スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2018の投稿を表示しています

なまり、方言、イントネーション。

ジャンベを学ぶことは、一つの言語を学ぶようである。 それは、学んでいくその過程と学んだ結果の、二つの点からそう思える。
 中学時代に英語を初めて習った時、そうだったように、 挨拶(コール)などの日常使う言葉(アコンパ)から始まり、 文法(ルール)を学び、単語(フレーズ)を覚え、 それを意のままに話す(ソロ)ところまでが、一応建前上のゴールとなる。  ジャンベ学んでいく方法も、その過程は言語習得ととてもよく似ている。
見知らぬ土地でも、言葉通じずとも、ジャンベを叩く人とは、 すぐに通じ合えるのは、ジャンベがコミニケーションツールとなっているから。
言語やジャンベを学べば、結果、自分のコミニケーションの幅を広げることになる。
 アフリカ人たちが、声、言語、音、音色全てを同じ「カン」という言葉で 表しているのは、単にボキャブラリーが少ない、とも言えるのかもしれないが、 実は彼らが、これらの意味が全て深いところで繋がっている という感覚で捉えているからかもしれない。

 さて、僕ら日本人は中学英語で、文法や単語を覚え、机上の論理は理解したが、 実用的な英会話となると、途端に口が重くなったりするものである。 それはきっと日本の英語教育が、「試験」というものに引っ張られすぎて、 コミニケーションツールとしての「他言語を習得する」という本来の? 方向性からずれている処から由来しているのかもしれない。
 中でも言語の持つイントネーションは一番厄介な問題である。
日本語にはない、発声や舌使いがあり、それがどこかくすぐったくも感じる。 顔は純日本人が、ネイティヴ訛りで話すのを見ると、なんか笑けて来るように、 イントネーションには「その言語を習得した」という説得力がある。  しかしながら、イントネーションは癖を掴むのも、自分の癖を取るのも難しく、 無くても会話の中で、意味は通じるため次第に癖を掴む努力を忘れてしまうのである。
 いわゆる外国人が使う日本語を聞いてみても、「日本人では無い」という事は 直ぐにわかる。勿論話している意味は通じるし、その感じも嫌いでは無いし、 ある意味武器ではあると思うが、外国人感は丸出しである。
 逆に青い目の侍よろしく、外国人に流暢な日本語で、日本文化なんかを語られたら 「あっぱれ」と一歩退くような、説得力を感じる。
そうゆう意味でイントネーションは第2言語習得…

中国を振り返って

旅は良い。現実から非現実的な新しい世界に飛び込める。 現実から一旦切り離されると、自分の新しい一面と対峙することになる。 外の世界を知る事で、自分の現実を客観的に見ることが出来、 素直に自分の今(現実)を受け止める事ができる気がする。
わかってはいたが、中々時間がつくれない現実の中で、 忘れてさせていたような、その感情を眠らせていたような、、4年ぶりの海外。。
 今回は自分にとっても初めての土地、中国はお茶で有名な福建省、福州。 オーガナイザーの中国人、キキと醤油ちゃんが10日間の中国滞在を、 リハからライブ、お休み時間、ワークショップ、朝昼晩のご飯まで、 完璧にプロデュースしてくれていたので、 いつもの旅中に感じるような「旅の不便さ」は全く感じませんでした。

 全てを書き記すと、長くなってしまうので、 ここからはメモ的に感じたことを書きます。
「電気と水道」  ライフラインの2本柱。 中国の電気は日本よりも強く、水道は日本の方が強い、という印象を受けました。 電気とは、電圧、使用電力、人々の依存率という意味が含まれてます。 工具を借りた時に、ルーターのモーターがすぐに焼き切れるほど、 マシーンの回転数が高く、電圧の強さを感じたし、街中には看板も多く、 広告塔は中国の国民性から、日本以上に派手で惜しみない。 ビル一棟が七色に光り輝いているのを見て、使用電力半端ねーなんて思いました。  のわりに、トイレはトイレットペーパーが流れないから、 拭いた後のペーパーは流さないで、ゴミ箱に捨てるスタイル。水力は弱い。
「電気への依存」  携帯電話、パソコンと使いまわしている自分ではありますが、 中国の人達の生活の中に、これほどまで電動生活が浸透しているとは思わなかった。 紙のお金は消え去り、生活の9割がスマホ決済になっており、 音のしない、電動スクーターが街中を走り回り、 スマホの地図画像からタクシーを呼び、到着地点を入力すれば、 値段と所要時間が分かって、ピッとボタンを押せば、 タクシーの運転手の評価が分かり、決済が済んでしまう。  ご飯の出前も、話すことなく、気がついたら目の前に届く。 確かに便利ではあるが、その裏で、消しゴム一つから届けに来る、 配達人の苦労があり、評価を気にして、必要以上にサービスしてしまうドライバー がいる。この国にうつの人が多いのも、この電気と…

