スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2011の投稿を表示しています

rainbow rain

先週、金曜日で無事にゴミ拾いのお仕事が終わりました。
春〜秋に掛けての約半年間、海の色々な側面を見せてもらいました。
その分、海に対する思いが膨らみ、
仕事以外でも不思議と海とのつながりを感じる事ので来た半年。
ありがとう。
さてさて、こちらのブログも大分ほっぽらかしていました。
その間も色々とあったのですが、一先ずは昨日のお話。
昨日はお休み中の麻心にて「あさはか」の練習がありました。

普段麻心へは、夜来る事が多かったのですが、昼間のシチュエーションも最高。
それこそ、海が目の前にあって、そこにいるだけで得した感じです。
練習も大詰めとなって、「あーでもない、こーでもないと」と話していると、
外が金色に光り輝いてきた。
会話中にも関わらず「あまりにも外が奇麗なので」とカメラでパシャリ。

外はお天気雨。「こうゆう時には虹が出るね」と話していると本当に来ました。

手の届きそうな、30メートルくらい先に虹の始まりが。。。

この中に入ったらどんなことが起こるのだろう??
雨が止み、太陽が沈み、この虹は消えていきましたが、
この虹にちなんで「rainbow rain」という
あさはかの新曲を作りたいと思います。
さてさて、そんなあさはかのライブインフォメーションです。
11月27日 @ SOUK  in 辻堂エコモ。
今週からエコモでやっている、マーケット集団SOUKの最終日を
あさはかの演奏で締めます。入場料等は不要ですのでお気軽に
遊びにきて下さい。もちろんSOUKでのお買い物も楽しんで下さい。
世界に一つだけの、宝物が見つかるかもしれません。
http://twitter.com/#!/souk_web

live @ AFRICAN Festival 2011

約一年前、ひょんなタイミングでニャマカンテと出会い、そのままコートジボワールへ。

「走り出したら止まらない」ニャマと「走り出したら止まらない」時間を過し、

「走り出したら止まらない」練習でシゴかれ、「走り出したら止まらない」彼女の自我と

何度もぶつかり合い、なんども「このやろー」と思って、何とか今日まで続いている。

ニャマのプライドの高さは、傲慢であり、またグリオ(アーティスト)的でもある。

ニャマの音楽性や血は、前衛的であり、また伝統的でもある。

ニャマの厳しさは、時に指導的であり、時にただの癇癪。

ニャマの気象はツンツンしているかと思うと急にデレデレする。

だからどこか許せなくって、ついついニャマペース。

だから、出来るだけ良い部分だけに焦点を合わせて会話する。

そりたら段々と音の中でも会話が出来る瞬間が増えてきた。

そんなニャマカンテ &ジェリドンが11月13日(日)にアフリカンフェスタに出演します。

イベントは12日、13日と横浜の山下公園で。

アフリカの衣、食、住、音、学、がいっきに楽しめます!