スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

森の仙人と町の仙人

昔々、ある国に2人の男がいました。
2人は、煩悩多き町での生活が嫌になり、癒しを求め、浮世を捨て、
悟りの為の修行に出ることにしました。

2人は同じ森に入り、煩悩を捨てる為の厳しい修行を行いました。
何年も過ごした後、同時期に悟りを得た2人は仙人となりました。
一方の仙人は、悟りに導いてくれた森での生活に安息を見出し、
そのまま森に残り、
もう一方の仙人は、森での生活を捨て、自分が捨てた町に戻って行きました。
同じ悟りを得て仙人になった2人だったが、別々の道を行きました。。。
 町に戻った仙人は、自分が森にいた間に、
世間が随分と変わっていることに驚きました。
それは何もかもが随分と速いスピードで動いていると言うことだった。
人の歩き方も、話し方も、思考も、全ては森での生活とは正反対であった。
 せっかく森で悟った話を誰かにしようとも、仙人の話すスピードを
遅く感じた町の人は、仙人の声に耳を貸そうともしなかった。
 町に戻った仙人は、自信を無くし、悟りを得たはずのその精神は乱れていた。
しかし数日、町で過ごした仙人は、
世間の人々の変わっていない所にも気がついた。
それは、人々が実は「癒し」を求めていると言うことだった。
 その為の答えを持っている仙人は、どうしたらそれが人々に伝わるかを考えた。
人々に森に行く様に促し、森の中で自分の言葉を伝えようとも思ったが、
忙しく動く彼らにそんな時間はなく、万が一連れて行ったとしても、
自分と感じた様なギャップを経験をさせてしまうと思った。
そこで、仙人は自分の話すスピードや内容を彼らに合わせる努力をした。
それは一見、自分を煩悩的生活に戻す様に思えたが、
仙人は煩悩に目もくれず、人々に自分の言葉を伝える事だけを考えた。
すると、世間の人たちも少しずつ彼の言葉を理解する様になり、
彼の伝える「悟り」の素晴らしさに癒され、
何年か後に、彼は人々から仙人と呼ばれる様になった。
 一方、森に残った仙人は平安の悟りの生活を続けて、
死ぬまで幸せに暮らしましたが、その存在を知る者は誰もいませんでした。


と、どこかで聞いたことのある様な物語ですが、アラカリのフィクションです。
何が言いたいんだ!?って感じでしょうが(笑)
僕は、良い仙人こそ、町に降りて行くべきだと思ってます。
町に行けば森では経験していない、挫折感や人間関係を味わう…
最近の投稿

アラカリ合宿 2018

6月に入り、いよいよ今月末と迫った年に一度のアラカリ合宿。

初めて参加する方や、参加を悩んでいる方のために、
合宿内容の詳しい内容や推しのポイントをお知らせしたいと思います。
そもそもの発端は、ワークの生徒さんの言葉だったと思います。
「合宿やらないんですか?」と。
その時は考えもしていなかったが、実際にやってみると良いことだらけ。。
まずは、気を使うことなく外で音が鳴らせるって事。


解放された空間だから耳にも優しいし、自分の音の小ささにも気付けるし、
煮詰まった時も、周りの木々を見れば、気をそらしてくれる。
それは、アフリカでジャンベを叩いていた感覚に少し似ている。
丹沢というある意味下界とは切り離された空間にいて、
ご飯を作る事は考えなくて良くて、ジャンベ叩いてご飯食べて、
ジャンベ叩いて昼寝して、ジャンベ叩いて・・・ってしてたら、
確かに一瞬どこにいるのか分からなくなるほどの充実感を味わうことが出来る。



次に、アンサンブル音楽であるアフリカン音楽を学ぶ僕らにとって、
音、食、住を共にすることは、全体的なグルーブを掴む近道だという事。
「他を尊重しながら、自分を表現する」って事は音楽の中だけでなく、
日常や、誰かとの関わり合いの中でも当然ある事。


同じ趣味や、「リズム制覇」というある意味同じ目的を持つ同志たちと、
好きな話題や、笑い話をしていたら、その方法も自然と分かってくるはず。

次に、青山荘ときまぐれ喫茶、丹沢の名水!!
参加者が宿泊する施設は、100畳広間のある新しく出来た新館。
2階に広間を囲うようにあるロフトと、その下には4部屋ほどあり、
各部屋にベットが並んでいるので、広々眠れます。
雨が降っても大丈夫!この100畳広間でも、太鼓が叩けます!


