スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

正義の見方

ツアーやイベントなどで、大分blogから遠ざかっていました。。 音楽とは全然関係ない話ですが、正義の見方について。

先日、アクリルたわしについての記事を読んだ。
「アクリルたわし、マイクロプラスチックとなり海へ」と言う様な内容。 最近、世界的に話題となっているマイクロプラスチックの海洋汚染。 化繊の服や歯磨き粉などから出た、 目に見えないほどのプラスチックの細かいチリ。 排水溝や下水から、川へ流れ出し、 世界の海を股に掛け、浮かんでいる消えない君。 それを餌と間違えた魚や海の幸のお腹の中から、 見つかっている分解されないゴミ。  そして、知らないウチに、海の幸として、僕らの身体の中に戻って来ている。
ここで問題としたいのは、勿論、この有限である環境を考えて行く事でもあるが、 この連鎖の発端、きっかけ、繋がりは、 全て人間の疑い無き「正義」から導き出されていると言う点である。
庶民にも「安価で暖かい服を」という企業の正義の元考えられた化学繊維や、 「虫歯を無くし、歯磨きの時間を短縮させる」というある種の正義感の元、 研究者達は歯磨き粉に研磨剤となるプラスチックの粒子を混ぜたのだと思う。  そもそも住宅や街から川から海へと流れる下水システムも、 「クリーンで快適な生活を送りたい」という「陸の正義」が作ったものであろう。
ここに来るまで、「正義」の連鎖のはずだが、 「正義」の通った後には何かしらの「犠牲」が生まれている。
そして10年前には、「洗剤を使わずに海を汚さない」という理由で 推奨されていたアクリルたわしの「正義」も、 時代と共に正義では無くなったという。 つまり「正義」は立場や時代によって、 容易に悪にもなりうる相対的なものなのである。
「正義」自体を否定するわけでは決してない、 技術者達の沢山の「正義」が技術をここまで革新させて来たのも事実であるし、 僕らが普段、人間たる生活ができているのも「正義」のおかげ様である。 しかしその絶対的さゆえ、正義は蜜の味となり、 「その他の正義もある」と言うことを忘れ、 ただただ自分の正義(感)の魅力に取り憑かれていく危険性もあると言うこと。

人は一度「正義」に取り憑かれてしまうと
自分の正義の外にあるものが「悪」に見えてきて、(排他的) 自分の正義に関しては疑い無くなって行く。(妄信的)
戦争や宗教紛争などがその代表例で、 戦う同士、それぞれがそれぞれの「正義」を思う気持ちは同じくらい純粋なのに…
最近の投稿

11月の予定

11月になります。イベント続きの先月でしたが、2018年も残りわずか、
11月もイベントは続きそうです。そんな中でも、ライフワークである
ワークショップも引き続き、盛り上がって行きたいと思います!!
オープンクラス 11月 3日(土)19:00〜22:00 @ 片瀬 11月10日(土)19:00〜22:00 @ 片瀬 11月17日(土)19:00〜22:00 @ 片瀬 11月24日(土)19:00〜22:00 @ 村岡
プログレスクラス 11月 5日(月)19:15〜22:00 @ 六会 11月12日(月)19:15〜22:00 @ 六会 11月26日(月)19:15〜22:00 @ 六会
ンゴニクラス 11月13日(火)19:30〜22:00 @ 善行 11月27日(火)19:30〜22:00 @ 善行
ペティクラス 11月 1日(木)11:00〜14:00 @ 村岡 11月 8日(木)10:00〜13:00 @ 片瀬しおさい 11月15日(木)11:00〜14:00 @ 片瀬しおさい 11月22日(木)11:00〜14:00 @ 村岡 11月29日(木)11:00〜14:00 @ 村岡
トライアルクラス 11月 5日(月)11:00〜14:00 @ 六会 11月12日(月)11:00〜14:00 @ 六会 11月19日(月)11:00〜14:00 @ 親水公園 ※ 雨天中止 11月26日(月)11:00〜14:00 @ 六会

ライブ&イベント 11月 4日(日) 鎌倉Petit Rock Festival  @ 由比ヶ浜公園
 完全アコースティック、地産地消、鎌倉風味の美味しいミュージック。
11月11日(日) カバレサカバデーvol.6 & ママディコナテW.S アフリカサカバの主宰する、アフリカ体感型酒場ミュージック。 今回は沖縄からママディ・コナテ率いるKONKOBAが神奈川に来ます。 開演前に同会場ドゥビドゥバーにてママディのジャンベワークショップあり。 ダンサーのナツコの踊りも必見!!
11月18日(日)ババラ・バングーラW.S & お話・ミニライブ 世界を代表するジャンベプレイヤー、ババラさんの貴重なワークショップ。 ワークショップの後には、お楽しみの時間も別に用意しています。
11月29日(木)the SUN とバンサンボゴラ @ 吉祥寺バオバ…

