スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2012の投稿を表示しています

ブルキナファソ①

今日ボボデュラッソから首都のワガドゥグに帰って来ました。

イヤー予想以上にボボデュラッソにはまってしまい、今だギニアには着いていません。

明日チケットを探しに行く予定です。

ボボから何度もblogを書こうと思っていたのですが、なかなか良い環境に出会わず、

今日に至ってしまいましたが、以下2週間前の日記を添付します。

なお写真を添付したいのですが、どうやらI-padからは無理そうです。

後日、まとめて添付したいと思います。



ブルキナファソに来て早いもので1ヶ月がたちました。

なかなか良いネット環境に出会えなくて、日本語打てなかったり、

たまに、知り合ったベルギー人の泊まってるホテルに

wi-fiしに行ったりもしたけど、落ち着かなかったりで。

近況報告がつぶやき程度になってしまいました。

しかし今日free wi-fiと書いてあるレストランを見つけたので、

早速旅の経緯と近況報告と行きたいと思います。(結局ここからも送れず。。。)

ブルキナファソは実に様々な民族がいて、首都ワガドゥグはモシ。

ボボデュラッソは、マンデ系のジュラ。と言うように、

場所によって話す言葉、文化が全然違う。

フランスからの飛行機はワガドゥグに到着したのだけれど、

求めている音楽はもっと西(マリ寄り)にあるだろうと、

わずか3日でワガドゥグを後にして、ボボに降り立つ。

始め街から少しは慣れたZionというホテルに滞在するも、

いるようでいないミュージシャン。2日間、街やらホテル近郊を

徘徊する。ボボ滞在2日目の金曜日、今夜ホテル近くのfarafinaという場所で

LIVEがあるからと、昼食ついでに下見に行ってみる。

そこで英語で話しかけて来たのが、今の先生アブロ。

西アフリカで英語を話す人と出会うのは容易な事では無く、

ギニアでの先生の名がイブロだった事もあり、これは何かあるなと、

彼の言うがまま、彼のファミリーの部屋を借り、翌日からレッスン開始。

アブロはセヌフォ族のドンソの村で育ち、幼少から音楽の才能を発揮し、

近年は隣国ガーナやトーゴ、ヨーロッパにも伝統音楽を教えに行っている。

今回もたまたまガーナから帰って来たところで僕らに出会ったようだ。

本当に全てはタイミングで回っていらっしゃる。

さて、それからは午前中はジャンベ。午後にバラフォン、ンゴニと

教えてもらっているが、一人3役の先生。な…