そして毎回美味しい料理を作って提供してくれるのは青山荘に併設してる
「きまぐれ喫茶」のキッチン。ここから出るお水は丹沢の名水です !
(お持ち帰りも出来るので、空き容器を持っていくとお土産にできます)

次に、笑いと勇気、火を囲んでの「宴ライブ」
1日目の夜に焚き火を囲んで、毎年恒例の参加型ライブを行います。


音楽、一発芸、お話、手品、何でもオッケー!
下手くそでも、初めてでも、何でも構いません!
人前で何かをやるチャンス!! そう思えなくてもその一歩の勇気に
参加者には、アラカリからお捻りをプレゼント!!参加者随…

6月の予定

6月に入ります。四季のある日本という土地で、
ジャンベにとって一番過酷な「梅雨時期」に突入します。 太鼓が湿気を含むと、皮が緩み、普段よりも鳴らなくなります。
そこを無理して横じめすると破れたりします。
ケースに乾燥剤を入れたり、工夫してこの時期を乗り切りましょう!
アメニモマケズ。6月も動きまーす!!
ジャンベ オープンクラス
6月 9日(土) 19:00〜22:00 at 村岡 6月16日(土) 19:00〜22:00 at 村岡 6月30日(土) 19:00〜22:00 at 村岡
ジャンベ プログレスクラス 
6月 4日(月) 19:15〜22:00 at 六会 6月11日(月) 19:15〜22:00 at 六会 6月21日(月) 19:15〜22:00 at 六会
ンゴニクラス
6月12日(火) 19:30〜22:00 at 善行 6月26日(火) 19:30〜22:00 at 善行
ジャンベ ペティ クラス
6月 7日(木) 11:00〜14:00 at サロンドゥグレイスM 6月14日(木) 11:00〜14:00 at サロンドゥグレイスM 6月21日(木) 11:00〜14:00 at サロンドゥグレイスM 6月28日(木) 11:00〜14:00 at サロンドゥグレイスM
ジャンベ トライアル クラス
6月 4日(月) 11:00〜14:00 at サロンドゥグレイスM 6月11日(月) 11:00〜14:00 at サロンドゥグレイスM 6月18日(月) 11:00〜14:00 at サロンドゥグレイスM 6月25日(月) 11:00〜14:00 at サロンドゥグレイスM
WONTANARA ンゴニ クラス
6月20日(水) 19:30〜21:30 at WONTANARA  TOKYO

LIVE & special

6月 2日(土)〜3日(日) CーCAMP at 朝霧高原
チャイハネ主催の野外フェスに「アフリカサカバ」として出演。
6月17日(日) 夕方〜 鎌倉peace parade 平和のメッセージを太鼓のリズムに乗せて、鎌倉の街を練り歩きます。
6月23日(土)〜24日(日) アラカリ合宿! at 丹沢 青山荘
2日で1曲を完成させます。今年は「ジョレ」に挑戦!
6月29日(金) 19:00〜 TUBOるTUBO  …

ワークショップにまつわる事

忘れもしない、2008年の春にブックオフで古本を物色していたら、
当時のバンドメンバーくまちゃんからの着信があった。
「辻堂のレゲエバーで、日曜お昼の時間帯を有効利用したいらしいので、 ジャンベのワークショップやらない?紹介するよ」と。


