スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2018の投稿を表示しています

12月の予定

12月になりました。もう2018年最後の予定になってしまいました。 今年も、色々新しい経験、自分のライフスタイルが変わるような体験に恵まれた 一年でした。これも関わってくださる皆さんのおかげです。 残り1ヶ月も、走り続けます!!
オープンワーク 12月 1日(土) 19:00〜22:00 @ 六会 12月 8日(土) 19:00〜22:00 @ 片瀬 12月22日(土) 19:00〜22:00 @ 村岡
プログレスワーク 12月 3日(月) 19:15〜22:00 @ 六会 12月10日(月) 19:15〜22:00 @ 六会 12月24日(月) 19:15〜22:00 @ 六会
ンゴニワーク 12月 4日(火) 19:30〜22:00 @ 善行 12月11日(火) 19:30〜22:00 @ 善行
ペティクラスワーク(初心者〜) 12月 6日(木) 10:00〜13:00 @ 鵠沼※ 12月13日(木) 10:00〜13:00 @ 村岡※ 12月20日(木) 11:00〜14:00 @ 村岡 12月27日(木) 11:00〜14:00 @ 村岡 ※時間が若干違います。
トライアルクラス 12月10日(月) 11:00〜14:00 @ 六会 12月17日(月) 11:00〜14:00 @ マリア邸            この日はスペシャルDAY ワークの後〜クリスマス会 12月24日(月) 11:00〜14:00 @ 六会
ライブイベント
12月15日(土) 5人のアフリバカ男 藤沢  freeculture編 12月16日(日) 5人のアフリバカ男 渋谷 イエネガ編
12月18日(火)麻はかジャム at 麻心 20:00〜
12月29日(土)〜30日(日) せっせと忘年会
12月31日 カウントダウンライブ at 麻心
今年も、一年お疲れ様でした!!


正義の見方

ツアーやイベントなどで、大分blogから遠ざかっていました。。 音楽とは全然関係ない話ですが、正義の見方について。

先日、アクリルたわしについての記事を読んだ。
「アクリルたわし、マイクロプラスチックとなり海へ」と言う様な内容。 最近、世界的に話題となっているマイクロプラスチックの海洋汚染。 化繊の服や歯磨き粉などから出た、 目に見えないほどのプラスチックの細かいチリ。 排水溝や下水から、川へ流れ出し、 世界の海を股に掛け、浮かんでいる消えない君。 それを餌と間違えた魚や海の幸のお腹の中から、 見つかっている分解されないゴミ。  そして、知らないウチに、海の幸として、僕らの身体の中に戻って来ている。
ここで問題としたいのは、勿論、この有限である環境を考えて行く事でもあるが、 この連鎖の発端、きっかけ、繋がりは、 全て人間の疑い無き「正義」から導き出されていると言う点である。
庶民にも「安価で暖かい服を」という企業の正義の元考えられた化学繊維や、 「虫歯を無くし、歯磨きの時間を短縮させる」というある種の正義感の元、 研究者達は歯磨き粉に研磨剤となるプラスチックの粒子を混ぜたのだと思う。  そもそも住宅や街から川から海へと流れる下水システムも、 「クリーンで快適な生活を送りたい」という「陸の正義」が作ったものであろう。
ここに来るまで、「正義」の連鎖のはずだが、 「正義」の通った後には何かしらの「犠牲」が生まれている。
そして10年前には、「洗剤を使わずに海を汚さない」という理由で 推奨されていたアクリルたわしの「正義」も、 時代と共に正義では無くなったという。 つまり「正義」は立場や時代によって、 容易に悪にもなりうる相対的なものなのである。
「正義」自体を否定するわけでは決してない、 技術者達の沢山の「正義」が技術をここまで革新させて来たのも事実であるし、 僕らが普段、人間たる生活ができているのも「正義」のおかげ様である。 しかしその絶対的さゆえ、正義は蜜の味となり、 「その他の正義もある」と言うことを忘れ、 ただただ自分の正義(感)の魅力に取り憑かれていく危険性もあると言うこと。

人は一度「正義」に取り憑かれてしまうと
自分の正義の外にあるものが「悪」に見えてきて、(排他的) 自分の正義に関しては疑い無くなって行く。(妄信的)
戦争や宗教紛争などがその代表例で、 戦う同士、それぞれがそれぞれの「正義」を思う気持ちは同じくらい純粋なのに…