山人音楽祭 at 群馬

先週末、群馬県の山人音楽祭に行ってきました!
先日C-CAMPで交流を深めた、キッズスペースのスペシャリスト 「ねっこぽっこ」さんからのお誘い。。 今回はキッズスペースでのジャンベのワークショップ をお願いされました。
イベントでのワークショップというのは、 僕が普段行っている、定期的なワークと違って、 短時間にジャンベの面白さを体験させることが鍵となる。 ルールやフレーズ、ノリ、絡み、教えたいことは山ほどあるけど、 色んな事を催してる会場で、参加者達の集中力は30分が限界である。 大事な事を残して、細かいところには目を瞑り、 太鼓の醍醐味を伝える。 簡単そうで難しい。。 初心を思い出したり、やりながら試行錯誤をしていると、 なんだか答えが見えてきた気がする。。 つまりは「お客さんにリズムを通して開放感を味わってもらう」事。 それがイベントでのリズムワークの在り方なのかなとなんて思います。。 開放させる方法はまだまだ試行錯誤中ですが、、

さて、群馬で今回色んな人にジャンベに触れてもらっいましたが、 僕が、群馬がこんなにも音楽で盛り上がってるとは知らなかった様に、 「その楽器なんですか?」ってジャンベを知らない人が大多数でした。 いつも自分が行く様なイベントでは、当たり前の様にジャンベがあり、 多くの人が、それをジャンベとして認識していて、 アフリカンも、それくらい広がっているものだと信じていました。
しかし山人音楽祭は、 それこそ、普段僕が行くイベントよりも大規模で、老いも若きもが入り混じり、 特に元気な20代達が多く会場に来ていた。 アフリカンをやっていると、後継者問題だったり、各地で20代の ジャンベ人口の少なさをよく耳にする。 だから若者は、町から消えたものだと思っていたのに、 いるところにはこんなにもいるのだ。来場者は2万人を超えていた。
「井の中の蛙、大河を知らず」 僕の日常を埋めて浮くしているアフリカンは、 やはりまだまだマイノリティーな音楽なんだと思う。
18:00を超え、公園での音出しもNGとなったので、ワークを終え イベント参加者の特権で、メインステージを見に行くことにした。 前橋ヤマダグリーンホール そういえば、こんな大きな会場でライブを聴くのは、高校の時に行った ジュディマリの横浜球場以来のことで、 その会場の大きさ、音の大きさに、人の多さ…

10月の予定

10月に入りました。 ここからはあっという間、あと3か月で2018年も終わります。 気が早い話かもしれませんが、来年4月には年号も変わり、 時代の大きな流れも変化の時なのかなと、思っています。
 今月は、セネガルからの使者。
Mr.MUSICことザールセックさんが再び来日予定。 そのサポートで関東各地をライブで廻らせていただきます。
彼とまた同じ時間が過ごせると思うと、今からドキドキ、ワクワク。
その間、お休みするクラスもありますが、14日には発表ライブもあるので、 出来るだけ時間を作って、クラス、練習とやって行きたいと思います!
オープンクラス(みんなでジャンベクラス)
10月 6日(土) 19:00〜22:00 @ 片瀬 ※ ※この日、万座温泉でのリハーサル帰りになるので、遅れる可能性があります。 10月13日(土) 19:00〜22:00 @ 村岡 10月27日(土) 19:00〜22:00 @ 村岡
プログレスクラス(ジャンベ経験者クラス)
10月 1日(月) 19:15〜22:00 @ 六会 10月 8日(月) 19:15〜22:00 @ 六会 10月29日(月) 19:15〜22:00 @ 六会
ンゴニクラス (西アフリカの弦楽器ンゴニのクラス)
10月 9日(火) 19:30〜22:00 @ 善行 10月30日(火) 19:30〜22:00 @ 善行
ペティクラス(ジャンベ初心者〜クラス)
10月11日(木) 11:00〜14:00 @ 村岡 10月18日(木) 13:00〜16:00 @ 六会 10月25日(木) 11:00〜14:00 @ 村岡
トライアルクラス(ジャンベ初心者〜クラス)
10月 1日(月) 11:00〜14:00 @ 村岡 10月 8日(月) 13:00〜16:00 @ 片瀬 10月22日(月) 11:00〜14:00 @ 村岡 10月29日(月) 11:00〜14:00 @ 六会
Wontanara tokyo ngoni class
10月31日(水)19:30〜21:30 @ 下丸子
ライブ&イベント
10月 7日(日) 18:00〜 デュオ3組3様vol.1  @  荻窪BUNGA 武田さんのバラシルファ、Sinsimbaサトケンさんのコーヒー兄弟、  ¥2000 これそうな方はご一報ください。。。。いいことあるかも?