当時は、9ヶ月のギニア滞在から帰ったばかりで、人とリズムを共有したいという
想いが強かったので、それはうってつけのお誘いだった。
 友人のそのお誘いから「教える事」を始めることになり、今に至るとなると、
くまちゃんにも感謝しないと(現在、山梨でチェチェメニってパン屋やってます)
レゲエバー?ドリンク付き?アラカリ?日本人?と初回は話題が話題を呼び?
来場者18人という記録的な集客になり、初仕事+キャパを超えた人数にドギマギ
していたのを思い出す。 (そして今思えば、その初回のクラスに参加してくれた一人、
梅ちゃんとは縁があり、今アフリカサカバで一緒に演奏している。)
 しかし翌週になると、参加者数は半分になり、その翌週はまた半分と、
段々と生徒さんが減っていった。
その原因は、きっと当時の僕のアフリカンに傾倒する熱量と、
来ている人が求めてる、気軽にアフリカ、ジャンベっぽさを
楽しみたいという現実に、溝があり過ぎたからだと思う。
が、当時の僕は知る由もなかった。
人が増えたと思ったら、減って来たり、生徒一人だけの時があったり、
まさかの誰も来なかった!日も体験し、辞めようと思った日もあった。
それでも、続けて来てくれる固定メンバーが出来てくると、ワークショップは
「ただジャンベを教え、学ぶだけではなく、新しい人間関係の場となる」
という事を学ばせてもらう事になる。
夕飯を一緒に食べたり、同じライブを経験したり、ワーク以外の時間を大切に
する事で、ジャンベ太鼓に対する感覚はそれぞれなんだと気づく。


 教えるペースにしても、生徒さんから直接ご指摘があった事で、
それまで2ヶ月で1曲詰め込みペースだったのを、
1年以上かけて1曲をじっくり伝えるペースにシフトチェンジしていった。
お店の閉店に伴い、レゲエバーでのワークショップは、1年ほどで終了したが、
その中の友人が新たな場所を探してくれたおかげで、
今のスタイルに続く礎を作ってくれた。

 10年前、初めてクラスとやった時には、思ってもみなかった事だが、
生徒さんと共に「セッセマーラーズ」を結…

あっという間、今を生きる。

子どもの頃に比べ、大人になると1日が「あっという間」に過ぎて行く。


その1番の原因は未経験を経験することが少なくなり、その分、発見や洞察、
自分との対話の時間が減る所から来ているんだと思う。
「時間」は変化することのない「絶対的」なもののはずだが、
実は、年齢や環境、心情、物理的なスピードによって変化する
「相対的」なもの。



「相対的」ということは、それぞれの立場で認識が変わるということ。
全ては体感での話かもしれないが、大人になってからも
時間の流れを遅く感じる瞬間がある。例えば、
旅をしたり、新しい事に挑戦したり、物事に熱中、洞察、集中してる時。
逆に悩んだり、緊張したり、嫌な事が控えてても、時間は長く感じる。
つまりは良い事も、悪い事も含め、
「自己との対話の時間」が時間の濃度を濃くしているようだ。
反対に、
同じ景色、同じ習慣、無感情、安定した情緒、何も考えない時間、
受動的に情報を受け取っている(ボーッとTV.映画などを見てる)時などは
時間はサラッと流れて行く。
自分というものを保つには、どちらも必要な時間であると思っている。

しかしどちらも「一度過ぎてしまったら戻らない」という点では同じである。

大人が嘆く「あっという間」という言葉にはそんな「もう戻らない」という意味
が含まれているからこそ切なさ、儚さを乗せ響く。
しかしよく考えてみるとこの「あっという間」。
ブラックホール並みに全てを飲み込んでしまう暗黒な「言葉」でもある。


例えば、「5分前」から「今」までを「あっという間」と言えるし、
「昨日」から「今日」までを「あっという間」だと言える。
「先月」から「今月」、「去年」から「今年」、
「10年前」から「現在」、と考えて行くと、
1秒も、1分も、1年も、100万年とて、「あっという間」と言える。
つまりは全ての時間をその言葉で集約できてしまうのだ。


歴史の教科書を見てても、地球の46億年の歴史の中の45億9999万年は
1ページに集約され、たかだか1万年の歴史が残りのページを埋め尽くしている。
人類の祖先が現れ10万年経ったと言われているが、その10万年も、
地球の年齢を一年にした場合、たった2秒の出来事であるという。


つまり見方によっては、46億年も「あっという間」の出来事と言える。
そして、それを自分の人生に置き換えて見ても
やはり「あっという間」とい…

5月の予定

5月になりました!!
週末はイベント続きになりそうですが、通常通りワークも継続中です!!
WORK SHOP  
オープンクラス
5月 5日(土) 19:00〜22:00 @ 村岡 5月12日(土) 19:00〜22:00 @ 村岡 5月19日(土) 19:00〜22:00 @ 村岡 5月26日(土) 19:00〜22:00 @ 村岡
プログレスクラス
5月 7日(月) 19:15〜22:00 @ 六会 5月14日(月) 19:15〜22:00 @ 六会 5月28日(月) 19:15〜22:00 @ 六会
ンゴニクラス
5月 8日(火) 19:30〜22:00 @ 善行 5月29日(火) 19:30〜22:00 @ 善行

