スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

アーティストとして生きよう!

アーティストとして生きる。言うは易しだが、 誰にでも簡単には出来る生き方ではない。
結論から言うと、僕の思うアーティストとは、 自分の表現に責任を持って生きる人のことである。 その時点での自分を肯定して、湧き出るものを躊躇せずに出せる者。 人からなんて思われようと、自分にOKとGOの出せる人である。 そして時に、空気が読めないと思われる人でもある。
そもそも「アーティスト」と言う言葉には沢山の意味が含まれている。
語源はラテン語で「職人の技術」、そしてアート(芸術)ィスト(の人)で 「芸術家」「美術家」とも呼ばれ、「その道の達人」や現代では、 「歌手」や「バンド」そのものを指す言葉でもある。
何を持っての「アーティスト」なのかが今回のテーマなのですが、
 とりあえずは、自分の内側から「何か」を創り出して、 それを世に出している(自分を表現している)人たちの様である。
僕の様な、暮らし方をしていると、そのような人達と日々出会うわけです。 アーティスト達はライブのステージ上(自己表現の場)だけでなく、 会場の中にお客さんとして混じっているっていることもあります。  その彼は、自己表現しているつもりなくても、会話や行動の中に、 自然とアーティストな雰囲気が出ていると言うわけです。 何故僕がそれを感じられるのか?と言うと、僕の目に写るアーティスト達は、 一様に「自分に疑いなく、自分に率直な雰囲気」を醸し出しているからです。 それが、服装に現れて、あからさまに分かる人もいれば、 スーツ姿でも隠しきれない個性を出している人もいるし、 服装が派手でも、中身は懐疑主義ということもある。
当たり前だが、アーティストとは見た目うんぬんではないということ。
人間、想像という作業は、多くの時間で行なっていることであるが、 それに行動を伴い、創造物や結果としてアウトプットさせることは中々ない。 その理由の一つとして、自分の中にいる完璧主義者の声である。 「こんなものでは、稚拙すぎる」とか「もっと、良くなるはずだ」とか、 「こんなの駄作だ」とか「今の自分には出来るはずない」とか、、、 ある意味、自分が上に行くためには必要なはずの言葉ではあるが、 誰かと比較することに慣れ、そうゆう言葉を自分に浴びせ続けて来た大人は、 すでに行動する前からこの声を聞き、 やがて行動を起こす事から戦線離脱してしまうのである。 行動を起こすことを辞めると、自分の本当の声というものカ…
最近の投稿

感慨深き夜。

先日、MOJADAが大盛況のうちに無事に終了しました。
ここ最近のアフリカン系のイベントでは珍しく、日本人が主役のステージで、 関東で活躍する8つの日本人アフリカンバンドが集結した。 各バンドの醸し出す雰囲気の違いが面白く、 日本人だからこその試行錯誤が見られた演出に僕は大満足だった。
会場には懐かしい顔ぶれもちらほらといて、ある古い友人と10年ぶりくらいに 再会し、話をしていると「俺こうゆう所来るの久しぶりで楽しい」、 「けど、お客さんの年齢層高めだね(笑)」と笑った。 楽しさで気が廻らなかったが確かに、初めて見る人たちも沢山いたが、 30代〜60代が主流で若くても20代後半くらいの人しかいなかったなぁと。
 これは色んなジャンルで懸念されていて、僕もここ数年なんとかしたいと 思っている「後継世代問題」の一片である。 僕の周りのアフリカンの世界を見てるだけでも、 興味を持つ人の年齢が僕と同世代かそれ以上の世代がほとんどである。 その世代の子供達が親の影響でジャンベを始めたというホットな情報もあるが、 現時点での18歳から25歳くらいまでのジャンベ人口は圧倒的に少ないと思う。 その原因は勿論、まだまだマイノリティーな音楽であるという事であるし、 その世代の人口自体が少ないという少子化問題が原因とも言えるし、 単純に日本の若者が憧れる様な音楽には映らないとも言えるのかもしれない。 そもそも、僕の日常生活でもなかなか出会わない世代なのである。
 全てのライブも終わり、MOJADAの会場を後に、 僕と車組のサカバメンバー数人は駐車場に向けて歩き出した。 駐車場に着いた時、メンバーの誰かが隣のコンビニ前の異変がに気づき 「誰か倒れてるけど、大丈夫?」と言った。  よく見ると道路に1人、コンビニと駐車場の間にある階段の下に1人、 階段の踊り場で1人と合計3人の女の子が酒に潰れたのか、横たわっていた。 周りには10名ほどの男子と2〜3人の意識ある女の子達がわさわさといた。 階段の上には居酒屋があったので、大学生のサークル飲みで、 「少し飲みすぎたのかな?でも女の子だけ3人も倒れるか?」と思って、 そこにいる大学生達に声をかけた。「どうしたの?」と聞くと、 『いや、、大丈夫です』と答えた。 しかし道路に倒れた女の子、よく見ると顔面がアスファルトにくっついた状態、 「男子の誰…

