もの練習場所に、遅れて行ったら、みんなが全然知らない曲を叩いてて、
「え?」


キョトンとしてたら「マンジャーニだよ」と。。
しかし言われたもののその状態から、
どうやってもいつものマンジャーニには聞こえず、
結局リズムが終わるまで元には戻らなかった。

仕切り直し、逆にいつもの聞き方のマンジャーニに戻ると、
さっき聞こえていたリズムが思い出せないほど、いつものマンジャーニに。
つまり、それ程、全然違うリズムに聞こえていたってわけです。

通常のマンジャーニのサンバン(バンバンジー風に) S・S・・C・・S・S・(バンバン ジー バンバン) って聞こえる所が、始めの音が裏返り、

ハイブリッド楽器 シャリンビン

半年ほど前に、友人宅の庭に生えた竹を伐採したというので、竹をもらった。
その時は、子供用ティピの骨組みにでもしようかと考えていたが、
竹は加工しやすく、色んな楽器に使われているので、
色々な国の竹楽器を調べて実際に作ってみることにした。
その中でもフィリピン発祥のバリンビンは、比較的簡単に作れて、
想像以上のやばい音(倍音)を出せるので、ハマって作っていた時期があった。
バリンビンは別名デビル・チェイサー
悪霊を退治し、善霊を呼び込む時に使っていた、楽器だったという。
まるでドンソンゴニ。


 いくつか作った後、持ち手側の残した竹の節に、ビーズを入れて蓋をして、
シェーカーにしてみたら、演奏に連動し、楽器としての機能の幅が広がり、
そして、持ち手にあるイコライザー(周波数変換装置)機能のある穴を
2つにして(本場のは1つ穴)、音色の幅も若干広がった。


この楽器、バリンビンに敬意を評し「シャリンビン」と命名させていただきました。
シンプルな構造ながら、電子音の様な倍音の効いたビビり音がして、
その裏にかすかにリズムを刻むシェイカー。
ん!? これは、まさにテクノ的であり、トランス的なサウンド!
ってことで、4本のシャリンビンを多重録音して模範演奏を撮ってみました。


このシャリンビン作りのワークショップ
3/25(日) に鎌倉、腰越海岸の幼稚舎で行われる童心宴の中でやりまーす!

作業時間30分〜60分で作れて、その後作ったみんなでセッションしたり、
その後のラビラビのライブで、ビンビンしながら踊ってもなお良いし、
何より、自分で作った物が楽器になるって体験すると
少しだけ世界が変わって見えて、それこそ童心に戻れるのです。
詳細は後日、童心宴童心宴ホームページ内に記載します。

世代の話

今日はアフリカンとはあまり関係の無い話。
僕らは、生きて行く上で、毎日色んな世代の人達と過ごしている。
一般的に世代とはその時々の社会情勢や国の教育放心で分けられるようだ。
生まれ年世代名生年月日世代名生年月日1910年代大正世代1912年7月30日-1926年12月25日1920年代昭和一桁1926年12月26日-1934年12月31日1930年代焼け跡世代1935年-1946年1940年代全共闘世代1941年-1949年団塊の世代1947年-1949年[2]1950年代しらけ世代1950年-1964年1960年代新人類1961年-1970年[3]バブル世代1965年4月2日-1970年4月1日[4]1970年代氷河期世代
(失われた世代)1970年4月2日-1983年4月1日団塊ジュニア1971年-1974年[5]ポスト団塊ジュニア1975年-1984年1980年代ゆとり世代1987年4月2日-2004年4月1日新人類ジュニア1986年-1995年[3]

楽器の重さと音色 比較実験③ カメレンゴニ完成編

楽器の重さと音色の比較実験、ついに最終章です。


今回、制作から乾燥、blogでの報告、チューニング、細かい調整を経て、
約三週間で完成しました!
楽器というのは、作れば作るほどに、完成度が増していくもので、
今回の2つのンゴニも、そういう意味で過去最高作品となりました。
結果の映像も乗せてみました。

慣れないもので、真顔での演奏ですが(笑)
近所の裏山で、ハイキングしている人を横目に。
ちなみに、このンゴニの片方は、予約が入って売れました。
もう片方のンゴニは下丸子にあるWONTANARA TOKYOさんに
置かせていただけることになりました。
実際に手にとってみたい方は、是非お店に行って演奏してみてください。









ジャンベを長く永く叩く為のワークショップ

「ジャンベを長く永く叩く」どうゆう意味?と疑問に思うかもしれませんが、
これには、文字どおり二つの意味があります。
長くは、長時間叩いても、「疲れない」「痛くならない」様に叩ける事。
永くは、「飽きずに」「身体も壊さず」人生の伴侶の様に叩き続けられる事。


長く叩けることが、永く叩く事につながって行くとは思います。

ジャンベを叩いた場合の「痛み」とは手のひらの軽い打撲の様なものなので、
患部さらにを打ちつける行為をやりたいとは思わない。
「痛み」は、ネガティブな信号として、脳に記憶されるので、
ジャンベを見ても「叩きたい!」とは思えなくなる。
どんなに、リズムが好きでも、痛みには勝てないのだ。

勿論ジャンベは、手で直接打面を叩くので、多少の痛みは付き物であるが、
それは手がジンジンする程度のもので、打撲の様な痛みでは無い。


手の皮も少しづつ厚くなるので、基本は段々と痛みも減って行く。
「疲れない」それは、前記事にも書きましたが、
ジャンベの叩き方1ジャンベの叩き方2ジャンベの叩き方3
リラックスする事、バランスをとる事が大切。
自分の自然体で、バランスのとれた叩き方ができれば、

身体を壊す事もないでしょう。
人の体はそれぞれなので、その方法や感覚もそれぞれ。
だからこそ自分で掴んで、身体に染み込ませないと行けないのですが、
なかなか一人ではどうして?どうやっていいか?分からないと思うので、
そのお手伝いが出来ればと、飽きずに叩く為の練習法なども織り交ぜながら、
自分に合った音の出し方にフォーカスした特別クラスを開催します。
(ここから宣伝です笑)