スキップしてメイン コンテンツに移動

マンデンアンサンブルチャート 

ギニア、マリなどマンデン文化圏の、結婚式などでの演奏でよく見る楽器達。

音楽を作る上での役割と、ある人間関係を作る上での自分の役割と、

同じ人間ならば、リンクしないはずがない!と勝手に作りました。


それぞれ、個性があるので、あなたにぴったりのタイプを見つけて欲しい。


上のチャート表で、ドゥンドゥンを選んでしまった人には、良く読んでほしいです。

ジャンベとバラフォンを選んだ方は、興味があったら読んで下さい。(笑)


ドゥンドゥンとは、ドゥンドゥンバ、サンバン、ケンケニの総称のこと。

ジャンベのアンサンブルには欠かせない存在でありながら、CDや映像の中では、

どうしてもジャンベよりも後ろに聴こえていて、

初心者には認知されにくい立場でもある。

  そういう僕も、初めてマリを訪れた時、ドゥンドゥンの存在が裏方にしか見えなくて、

先生から「叩け!」と言われても「ジャンベを習いに来たから、これはやらない!」と、

何とも青臭く、もったい無い返事をしていた。



  しかしながら、遠くまで音を届けるのはこの筒太鼓達の役どころが大きく、

静かな所なら、実際に何キロ先までも音を運ぶ事が出来る。

  近距離で生演奏で聴くと、そこを包み込む空間そのモノを作っているのが、

このドゥンドゥンのおかげという事を体感すると思う。

 だから良いジャンベ叩きになりたいなら、

このドゥンドゥンを叩ける事は絶対条件となる。




  僕が偉そうにそう言える様になったのは、

2度目のアフリカ、初めてのギニアで出会ったイブロにお陰。

元々漁師でドゥンドゥンプレイヤーだったイブロは、

海をまたにかけ色んな世界を見ていたので、周りのギニア人と中身が少し違い、

実に客観的な視点で音楽の技術的な事を僕に教えてくれた。

イブラヒム ソリー ケイタ (イブロ)


   話はそれるが、ギニアの近代化の流れの中で、ギニア人達が伝統的な名を嫌い、

サッカー選手やスター達の名を名乗る様になった流れを懸念して、ギニアの古い名前、

村の相談役(おじーちゃん)の役名アラカリを僕に名付けてくれたのも彼である。



  僕がイブロから獲た1番の学びは、

ジャンベ音楽には伝統的視点と音楽・技術的な視点がある。と言うこと。

それは、非アフリカ人がジャンベを叩く時に2つの視点が大切になるということ。


  リズムの伝統的な意味合い、背景を理解する事。

 リズムを純粋に音楽として捉える事。


前者を理解を進める為に、アフリカ人と共に生活をして、生活の中でそのリズムなり

儀式なりを体感したとて、部外者には分からないことが沢山ある。

  しかしながら、後者の様に純粋に音楽として捉えたのなら、

それは自分なりに理解が出来きて、自分の中で発展させることも可能だ。

そんな視点をイブロは僕に教えてくれた。



  だいぶ横道にそれましたが、イブロは勿論ドゥンドゥンの技術面、精神面でも、

僕に色々教えてくれ、結果として僕もドゥンドゥンが大好きになりました。


ドゥンドゥンは、リズムのベース(グルーブ)を作っている。 



例えて言うなら、ドラムセットをバスドラム、スネア、ハイハットと役割を分けて、

3人で叩いている様な感じ。

 ケンケニ、サンバン、ドゥンドゥンという三つの打楽器のアンサンブルは、

元々ギニアの北東部を中心に栄えたマンデン文化が発祥(だと思う)。



だからマンデンリズムのドゥンドゥンアンサンブルには、類似性がある。

その一つが役割で、

ケンケニはペースメーカー(鼓動)

サンバンはリズムメーカー(骨格)

ドゥンドゥンはリズムを飾る(肉)