7月の予定

7月になりました!
合宿も無事終了し、ホッとする間も無く、新企画のライブがあったり、
先々の話が決まって行ったり、脳内ひっちゃかめっちゃかな日常ですが、
その日常のおかげさまで、
楽しく毎日を生き抜くことができています。
感謝。
世間では「早くも梅雨明けした」とも言いますが、
この所の異常気象と呼ばれる天気も、 地球の大きなサイクルの何かが変化してきた一つの兆候なのかなと思ってます。 なので、今までの感覚で季節を感じていると、そこに若干のズレが生じて、 心身ちぐはぐになり、体調を崩しやすくなるのかなと思います。 焼ける様な太陽の光、スコールの様な雨、異様な湿度、 今や日本の夏は熱帯気候の様な気候になっている。 熱帯気候に住む人たちの知恵から その対策を学ぶべきだと思います。 今こそ、アフリカ文化に目を向けよう(笑)
今月はいつも以上に張り切っていきまーす!
というのも、8月に中国への遠征ワークが決まり、
10月にはセネガルのスター、ザールセックさんの
バックバンドツアーも決まりそうで、
近く、ワークショップをお休みすることになるかと思います。
なので、皆さんも叩けるうちに、アラカリワークで叩きましょう!

オープンクラス
7月14日(土) 19:00〜22:00 @ 村岡 7月21日(土) 19:00〜22:00 @ 村岡 7月28日(土) 19:00〜22:00 @ 村岡
プログレスクラス
7月 2日(月) 19:15〜22:00 @ 六会 7月23日(月) 19:15〜22:00 @ 六会 7月30日(月) 19:15〜22:00 @ 六会
ンゴニクラス
7月10日(火) 19:30〜22:00 @ 善行 7月24日(火) 19:30〜22:00 @ 善行
ペティクラス
7月 5日(木) 11:00〜14:00 @ サロンドゥ グレイスM 7月12日(木) 11:00〜14:00 @ サロンドゥ グレイスM      7月19日(木) 11:00〜14:00 @       村岡
トライアルクラス
7月 2日(月) 11:00〜14:00 @ サロンドゥ グレイスM 7月 9日(月) 11:00〜14:00 @ サロンドゥ グレイスM

森の仙人と町の仙人

昔々、ある国に2人の男がいました。
2人は、煩悩多き町での生活が嫌になり、癒しを求め、浮世を捨て、
悟りの為の修行に出ることにしました。

2人は同じ森に入り、煩悩を捨てる為の厳しい修行を行いました。
何年も過ごした後、同時期に悟りを得た2人は仙人となりました。
一方の仙人は、悟りに導いてくれた森での生活に安息を見出し、
そのまま森に残り、
もう一方の仙人は、森での生活を捨て、自分が捨てた町に戻って行きました。
同じ悟りを得て仙人になった2人だったが、別々の道を行きました。。。
 町に戻った仙人は、自分が森にいた間に、
世間が随分と変わっていることに驚きました。
それは何もかもが随分と速いスピードで動いていると言うことだった。
人の歩き方も、話し方も、思考も、全ては森での生活とは正反対であった。
 せっかく森で悟った話を誰かにしようとも、仙人の話すスピードを
遅く感じた町の人は、仙人の声に耳を貸そうともしなかった。
 町に戻った仙人は、自信を無くし、悟りを得たはずのその精神は乱れていた。
しかし数日、町で過ごした仙人は、
世間の人々の変わっていない所にも気がついた。
それは、人々が実は「癒し」を求めていると言うことだった。
 その為の答えを持っている仙人は、どうしたらそれが人々に伝わるかを考えた。
人々に森に行く様に促し、森の中で自分の言葉を伝えようとも思ったが、
忙しく動く彼らにそんな時間はなく、万が一連れて行ったとしても、
自分と感じた様なギャップを経験をさせてしまうと思った。
そこで、仙人は自分の話すスピードや内容を彼らに合わせる努力をした。
それは一見、自分を煩悩的生活に戻す様に思えたが、
仙人は煩悩に目もくれず、人々に自分の言葉を伝える事だけを考えた。
すると、世間の人たちも少しずつ彼の言葉を理解する様になり、
彼の伝える「悟り」の素晴らしさに癒され、
何年か後に、彼は人々から仙人と呼ばれる様になった。
 一方、森に残った仙人は平安の悟りの生活を続けて、
死ぬまで幸せに暮らしましたが、その存在を知る者は誰もいませんでした。


