スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2019の投稿を表示しています

10月の予定

10月に入ると、一気に秋モードですね。
実りの秋、セッセマーラーズと鎌人ライブ、 チャイハネとのコラボ、C-CAMPハロウィーンキャンプ、 そして、カバレサカバデーvol.8開催!! 今年やって来たことが、結果として現れそうな機会が多いです。  今月も楽しくやらせてもらいます。 セッセマーラーズ新メンバーも募集中です!
ワークショップ
オープンクラス 10月 5日(土) 19:00〜22:00 @ 片瀬 10月12日(土) 19:00〜22:00 @ 村岡 10月19日(土) 19:00〜22:00 @ 村岡
プログレスクラス 10月 7日(月) 19:15〜22:00 @ 六会 10月14日(月) 19:15〜22:00 @ 六会 10月28日(月) 19:15〜22:00 @ 六会
ンゴニクラス 10月 8日(火) 19:30〜22:00 @ 善行 10月22日(火) 19:30〜22:00 @ 善行
ジャンベpetit(木昼)クラス 10月 3日(木) 13:00〜16:00 @ 片瀬 10月10日(木) 10:00〜13:00 @ 村岡 10月17日(木) 11:00〜14:00 @ 村岡 10月24日(木) 10:00〜13:00 @ 村岡 10月31日(木) 11:00〜14:00 @ 片瀬しおさい
ジャンベTRY(月昼)クラス 10月 7日(月) 11:00〜14:00 @ 六会 10月14日(月) 11:00〜14:00 @ 六会 10月21日(月) 11:00〜14:00 @ 親水公園 10月28日(月) 11:00〜14:00 @ 六会
ライブとイベント
10月 4日(金) カバレサカバデーvol.8  @ 江の島 OPPA-LA
10月 5日(土) モモケイタ  リズムワークショップ @ 藤沢労働会館
10月20日(日) 鎌人いちば @ 鎌倉 由比ヶ浜公園
10月26日(土)〜27日(日) C-CAMP  @ 富士山YMCA 
今月もよろしくお願いします。。


奇跡の夜。

前回の続きみたいなタイトルになってしまいましたが、昨日の話です。 昨晩は、
最近参加しているROOTSTRIBE dub septetの公開レコーディングでした。  場所は渋谷のTHE ROOM。
渋谷駅近くの牛丼屋の地下にある隠れ家的なライブバーでした。  今回はオープンリールレコーディングといって、 大っきなカセットテープの様なアナログなシステムを使っての一発録り。 ROOM店長の私物だそうです。  ただどういう仕組みになっているのかは分からないが、マイクは、 最新式の物を使っていた。あくまでも録る音はクリアにって事なのかな?  そんな新旧機材の融合で録れた音は、臨場感が半端なかったです。
ROOTSTRIBEは現在、  ベース、ドラム、ギター、鍵盤、フルート、パーカス、ダブミックスの
7人編成。 アフロビート?民謡?ファンク?演歌?クンビア?ダブ?いろんな要素を含んだ 僕にとっていは、かなり挑戦的な活動で、いちパーカッショニストとして 立ち位置を考えながら、その上で自分らしい歌い方で叩く事を目指しています。  普段叩いている、アフリカンの伴奏パターンの枠では収まらない音楽の中で、 自分のリズムを作り出す。。。 そこに出てくるフレーズ達は、大袈裟に言えば、 僕がジャンベを叩いてきた歴史そのものであり、 聞いてきた音楽、過ごしてきた時間の結果なのであって、  だからそれを素直に受け止め、変に飾らず、音を聞いての閃きに任すと言うか、 自分の手の赴くままに、叩いてみる!ってゆうのを大切にしています。  幸い、他メンバーの懐が深いので、その中で自由に叩かせてもらってます。  そんなこんなで、昨日のライブレコーディングは無事に終わったのですが、 演奏の最後の曲で、2人のお客さんが入って来たのが見えました。 一人は黒人で、モヒカン黒いマスクをして黒いTシャツに黒いニッカポッカ?を 履いた、全身黒人間(笑)。  実はその彼、ライブ前にお店の前でメンバーと談笑していたら、 その横を通り過ぎて、その出で立ちに「youtuber?」なんて思っていたので、 よく覚えていた。フロアーでも、人一倍よく体を動かしていたので目立っていた。
 ライブが終わると、その彼が真摯に「良かったよ」と握手しに来てくれた。 彼が去った後、「彼タップダンサーらしいよ」と隣の友人が教えてくれた。 「名前…