と、それぞれが、それぞれの役割を果たしているように思う。

 人体の骨格を知れば、肉の付き方も分かってくるように、



どんなリズムでもサンバンが分かると、ドゥンドゥンの場所が分かりやすい。

 鼓動が上がれば、身体は興奮状態になるように、



ケンケニは全体が共有するスピード感を操っている。


そしてもう一つが、ショフとかエショフモンとか呼ばれる、盛り上がりパートの存在。

リズムのクライマックスになると、ジャンベソロ、サンバン、ドゥンドゥンが変化して、

より音の密度を上げていく。ダンサーはこのクライマックスで踊りたがるので、



村などでは、ひっきりなしにショフが続いていく。

ショフの間だけ、テンポが少しだけ上がり、終るとまた少し下がったテンポに戻る。


しかし、アフリカトラディッショナルのリズムは何百とある。

それこそ、マンデンのリズムだけでも数えきれないほどだが、

スス、セネフォ、ボボ、テミネ、フラ、ボケ、キシ、トーマ、カソンケ、コニャギ、、

現在、たくさんの部族のリズムがこのドゥンドゥンで叩かれているが、

それは、各地に元々あった太鼓を、エクスチェンジしてドゥンドゥンで表現したもの

が多いので、上の法則には当てはまらない事がある。

 逆にどうしてそのようになったのかを、探っていくと、

その民族の元の楽器に行き着く事が多い。(スス族のボテ、やセネフォ族のバラなど)


 何にせよ、敷居が高そうで、目立たなくって、

全体像を感じながら、自分の役割に集中するという、

2つの感覚を同時に使うので、難しそう。

というネガティブに見られがちのドゥンドゥンだが、


それぞれに個性があり、どれがかけても物足りない。。

音出しはジャンベに比べたら、実に簡単だし。。

グルーブそのものを創る感覚に浸れるし、

実は、良い事だらけ。。。。

そんなドゥンドゥンを選んだあなたは、それを誇りに思いつつ。。

続いて実践編、「ドゥンドゥンのコツ」に続きます。








コメント

このブログの人気の投稿

アフリカ人的リズムの感じ方

アフリカ人ジャンベ叩きと一緒に叩いたり、観たり体感したことのある人には、
分かるかと思うのだが、アフリカ人のリズムには、何か異質のエネルギーを感じる。


  根源的で、野性的で、生命力そのものの美しさ、
それでいてユーモアまで感じるエネルギーを含んだリズムとでも言い表すべきか?
僕自身も色々な理由からジャンベを続けてこれたが、
「アフリカ人の様なフィーリングで叩きたい」という思いが常にあった。
「一体何が、我ら日本人と違うのか?」と思いたって、アフリカ人の演奏を観察し、
時に同じ生活をする事で見えてきた違いは、
音量、スピード、熱量、前ノリ感、独特の間、ポリリズム感など、
挙げたら切りが無い。


が、その違いを一つ一つ理解して、日本人らしく、論理的かつ柔軟な感覚で
アフリカンフィーリングを習得して行ったら良いと思い、
このblogで記録しながら共有してます。
まぁフィーリング(感覚)の話なので、習得には個々人の訓練と慣れが必要になってきます。

  そんな今回は、1番簡単にアフリカ人フィーリングに近づける方法!


題して「アフリカ人的リスムの感じ方」



それを一言で言うと、
「アフリカ人達は、リズムを最小限で捉えようとする」
と言うことになる。
「リスムを最小限?捉える?」となると思うので、ここで例を、
(B=ベース。T=トニック。S=スラップ。)
KUKU (4/4) ジャンベ アコンパ


①は通常どおり、リズム譜にリズムを記したもの。

②は日本人的リズムの捉え方。
B(ベース)をリズムの頭と捉えて「ドントトッ カッ」とリズムを出している。
この場合、8拍あるうちの、7拍分がリズムへの集中力となり、1拍が休憩となる。

③はアフリカ人的リズムの捉え方。
S(スラップ)を頭と捉えて、「カッ ドントトッ」とリズムを出している。
この場合、リズムの集中力が6拍分、2拍が休憩となる。


同じリズムではあるが、捉え方によって、休憩できる拍が変わってくる。
休憩が増えるということは、それだけ楽にリズムを捉えることができるのです
もう一つ、よく叩かれるリズムで見てみましょう!
KASSA(4/4)ジャンベ アコンパ

①は通常どおり、リズム譜にリズムを記したもの。

②は日本人的リズムの捉え方。
拍の頭をリズムの頭と捉えて「カッ カカットト」とリズムを出している。
この場合に至っては、休憩の拍がなくなり、…

アーティストとして生きよう!