と、どこかで聞いたことのある様な物語ですが、アラカリのフィクションです。
何が言いたいんだ!?って感じでしょうが(笑)
僕は、良い仙人こそ、町に降りて行くべきだと思ってます。
町に行けば森では経験していない、挫折感や人間関係を味わう…

アラカリ合宿 2018

6月に入り、いよいよ今月末と迫った年に一度のアラカリ合宿。

初めて参加する方や、参加を悩んでいる方のために、
合宿内容の詳しい内容や推しのポイントをお知らせしたいと思います。
そもそもの発端は、ワークの生徒さんの言葉だったと思います。
「合宿やらないんですか?」と。
その時は考えもしていなかったが、実際にやってみると良いことだらけ。。
まずは、気を使うことなく外で音が鳴らせるって事。


解放された空間だから耳にも優しいし、自分の音の小ささにも気付けるし、
煮詰まった時も、周りの木々を見れば、気をそらしてくれる。
それは、アフリカでジャンベを叩いていた感覚に少し似ている。
丹沢というある意味下界とは切り離された空間にいて、
ご飯を作る事は考えなくて良くて、ジャンベ叩いてご飯食べて、
ジャンベ叩いて昼寝して、ジャンベ叩いて・・・ってしてたら、
確かに一瞬どこにいるのか分からなくなるほどの充実感を味わうことが出来る。



次に、アンサンブル音楽であるアフリカン音楽を学ぶ僕らにとって、
音、食、住を共にすることは、全体的なグルーブを掴む近道だという事。
「他を尊重しながら、自分を表現する」って事は音楽の中だけでなく、
日常や、誰かとの関わり合いの中でも当然ある事。


同じ趣味や、「リズム制覇」というある意味同じ目的を持つ同志たちと、
好きな話題や、笑い話をしていたら、その方法も自然と分かってくるはず。

次に、青山荘ときまぐれ喫茶、丹沢の名水!!
参加者が宿泊する施設は、100畳広間のある新しく出来た新館。
2階に広間を囲うようにあるロフトと、その下には4部屋ほどあり、
各部屋にベットが並んでいるので、広々眠れます。
雨が降っても大丈夫!この100畳広間でも、太鼓が叩けます!


そして毎回美味しい料理を作って提供してくれるのは青山荘に併設してる
「きまぐれ喫茶」のキッチン。ここから出るお水は丹沢の名水です !
(お持ち帰りも出来るので、空き容器を持っていくとお土産にできます)

次に、笑いと勇気、火を囲んでの「宴ライブ」
1日目の夜に焚き火を囲んで、毎年恒例の参加型ライブを行います。


音楽、一発芸、お話、手品、何でもオッケー!
下手くそでも、初めてでも、何でも構いません!
人前で何かをやるチャンス!! そう思えなくてもその一歩の勇気に
参加者には、アラカリからお捻りをプレゼント!!参加者随…

