スキップしてメイン コンテンツに移動

アフリカ音楽のすすめ

  記念すべき第一回目のテーマは「アフリカ音楽のすすめ」。


アフリカとひとくくりに言っても、それは日本の何倍もの面積のある大陸。

東、西、南、北と地域が変われば、言葉も文化も音楽も全然違う。



でも、日本人だからこそ感じるのか?

アフリカで産まれた人の根底にある共通するアフリカ人的感覚は確かにある。

匂い?空気?雰囲気?よくわからないけど、特に、肌の色の黒いブラックアフリカン

と呼ばれる彼らは何百もの部族に分かれながらも、

やはり皆どこか同じ空気感みたいなモノをまとっている。

  反対にアフリカ人が西洋人やアジア人を見た時にも、同じように感じる事だと思う。

肌のいろ、骨格、と言った見た目じゃないもの。

それは何か?

  そのヒントが音楽の中にに隠されていると思う。

僕自身は、西アフリカのギニア、マリ、コートジボワール、ブルキナファソ、セネガル等

に広がるマンデン音楽が、アフリカ音楽の入り口であり、今でも1番の大好物である。



  そこから入って、konono no.1 やベンダビリリ、リンガラ、タンザニアのリンバ、

ハイライフ、ケニアのンゴマなど、アフリカの他の地域に広がる魅力的なの音楽も

知ることになる。

  そこで感じる共通性は「根底ループ(繰り返し/リフレイン)で出来ている」と言うこと。



つまり、同じフレーズないしリズムが繰り返されることで、音楽となる。

そしてその上に、唄しかりメロディーしかり、ダンスがある種即興的な表現を乗せる。

これは、植民地時代にアメリカに連れて行かれた、アフリカ人の子孫達が作った

音楽の中にも現れている(ex   HIP HOP, BLUES, JAZZ...)

表現者は代わる代わるだったり、その時その場所の言葉だったりするので、

曲の長さは決まっていない。フェイドアウトと言う手法も、その昔

アフリカの何処かの部族の演奏をレコードにしようとしたが、演奏が長過ぎて

全編はとてもじゃ無いけど録音出来なくて苦肉の策で生れたと聞いた。


  逆にクラシック音楽、歌謡曲、J-popは、初めから終わりまでがしっかりと決まってて、

起承転結、曲全体の長さも、内容が変わることもほとんど無い。正解の形がある音楽。




  この二つ音楽の違いは、演奏してみるとよく分かる。

分かりやすく前者をブラックな音楽、後者をホワイトな音楽とすると、

ブラックな音楽を演奏をしている時、ループを保ちながらも集中力は今という瞬間に向け

られていて、例え、初めましての人であっても臨機応変に会話をするように、

今という瞬間を瞬発的にミクロな視点で捉えている。

今、今、今の連続が音楽をつくる。

一方、ホワイトな音楽を奏でる時は、まず原曲を聴いて、譜面や歌詞を共有して、

何回かリハーサルをして、頭からお尻までの全体像をイメージ

出来るようにマクロな視点捉えている。

起承転結で音楽をつくる。


曲を演奏する時に感じる時間軸の違いとでも言うのか?

この感覚的な違いが、僕にアフリカ人に共通して何かがあると感じさせているのかも。

つまり大げさな話、


音楽同様、アフリカ人は生き方、立ち振る舞い、考え方の視点が「今」にあり、

西洋や先進国と呼ばれる人達の生き方、立ち振る舞い、考え方の視点は

「過去から未来まで」多くの制約と正解と不正解の中にあるのではないかと。

 ブラック、ホワイトと別けたが、僕自身どちらの音楽も好きだし、どちらが優れてる

とかは考えたことは無い。



 ただ、過去の過ちをいつまでも後悔したり、過去の栄光にすがったり、

「いつか何かあったらどうしよう」って心配になりすぎて、今を楽しめなかったり、

「そんな夢のような未来は無い」と今を諦めてしまったり、今を愉しむ事に罪悪感を

感じてしまう人達に、アフリカのループ音楽を是非、すすめたい。

聴くのは勿論自分で奏でる事で、日常の中でも今を大切にできるはず。



  「今を積み重ねて、今日に至り、今は過ぎ去った瞬間、もうニ度と戻ってこない。

だからこそ今を大切に、この瞬間を燃焼するんだ」

言葉は分からなくてもアフリカの音楽はそんな事を僕らに言ってる気がする。。



コメント

このブログの人気の投稿

声と音色。話し方と叩き方。

以前の記事で「ジャンベには基本的な3つの音がある」と紹介しましたが、
この3つの音をクリアに、自由に操るためには、相当な時間がかかります。

初めは「何となく音が分かれてるかな?」くらいから始まると思います。
勿論、その状態でもリズムアンサンブルとして楽しめるものですが、
上手な人や、音の大きな人と叩くたびに、
「もっとクリアに自由に良い音を出せるようになりたい」という課題が現れる。
そして、長く太鼓を叩く中で、手が痛くなったり、どこかを痛めたり、
速さに追いつかずに腕が止まったり。そんなことをを繰り返して、
 太鼓と友達になって、初めて自分の音を手に入れるような気がします。

太鼓の「音」をアフリカの言葉で「Kan」といいます。
この「Kan」は「言葉」という意味であり、「声」という意味でもある。
つまり、アフリカ人たちは「(楽器の)音」も「声」も「言葉」ですら、