アーティストとして生きる。言うは易しだが、 誰にでも簡単には出来る生き方ではない。
結論から言うと、僕の思うアーティストとは、 自分の表現に責任を持って生きる人のことである。 その時点での自分を肯定して、湧き出るものを躊躇せずに出せる者。 人からなんて思われようと、自分にOKとGOの出せる人である。 そして時に、空気が読めないと思われる人でもある。
そもそも「アーティスト」と言う言葉には沢山の意味が含まれている。
語源はラテン語で「職人の技術」、そしてアート(芸術)ィスト(の人)で 「芸術家」「美術家」とも呼ばれ、「その道の達人」や現代では、 「歌手」や「バンド」そのものを指す言葉でもある。
何を持っての「アーティスト」なのかが今回のテーマなのですが、
 とりあえずは、自分の内側から「何か」を創り出して、 それを世に出している(自分を表現している)人たちの様である。
僕の様な、暮らし方をしていると、そのような人達と日々出会うわけです。 アーティスト達はライブのステージ上(自己表現の場)だけでなく、 会場の中にお客さんとして混じっているっていることもあります。  その彼は、自己表現しているつもりなくても、会話や行動の中に、 自然とアーティストな雰囲気が出ていると言うわけです。 何故僕がそれを感じられるのか?と言うと、僕の目に写るアーティスト達は、 一様に「自分に疑いなく、自分に率直な雰囲気」を醸し出しているからです。 それが、服装に現れて、あからさまに分かる人もいれば、 スーツ姿でも隠しきれない個性を出している人もいるし、 服装が派手でも、中身は懐疑主義ということもある。
当たり前だが、アーティストとは見た目うんぬんではないということ。
人間、想像という作業は、多くの時間で行なっていることであるが、 それに行動を伴い、創造物や結果としてアウトプットさせることは中々ない。 その理由の一つとして、自分の中にいる完璧主義者の声である。 「こんなものでは、稚拙すぎる」とか「もっと、良くなるはずだ」とか、 「こんなの駄作だ」とか「今の自分には出来るはずない」とか、、、 ある意味、自分が上に行くためには必要なはずの言葉ではあるが、 誰かと比較することに慣れ、そうゆう言葉を自分に浴びせ続けて来た大人は、 すでに行動する前からこの声を聞き、 やがて行動を起こす事から戦線離脱してしまうのである。 行動を起こすことを辞めると、自分の本当の声というものカ…

ジャンベの叩き方〜音だし 手のひら編〜

ジャンベには基本の3つの音がある。
「ドン」「トン」「カン」


一つの打面だが低音、中音、高音と音質が変化する。
それに、ダイナミクス(音量の上げ下げ)や、微妙な倍音をわざと出したり、
ちょっとしたことで音は変わるから、 実際は3つの音だけでは無い。
 しかしながら、1番大切な三つの音を先ずは出せる様にしよう。
  ここから僕の感じた3つの音の出し方を書きます。
あくまでも個人的な見解なので、「そんな感じもあるんだ」くらいに読んで下さい。

  立って叩く場合でも、座って叩く場合でも、打面がおへそからおへその少し下に
来る様にジャンベをセットする。


座って叩く場合は、ジャンベ下部の穴を塞がない様に、ジャンベの打面を
少し奥に傾けて、それを両膝の内側で支える様に座る。
  肩の力を抜いて、ジャンベのふちに両手を置く。
この時、ジャンベのふちのアールに合わせて、自分の手を少し曲げ、フィットさせる。


頬杖付いたときの、手の形の様に、対象を包み込む感じです。
これが、基本の姿勢である。あくまでも自分にとって自然な姿勢でこれをキープします。


ドン/低音 /ベースの出し方

3つの音の中でも比較的出し易く、認識し易い音で、一言で言うと、
リムの内側、打面の中央辺りに腕の重さを乗せて、手のひら全体で叩く。
初めは、叩くというイメージよりも「腕を落とす」とイメージする。
例えば、手首に糸を巻いて、脱力した腕を吊り上げられた状態で、
誰かにその糸を、急に切られた様な感じ。


手のひらが皮にぶつかった瞬間に来る反発を素直に受けたら、
トランポリンの要領で、手のひらが上に跳ね上がる。


体重が乗れば乗るほど、落下スピードが速ければ速いほど、反発も大きくなる。
手のひらが当たった時、手のひらの中央は皮にはぶつかっていない。
でも、重心はそこ(手のひら中央)に持ってくる。
音は、太鼓下部の穴から抜けて来る感じ。


それがドンの音。

トン/中音/トニックの出し方。

 中音は、コンガの音も連想させる様な、丸みのある音で、
手の位置としては、指せん球とよばれる、指の付け根の部分(豆が出来る場所)が、
太鼓のリム(淵)に当たる所。(上記の基本の姿勢で手を置く場所)


指先だけが、打面の中に入っている状態。
指と指の間は閉じられていて、4本の指を一つにする。
その形容はスリッパを思い浮かべてもらえば、分かり易い。


その時親…