6月の予定

6月に入ります。四季のある日本という土地で、
ジャンベにとって一番過酷な「梅雨時期」に突入します。 太鼓が湿気を含むと、皮が緩み、普段よりも鳴らなくなります。
そこを無理して横じめすると破れたりします。
ケースに乾燥剤を入れたり、工夫してこの時期を乗り切りましょう!
アメニモマケズ。6月も動きまーす!!
ジャンベ オープンクラス
6月 9日(土) 19:00〜22:00 at 村岡 6月16日(土) 19:00〜22:00 at 村岡 6月30日(土) 19:00〜22:00 at 村岡
ジャンベ プログレスクラス 
6月 4日(月) 19:15〜22:00 at 六会 6月11日(月) 19:15〜22:00 at 六会 6月21日(月) 19:15〜22:00 at 六会
ンゴニクラス
6月12日(火) 19:30〜22:00 at 善行 6月26日(火) 19:30〜22:00 at 善行
ジャンベ ペティ クラス
6月 7日(木) 11:00〜14:00 at サロンドゥグレイスM 6月14日(木) 11:00〜14:00 at サロンドゥグレイスM 6月21日(木) 11:00〜14:00 at サロンドゥグレイスM 6月28日(木) 11:00〜14:00 at サロンドゥグレイスM
ジャンベ トライアル クラス
6月 4日(月) 11:00〜14:00 at サロンドゥグレイスM 6月11日(月) 11:00〜14:00 at サロンドゥグレイスM 6月18日(月) 11:00〜14:00 at サロンドゥグレイスM 6月25日(月) 11:00〜14:00 at サロンドゥグレイスM
WONTANARA ンゴニ クラス
6月20日(水) 19:30〜21:30 at WONTANARA  TOKYO

LIVE & special

6月 2日(土)〜3日(日) CーCAMP at 朝霧高原
チャイハネ主催の野外フェスに「アフリカサカバ」として出演。
6月17日(日) 夕方〜 鎌倉peace parade 平和のメッセージを太鼓のリズムに乗せて、鎌倉の街を練り歩きます。
6月23日(土)〜24日(日) アラカリ合宿! at 丹沢 青山荘
2日で1曲を完成させます。今年は「ジョレ」に挑戦!
6月29日(金) 19:00〜 TUBOるTUBO  …

ワークショップにまつわる事

忘れもしない、2008年の春にブックオフで古本を物色していたら、
当時のバンドメンバーくまちゃんからの着信があった。
「辻堂のレゲエバーで、日曜お昼の時間帯を有効利用したいらしいので、 ジャンベのワークショップやらない?紹介するよ」と。


当時は、9ヶ月のギニア滞在から帰ったばかりで、人とリズムを共有したいという
想いが強かったので、それはうってつけのお誘いだった。
 友人のそのお誘いから「教える事」を始めることになり、今に至るとなると、
くまちゃんにも感謝しないと(現在、山梨でチェチェメニってパン屋やってます)
レゲエバー?ドリンク付き?アラカリ?日本人?と初回は話題が話題を呼び?
来場者18人という記録的な集客になり、初仕事+キャパを超えた人数にドギマギ
していたのを思い出す。 (そして今思えば、その初回のクラスに参加してくれた一人、
梅ちゃんとは縁があり、今アフリカサカバで一緒に演奏している。)
 しかし翌週になると、参加者数は半分になり、その翌週はまた半分と、
段々と生徒さんが減っていった。
その原因は、きっと当時の僕のアフリカンに傾倒する熱量と、
来ている人が求めてる、気軽にアフリカ、ジャンベっぽさを
楽しみたいという現実に、溝があり過ぎたからだと思う。
が、当時の僕は知る由もなかった。
人が増えたと思ったら、減って来たり、生徒一人だけの時があったり、
まさかの誰も来なかった!日も体験し、辞めようと思った日もあった。
それでも、続けて来てくれる固定メンバーが出来てくると、ワークショップは
「ただジャンベを教え、学ぶだけではなく、新しい人間関係の場となる」
という事を学ばせてもらう事になる。
夕飯を一緒に食べたり、同じライブを経験したり、ワーク以外の時間を大切に
する事で、ジャンベ太鼓に対する感覚はそれぞれなんだと気づく。


 教えるペースにしても、生徒さんから直接ご指摘があった事で、
それまで2ヶ月で1曲詰め込みペースだったのを、
1年以上かけて1曲をじっくり伝えるペースにシフトチェンジしていった。
お店の閉店に伴い、レゲエバーでのワークショップは、1年ほどで終了したが、
その中の友人が新たな場所を探してくれたおかげで、
今のスタイルに続く礎を作ってくれた。

 10年前、初めてクラスとやった時には、思ってもみなかった事だが、
生徒さんと共に「セッセマーラーズ」を結…