あの朝があって今がある。

眼が覚めると、蒸し暑いベットの上だった。
時計を見るが、時刻を合わせていないので、今が何時かわからない。 でも感覚から言うと、午後3時か4時くらいだろうか?  目の前の扉を開ければ、待っているであろう異国の景色を想像しながら、 僕はベットから立ち上がった。  実は、前の晩、初めてギニアの空港に降り立ち、 イミグレーション、タクシーとこの国の洗礼を受け、真夜中、 ガイドブックに載っていたこの宿になんとか辿り着いた。時間も時間だったので、 門は閉まっていた。が、タクシーの運転手はおかまいなしにその鉄製の扉を叩く。 脇のドアから、警備員らしき人物が出てきて、僕を通してくれたのだが、 受付は朝の7時から開くから、それまで待て、みたいなことを言っている。 「どこで待てばいい?」なんて言葉も浮かんでこない僕は、質問を諦め、 宿を一周して、階段下に仮眠ができそうな場所を探し出し、 バックパックを枕にして、持ってきた蚊帳に包まって横になった。 が、蚊の羽音に睡眠を阻まれつつ7時を迎え、 ウトウトの状態でチェックインを済ませ、 部屋に入るやいなや、ベットに倒れこむ様に眠りに付いたのだった。
 扉をあけて、外に出るとまだ強い日差し、そして南国っぽい木が見えた。 夜には見えなかった、光とともに活気を帯びているこの国の 「普通の通り道」を歩いてみたかった。 「自分の感覚に任せて、どこでも好きなところへ行けるこの感覚が旅の醍醐味」 なんて思いながらレセプションで、ユーロをギニアセファーに両替してもらい、 ワクワクしながら街に出てみることにした。  当たり前だが、目の前に見えるのは自分以外は全員黒人だった。 しかし以前に行ったお隣、マリとはほんの少し雰囲気が違っていた。
この通りは、マリ人の様なのthe民族衣装的な格好をしている人よりも、 西洋的と言うか、ジーパンにタンクトップみたいなラフな格好をしてる人が 多かった。人々も活気が溢れていて、コミカルかつ、よくおしゃべりしている。 それものそのはず、ここコナクリは海に面した街、気質も陸の街とは違うのだ。
「そういえば小腹が空いたな」と辺りを見回すと、 前方で芋らしきものを路上でフライにしているおばさんがいたので、 頼んで一つ買ってみる。と、片手では持てないくらいの、想像以上の量が来た。 「こんなに食べられないよ」と内心思いつつも、初めての…

9月の予定

夏もお盆を過ぎると、一気に秋に向かって自然が変わってきます。
収穫の秋であり、芸術の秋。 秋は太鼓叩き達にとって、外で叩ける最後のチャンスなのです。 今月も、ワークにライブに突き進んでいきます!!
オープンクラス(課題:ドゥンドゥンバに挑戦中!) 9月 7日(土)19:00〜22:00 @ 片瀬 9月14日(土)19:00〜22:00 @ 村岡 9月21日(土)19:00〜22:00 @ 片瀬 9月28日(土)19:00〜22:00 @ 村岡
プログレスクラス(課題:自分自身でグルーブを発する) 9月 2日(月)19:15〜22:00 @ 六会 9月16日(月)19:15〜22:00 @ 六会(※会議室) 9月23日(月)19:15〜22:00 @ 六会 9月30日(月)19:15〜22:00 @ 六会
ンゴニクラス(課題:弾きながら歌う) 9月10日(火)19:30〜22:00 @ 善行 9月24日(火)19:30〜22:00 @ 善行
ペティクラス(課題:自分の音と、人の音をアンサンブル) 9月 5日(木)11:00〜14:00 @ 六会     9月12日(木)11:00〜14:00 @ 親水公園(※保留) 9月19日(木)11:00〜14:00 @ 村岡     9月26日(木)11:00〜14:00 @ 片瀬しおさい
トライアルクラス(課題:色んなアンサンブルを作り上げ、慣れる) 9月 2日(月)11:00〜14:00 @ 六会   9月 9日(月)11:00〜14:00 @ 親水公園 9月16日(月)11:00〜14:00 @ 六会 9月23日(月)11:00〜14:00 @ 六会 9月30日(月)11:00〜14:00 @ 六会 ※9日以外15:00〜17:00のドンドロンチクラスあり
セッセマーラーズ合同練習会 9月18日(水)19:00〜22:00 @ 六会(会議室)
ライブとイベント 9月15日(日) 金沢文庫芸術祭   ソロケイタ&フレンズでライブ、アラカリの楽器屋さんとしてミニ出店。 9月17日(火)日中〜 鎌倉銭洗弁天 奉納 演奏 9月25日(水)ROOTS TRIVE ライブ  ROOTS TRIVE の前回ライブ音源。ぜひご視聴ください! 9月27日(金)Friday Night Fever  栃木県 道の駅 佐野みかも  2年ぶ…

