スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2011の投稿を表示しています

今日の空

今日は朝から風が冷たかった。
フレッシュな感じ。
今日の空。


台風の目のような太陽、

台風の到来を暗示してる様な雲。
今日はこの海岸を清掃。三浦市は自然の残る岩礁地帯が多い。
今日は帰り道、虹のかけらが見えました。
下の写真の中央辺りに。ほんのりと映ってます。
虹はラインで出るとばかり思ってたら、
あるポイントにしか存在していない。
何か不思議な感覚の虹でした。

8月24日 あさはか live

どもども。
8月24日に鎌倉の海の家「とき」であさはかのライブやります。
町の納涼祭。ようは町のお祭り!楽しんでいきます!

18時30分から祭りはスタート!
そして、前回のあさはかのリハーサル風景を撮ったのでアップします。
営業の終わった麻心にて、ちびちび飲んでいる常連さん達に囲まれて。
「あさはかのテーマ」
あさはか メンバー ヴォーカル/ギター       畠山たかし ギター            ごんたさん ベース             のぶさん(from  midles) チェロ          ぶんちゃん(from らぞく) 笛/ディジュ/カリンバ  シンジさん(from 麻心) ジャンベ/カホン     アラカリ大輔(from うたりべ)
おたのしみに!

ピースサーキット @ へっころ谷

ここの所、妙に縁づいてるへっころ谷で昨夜、イベントがありました。
66年目の終戦記念日を目前とした今、
3•11から5ヶ月が経過した今までの流れから、
核を戦争をもう一度考えてみよう!と画家、ミュージシャン、政治家、
料理人、大学生、そして様々なる層の人達が集まりました。
このイベントは、茅ヶ崎の歌い手「あじさい」から頂いたお話。
彼とは去年の天空祭りでセッションしてから、約1年ぶり。
それまで、お互いのライブに「行く、来る」と言っていながら、
なかなかタイミングが合わずに会えていなかった。
へっころに着くと、前回88の日でも唄っていたピカレが唄っている。
後ろの方に立っていた、あじさいと再会に浸っていると、
ステージが盛り上がってきた。思わずステージのピカレにアイコンタクト。
「叩かせて!」「もちろんcome on!」言葉のない会話。
感動の再会に浸る暇無く、へっころに着いて10分。
ピカレとセッション。なんだか最近この流れが多い。

あじさいは優しい唄を唄う。平和への唄、人生の美しさ、、
でもそうゆう普遍的な唄というのは、なかなか人には伝わりにくい。
ライブ前にそんな風にお互いで話していたので、
ライブ中は演奏という意識と同様に、ジャンベの音に彼を支える
気持ちというのをのせてみた。こんな経験は今まで無かった。
そんな気持ちがその場にも広がったように、ライブはすばらしいものに。
あまりにも高揚して、あじさいライブの後、「一曲唄わせて下さい」と
最近自分で作った自分なりのメッセージソングを唄わせてもらいました。
そんな事言ってる自分に、唄っている自分にもびっくりしながら、
ライブ後「唄伝わったよ!」と何人かの人に言われ、またまたびっくり。
外でタバコを吸っていると、机に見覚えのある星のマーク。
藤沢近辺で良く見る、星のキャラクターを使った政治家の冊子が置いてあった。
そこで一緒にタバコを吸っていたミドルスのノブさんに、
「この星野って人、良く見かけるんですよね!いったい何者なんすかね?」
なんて大声で質問してたら、「ほら、あの人が」と後ろを指差す。
さすが政治家地獄耳(笑)「あ、星野です」と名刺をいただく。
なんと本人登場!!「星野なんて呼付けしてスイマセン!」と平謝り。

さて、今回のピースサーキットは勿論、アートからのメッセージという
側面もありつつ、星野さんがやっているustreamのホシノテレビという
番組の公開討論会でもあ…

88の日

昨日8月8日はハッパの日。
って事で鎌倉の麻心と奈良大介さんが主催の「麻ひらき」が
由比ケ浜の海の家asiaにてありました。
日本では麻薬として、悪名高き「大麻」。
何事もそうだけれど、視点を変えてみると物事は違って見えるもの。
化学肥料に頼らなくてもすくすくと伸びる麻。
紙、布、食品、医療品、神とのコミニケーションツール、etc
戦前まで日本人の衣食住を支えてきた麻。
そしてバイオディーゼル、プラスチック、建築材料、 etc
これからの日本のエネルギーシフトやライフスタイルを変える
可能性のある麻。
そんな麻を見直そう!と今回のイベントは立ち上がりました。

そして今回、「あさはか」のデビューライブ!だったのですが、、、
当日「タイムテーブルの都合であさはかライブ中止になりました」と
残念なメールを頂く。主催者のバンドなのでしょうがないのかな。
それでも前日リハで麻心においておいたジャンベを背負ってasiaへ。
着いてふとステージを見ると、元相方で、最近山梨に越していった
クマちゃんが奥さんのComugiちゃんと演奏してる!
もうジャンベをほっぽり投げて「わーい!」って両手ばなしで
叫びたいくらいに嬉しかった。


楽屋を覗くと、奈良さんが「俺の時だいちゃん一緒に叩いてよ!」と。
comugiのライブが終わって、久しぶりに2人と話していると、
奈良さんがもうステージで準備をしている。
感動の再会に浸る事無く、asiaに着いて10分、奈良さんと太鼓を叩いてる。
同じダイスケ繋がり、そして以前密かにやっていた「お祭りハッピーズ」
メンバーだけあって、打ち合わせも無いのにバッチリあっちゃいました!
その後はkazさん。普段インストメインのアーティストなのに
マイケルやらボブやら唄ってた。それにしてもこの人ゆるい。
その後もアカムシ、ミツカゼくんとライブが続きみんなでセッション!!
丸井弁護士の講義、ピカレのアカペラ、カポエラ、全てがハナマルでした。
「塞翁が馬」、ライブが無くなって残念な気持ちになったけど、
最後はきっとライブ出演以上に楽しませてもらいました。
人生何が起こるか分かりませんね。