9月の予定

9月になりました!暑い夏ももう少し続きそうですね。
9月はイベントごとも多く、ワークのお休みや、時間の変更等ございますが、 お付き合い、よろしくおねがいします!今月も楽しくいきましょう!!
ワークショップ
オープン(誰でも参加)クラス 9月 1日(土) 19:00〜22:00 @ 村岡 9月 8日(土) 19:00〜22:00 @ 村岡 9月22日(土) 19:00〜22:00 @ 村岡
プログレス(経験者)クラス 9月 3日(月) 19:15〜22:00 @ 六会 9月17日(月) 19:15〜22:00 @ 六会 9月24日(月) 19:15〜22:00 @ 六会
ンゴニ(弦楽器)クラス 9月 4日(火) 19:30〜22:00 @ 善行 9月25日(火) 19:30〜22:00 @ 善行
ペティ(初心者〜)クラス 9月 6日(木) 10:00〜13:00 @ 片瀬しおさい※ 9月13日(木) 10:00〜13:00 @ 片瀬しおさい※ 9月20日(木) 11:00〜14:00 @ 村岡  9月27日(木) 10:00〜13:00 @ 片瀬しおさい※ ※いつもと時間が違います。施設予約の関係で1時間早めになってます。 
トライアル(挑戦者)クラス 9月 3日(月) 11:00〜14:00 @ 六会 9月10日(月) 11:00〜14:00 @ 親水公園※ ※野外なので、雨天中止。
10:30〜40分頃に藤沢駅にてピックアップします。 希望者は事前に連絡よろしくお願いします。
ンゴニ特別クラス 9月19日(水) 19:30〜21:30 @ 下丸子 Wontanara TOKYO

イベント・ライブ情報
9月 9日(日)聖隷藤沢ウェルフェア 夏祭り @ 大庭公民館 裏  8月に予定していた、イベント、台風で延期となり、この日となりました。  アフリカサカバで会場を盛り上げます。
9月11日(火) 麻はかジャム @ 鎌倉 麻心
 毎月恒例の麻はかジャム。今月は第2火曜日となっております。
9月16日(日) 金沢文庫芸術祭 @ 金沢文庫
 今年で20年目を誇る金沢文庫芸術祭が、
40周年を迎えるチャイハネとタッグを組んだ。
アフリカサカバはチャイハネのファッションショーで生演奏をします!!
9月22日(土) 湘洋中学校 文化祭 @ 辻堂 湘洋中学。  地元の中学校から、ジ…

リズムを身体に入れる。

ジャンベに限らず「思わず身体が動いてしまうようなリズム」や、 「心地よく揺れながら聞ける音楽」というのは、音楽を奏でる張本人、 その演奏者の動き自体が、グルーブしているいうことになる。
 ライブなどでも、演者のノリ方は、そのままお客さんに影響を与えている。 演者がノリノリらな、お客もノリノリになり、
しっとり歌えば、場もしっとりする。 そうやって、ライブ会場には一体感というものが生まれる。 しかしそうやって生まれた一体感でも、演奏者と聴衆の立場の違いは大きい。  聴衆は受動的にノリの上にいて、演者は能動的にノリを作っている。 見た目でノッているという現象は同じだが、その内面のあり方が大きく違う。 「ライブや儀式(みんなの為の音楽)」という、ある意味絶対的な空間を創る中、 演者は自分のノリを生み続けなければなりません。
 アフリカでも、結婚式などの演奏でついへばった態度を見せると,
後ろからすぐに代わりの叩き手がきて「交代しろ」と言ってくるし、
バチ物の太鼓のバチを演奏中に落とすとすごく怒られる。
手を止めるのはもってのほかである。

特にアフリカンは個々にグルーブを発しながら、複数人が集まって、 一つの音楽を作り上げているので、
簡単にアンサンブルから欠けてはいけないのだ。
何があっても簡単に止まらないタフなリズム、
自分のレパートリーからいつでも取り出せるリズム、
そうなるためには、リズムを身体に入れてしまうことが重要になる。 ひとつのリズムが身体に入るまでには、

⑴ 始めにリズムとの出会いがあり(受信) ⑵ 「どこが頭で、どこがグルーブのポイント」 などリズムを理解し(頭の理解) ⑶ 頭と身体を連動させる為、実際に叩き(訓練) ⑷ そのリズムを自分の身体に入れる(身体の理解)

  と、考えられる4つの工程があります。詳しく見てみると、
⑴ どんな人でも初見のリズムというものがあり、スタート地点は平等です。 ⑵ 理解するにもスピードがあります。初めはゆっくりと理解していたことも、  多くのリズムを学ぶと、リズムが自分の中で系統立てされてゆき、  理解のスピードも自然と上がってきます。
⑶ 身体と頭をつないでいる最たるものは「声」だと思います。  「声」で発声できるリズムは、手を使っても表現ができます。  逆に「声」に出せないリズムは、手でも表現ができません。 「太…