積み上げる、掘り下げる

ジャンベやアフリカンダンスに限らず、習い事、趣味、ライフワーク全般にも 共通して言える事かもしれないが、「習得には積み上げる事」が一番の近道だと 考えられている。
 ジャンベで言えば、音の出し方を身体で理解する為に、ひたすら叩き、 ルールや曲の名前、その背景と意味を知り、ドゥンドゥン、サンバン、ケンケニ、 ジャンベの伴奏リズムを覚え、それあったソロフレーズ、唄も歌える様にする。  知識的な要素、基本的な技術は、「積み重ねる」から始まる。 何故なら、それらはこれまでの生活には無かった「別世界」への経験だから。  確かに素手で太鼓を叩いたり、 左手にベル棒、右手にバチを持って動かした事も無く、 生まれた時から電気があって、便利な生活があった僕らには想像もできない程の、 人間の根源的な喜びの表現だったり、「太鼓が話す」と本気で言ってる国の音楽を 僕らが理解する為には、汲み取ろうとする心と、積み上げる事が大切になってくる。  ありがたいことに僕ら日本人は本来「積み上げる」事が比較的得意な気質の民族 の様な気がする。 「真面目さ、勤勉さ」という世界から見た日本のイメージからもわかる。  しかし、只々積み上げる事だけを続けていくと、いつか 『いったいどこまで積み上げてっていいのか?』という壁にぶつかる。 高すぎて見えない頂上は、時に人の心を折ってしまう。  それに、マスターと呼ばれる人達の演奏を聴くと、積み上げただけでは 成し得ない様な深みを感じる。リズムは湧いて出る泉の様に溢れてきて、 その内マスター自身がリズムそのものに成っている様な、空気に包まれる。 そんな中マスター本人は至って「自然体」で叩いている。
 で、最近、こんなふうに思いました。 「積み上げる事は、いつからか掘り下げる作業になってくる」じゃないかなと? 積み上げる事同様、「自分を掘り下げる」事は物事の習得に必要になってくる。
「どこに向かって掘り下げるのか?」と言うと、「人間の素」に向かって。 例えば、音出しでも指に余計な力が入っていると、良い音が出ない。 余計な力とは、その人の癖や「大きい音を出そう」とする意識の力みの事。  そうゆうものを取り除き、脱力させた自分の身体を最大限に利用して、 力ではなく、重さとスピードで良い音を出す様にする。のが理想なのだが、 自分の感覚の癖を見つけ、そこと向き合い修正し…

中国ツアー2019

今年も、行ってまいりました。中国、福州へのワークショップツアー。 着いて一日、中4日の合宿、1日休んで帰国という、 移動時間も含めて慌ただしい1週間でした。
 前回とは違い、「確かな」喜び、楽しみ、学び、を期待されている分、 出発前からのオーガナイザーのキキとコンタクトは頻繁に取っていたが、 現地に行って肌で確かめないと何とも言えない部分も大きかった。  中国の社会の移り変わりの早さに驚かされた事も多々あった。 それは、意識だったり、便利さだったり、景色だったり、 漠然とではあるが、1年前とは確実に何かが進んでいた。  アフリカン・ジャンベ業界で言うなれば、今たくさんのアフリカ人達が、 日本よりも中国での活動に可能性を感じている様に、この一年で たくさんのマスタードラマー達が中国にワークショップに訪れていた。  ママディケイタを10年越しに見た者からすると、羨ましい環境ではあるが、 「有名マスター」のワークショップに参加しただけで、「先生」を名乗り、 自分のスタジオを開き、ビジネスとして成功している様な現実もある様だ。。 それだけ人口の多さに比例して、アフリカン・ジャンベに興味を 持つ人が、日本に比べて多いと言える。  この一年、本場の波が中国に何度も押し寄せている現実の中、 「日本人が教えに行く」って事にどんな意味があるのかが、今回のテーマだった。 ダンサーユキさんとも日本での事前連絡やリハを経て、この問いについて 問答し、「最終日にやってきた事を撮影する事をゴールに」 一つのステージを作る過程をワークにしようという事になった。 フェフォとマンジャーニ。トラディッショナルの中では、繋がる事のない 曲ではあるが、ジャンベ音楽の楽しさと絡みを感じてもらうには良い曲だった。 たが結局、現地に行ってみないとねっていう事で、後はやりながら変えることにした。
今回は直行便で3時間。楽々に福州に着きました。  東京とさほど変わらない湿度と暑さの中に、すこしだけフルーツというか 南国の花の様な香りが混じっていた。
去年サポートで一緒にきていた咲ちゃんの旦那、 鶏肉さんが空港まで迎えにきてくれた。 そのままキキのスタジオ「ムムズジャー」まで行くと、丁度ワークショップ中だった。 10人くらいの生徒さんの中には何人か知った顔が混じっていた、 「戻ってきたなー」という感じで、太鼓を叩…