なまり、方言、イントネーション。

ジャンベを学ぶことは、一つの言語を学ぶようである。 それは、学んでいくその過程と学んだ結果の、二つの点からそう思える。
 中学時代に英語を初めて習った時、そうだったように、 挨拶(コール)などの日常使う言葉(アコンパ)から始まり、 文法(ルール)を学び、単語(フレーズ)を覚え、 それを意のままに話す(ソロ)ところまでが、一応建前上のゴールとなる。  ジャンベ学んでいく方法も、その過程は言語習得ととてもよく似ている。
見知らぬ土地でも、言葉通じずとも、ジャンベを叩く人とは、 すぐに通じ合えるのは、ジャンベがコミニケーションツールとなっているから。
言語やジャンベを学べば、結果、自分のコミニケーションの幅を広げることになる。
 アフリカ人たちが、声、言語、音、音色全てを同じ「カン」という言葉で 表しているのは、単にボキャブラリーが少ない、とも言えるのかもしれないが、 実は彼らが、これらの意味が全て深いところで繋がっている という感覚で捉えているからかもしれない。

 さて、僕ら日本人は中学英語で、文法や単語を覚え、机上の論理は理解したが、 実用的な英会話となると、途端に口が重くなったりするものである。 それはきっと日本の英語教育が、「試験」というものに引っ張られすぎて、 コミニケーションツールとしての「他言語を習得する」という本来の? 方向性からずれている処から由来しているのかもしれない。
 中でも言語の持つイントネーションは一番厄介な問題である。
日本語にはない、発声や舌使いがあり、それがどこかくすぐったくも感じる。 顔は純日本人が、ネイティヴ訛りで話すのを見ると、なんか笑けて来るように、 イントネーションには「その言語を習得した」という説得力がある。  しかしながら、イントネーションは癖を掴むのも、自分の癖を取るのも難しく、 無くても会話の中で、意味は通じるため次第に癖を掴む努力を忘れてしまうのである。
 いわゆる外国人が使う日本語を聞いてみても、「日本人では無い」という事は 直ぐにわかる。勿論話している意味は通じるし、その感じも嫌いでは無いし、 ある意味武器ではあると思うが、外国人感は丸出しである。
 逆に青い目の侍よろしく、外国人に流暢な日本語で、日本文化なんかを語られたら 「あっぱれ」と一歩退くような、説得力を感じる。
そうゆう意味でイントネーションは第2言語習得…

中国を振り返って

旅は良い。現実から非現実的な新しい世界に飛び込める。 現実から一旦切り離されると、自分の新しい一面と対峙することになる。 外の世界を知る事で、自分の現実を客観的に見ることが出来、 素直に自分の今(現実)を受け止める事ができる気がする。
わかってはいたが、中々時間がつくれない現実の中で、 忘れてさせていたような、その感情を眠らせていたような、、4年ぶりの海外。。
 今回は自分にとっても初めての土地、中国はお茶で有名な福建省、福州。 オーガナイザーの中国人、キキと醤油ちゃんが10日間の中国滞在を、 リハからライブ、お休み時間、ワークショップ、朝昼晩のご飯まで、 完璧にプロデュースしてくれていたので、 いつもの旅中に感じるような「旅の不便さ」は全く感じませんでした。

 全てを書き記すと、長くなってしまうので、 ここからはメモ的に感じたことを書きます。
「電気と水道」  ライフラインの2本柱。 中国の電気は日本よりも強く、水道は日本の方が強い、という印象を受けました。 電気とは、電圧、使用電力、人々の依存率という意味が含まれてます。 工具を借りた時に、ルーターのモーターがすぐに焼き切れるほど、 マシーンの回転数が高く、電圧の強さを感じたし、街中には看板も多く、 広告塔は中国の国民性から、日本以上に派手で惜しみない。 ビル一棟が七色に光り輝いているのを見て、使用電力半端ねーなんて思いました。  のわりに、トイレはトイレットペーパーが流れないから、 拭いた後のペーパーは流さないで、ゴミ箱に捨てるスタイル。水力は弱い。
「電気への依存」  携帯電話、パソコンと使いまわしている自分ではありますが、 中国の人達の生活の中に、これほどまで電動生活が浸透しているとは思わなかった。 紙のお金は消え去り、生活の9割がスマホ決済になっており、 音のしない、電動スクーターが街中を走り回り、 スマホの地図画像からタクシーを呼び、到着地点を入力すれば、 値段と所要時間が分かって、ピッとボタンを押せば、 タクシーの運転手の評価が分かり、決済が済んでしまう。  ご飯の出前も、話すことなく、気がついたら目の前に届く。 確かに便利ではあるが、その裏で、消しゴム一つから届けに来る、 配達人の苦労があり、評価を気にして、必要以上にサービスしてしまうドライバー がいる。この国にうつの人が多いのも、この電気と…