ペティクラス
5月10日(木) 11:00〜14:00 @ サロン ドゥ グレイスM 5月17日(木) 11:00〜14:00 @ サロン ドゥ グレイスM 5月24日(木) 11:00〜14:00 @ サロン ドゥ グレイスM 5月31日(木) 11:00〜14:00 @ サロン ドゥ グレイスM
トライアルクラス
5月 7日(月) 11:00〜14:00 @ サロン ドゥ グレイスM 5月14日(月) 11:00〜14:00 @ サロン ドゥ グレイスM 5月21日(月) 11:00〜14:00 @ サロン ドゥ グレイスM 5月28日(月) 11:00〜14:00 @ サロン ドゥ グレイスM
番外ンゴニクラス
5月15日(火) 19:30〜21:30 @ WONTANARA TOKYO

LIVE

5月 4日(金) 19:00〜:¥1500+1drink  @ 荻窪 BUNGA
[World Wide Week ] facebook ページ  ソロで出演。

5月 6日(日) 15:00〜 ジャンベを長く永く叩くためのWS
18:00〜[Sangam Afro Live]  :ジャズカリ楽団:afrocoya ¥2500 @高崎 Sangam

5月13日(日) 鎌倉 petit rock festival vol.4  @ 由比ヶ浜公園 「麻はか」で出演。

5月20日(日) 鎌人いちば @ 由比ヶ浜公園 「9:50〜アラカリと愉快な仲間達」「麻はか」で出演。

5月27日(日) 春の公園まつり @ 辻堂海浜公園 「アフリカサカバ」で出演。
今月も宜しくお願い…

責任と自由

人は大人になるにつれ、多くの「責任」を背負い混んでいき、
「自由」が無くなったと嘆く。。


しかし子ども時代に「自由に生きていたか?」と問われれば、そうでもない。
学校や親からのしがらみから「はやく自由なりたい」と思ってたくらいである。
 僕は子どもの頃、「自分は自由な存在でいたい」という思いが強かった。
当時通っていた野球教室も、行きたくない時が頻繁にあり、そんな時には、
「いざとなったらいつだって辞めれる!そのまま日本一周の旅だって出来る!」
と現実逃避的ではあるが、大きな世界を歩き回る自分を想像した。
その考えの元は、
「人間、裸になったら自由、そして本当はいつでも裸になれるし、 そのボタン(決定権)は自分の手の中にある。」という、
生き物「人間」としての根源的な自由さを感じていたからかもしれない。
子供の発想ではあるが、
「人間はしがらみや所属、関係という多く「服」を着込んでいるから、 窮屈になり、自分の意のままには生きれない状況になる。 からといって「服」を脱ぐのは、寒いし、恥ずかしいし、 間違ってるかもしれないし、簡単な事ではない。 しかしそれらの思いを上回る「何か」が来たり、 厚着しずぎて動けなくなるくらいなら、人間、いつでも「服」を脱いで、 「ただの人間」として生きていける可能性を秘めているのだ」と。
そいやって、嫌な時間が来る度に「取り巻く社会と完全に切り離された自分」
を想像しては、妙な安心感と、想像と現実の間に生まれた余裕のおかげで、 現実への勇気が湧いてきて、野球教室も6年生まで続けることができた。

 しかしながら、大人になると根源的に「裸になる」事を想像しただけでは
やりくりが難しくなって来る。
それは積み上げて来たものや、友達や家族などの「しがらみ」が実は、自分の選択の結果だと言うことに、無意識ながらにも気がついてしまうからである。と言うより多くの時間を「しがらみ」の中で過ごしている為、「しがらみ」の中でしか、自分を感じられなくなっていくのである。
 父として、夫として、ミュージシャンとして、社会人として、、、など、
しがらみや「関係性」の生み出す「立場」中で、生きている時間が殆どになる。
そしてそれぞれの立場上に「責任」と言うものが関わって来て、
がんじがらめにされ「自由」とは切り離された時間に生きていると感じるのだ。
しかし 僕らが「責任」と…