同じ意味合いとして、捉えている訳です。

 なるほど、僕も長年色んな人ジャンルの太鼓叩き達と太鼓を叩いてきましたが、
叩き手の出す太鼓の音色やフレーズは、
そのまま叩き手のパーソナリティーを表してる
と感じてきました。
 声の大きない人、自分を余り表に出さない人、すぐふざける人、真面目な人、
おしゃべりさん、無口、自信がある人、自信がない人、etc.....
 太鼓がシンプルな楽器だからか、
そうしたシンプルで根源的な特徴ほど、音によく現れる。
もちろん、その時の心情や気分も変化しながらも影響していて、
太鼓を前にした時に、自分自身で自分の強い感情に気づく事もある。
 いわば、太鼓を叩いていくうちに、自分のそうした根本的なエゴの部分や、
自身の変動的な感情に対峙させられ、音楽的に成長するために、


自分の心の癖をも修正しようと試みる事になる。
だから楽器の習得は人生の縮図のようなものなのだ。
自分の良い所も、悪い所も、生き様も、癖も赤裸々に見せてくれるだけでなく、
楽器を始めて触ってから、出来ることを増やしていく過程は、
0歳から初めて成長してゆく過程をもう一度味わうチャンスなのだ。

そして突き詰めていくと自分ではマイナスに見えていた要素も、
その人の叩き手としての魅力の一部となり、見ている人を熱くさせたりする。

生まれながらに「美声」を持っている人がいるように。
初めてジャンベを叩いたのに「綺麗な音」を出せる人もいる…

アフリカ人的リズムの感じ方

アフリカ人ジャンベ叩きと一緒に叩いたり、観たり体感したことのある人には、
分かるかと思うのだが、アフリカ人のリズムには、何か異質のエネルギーを感じる。


  根源的で、野性的で、生命力そのものの美しさ、
それでいてユーモアまで感じるエネルギーを含んだリズムとでも言い表すべきか?
僕自身も色々な理由からジャンベを続けてこれたが、
「アフリカ人の様なフィーリングで叩きたい」という思いが常にあった。
「一体何が、我ら日本人と違うのか?」と思いたって、アフリカ人の演奏を観察し、
時に同じ生活をする事で見えてきた違いは、
音量、スピード、熱量、前ノリ感、独特の間、ポリリズム感など、
挙げたら切りが無い。


が、その違いを一つ一つ理解して、日本人らしく、論理的かつ柔軟な感覚で
アフリカンフィーリングを習得して行ったら良いと思い、
このblogで記録しながら共有してます。
まぁフィーリング(感覚)の話なので、習得には個々人の訓練と慣れが必要になってきます。

  そんな今回は、1番簡単にアフリカ人フィーリングに近づける方法!


題して「アフリカ人的リスムの感じ方」



それを一言で言うと、
「アフリカ人達は、リズムを最小限で捉えようとする」
と言うことになる。
「リスムを最小限?捉える?」となると思うので、ここで例を、
(B=ベース。T=トニック。S=スラップ。)
KUKU (4/4) ジャンベ アコンパ


①は通常どおり、リズム譜にリズムを記したもの。

②は日本人的リズムの捉え方。
B(ベース)をリズムの頭と捉えて「ドントトッ カッ」とリズムを出している。
この場合、8拍あるうちの、7拍分がリズムへの集中力となり、1拍が休憩となる。

③はアフリカ人的リズムの捉え方。
S(スラップ)を頭と捉えて、「カッ ドントトッ」とリズムを出している。
この場合、リズムの集中力が6拍分、2拍が休憩となる。


同じリズムではあるが、捉え方によって、休憩できる拍が変わってくる。
休憩が増えるということは、それだけ楽にリズムを捉えることができるのです
もう一つ、よく叩かれるリズムで見てみましょう!
KASSA(4/4)ジャンベ アコンパ

①は通常どおり、リズム譜にリズムを記したもの。

②は日本人的リズムの捉え方。
拍の頭をリズムの頭と捉えて「カッ カカットト」とリズムを出している。
この場合に至っては、休憩の拍がなくなり、…

無意識とリズムの覚え方。右脳派、左脳派。

アフリカには数多くのリズムがある。 西アフリカだけでも、無数のリズムがあり、
地域的な解釈でそれが少しづつ変化し、
今尚、新しいリズムが創られている、と考えると数百は下らない。
 そして一つのリズムと言っても、
それは複数のリズムパターンの集合体であって、
その上に乗るソロのリズムパターンも加えると、なかなか、、その道のりは長い。  しかも、僕らにとっては遠い遠い外国の極めて主観的で地域的な音楽なので、
覚えることはおろか、理解することすら最初は難しいかもしれない。  しかしそんな土壌の日本でも、
頑張って理解をしようとしている人達が増えているし、
実際にアフリカ人と共に叩いても、何の遜色もない日本人もいる。
そうなる為に、たくさん努力したのか?
ただ楽しく突き進んで行ったらそうなったのか?
それは人それぞれだとは思うが、そんな皆が皆、
沢山のリズムを記憶している事は間違いない。 立派なジャンベ叩きになるには、覚えることも多いのです。。

今回はそのインプットのお話。
僕自身、今まで多くのジャンベ叩き達に会ってきて思ったのが、
やはりそれは「右脳派」と「左脳派」に大きく分けられる事だ。
インプットとは理解(分かった!)から記憶(身体に入った!)
までの流れの事。

「右脳派」は感覚派。
リズムを音楽、メロディーとして捉えているので、
理解は速いが、記憶はすぐになくなる傾向。
しかし一度身体に入ったリズムは忘れない。
理解しがたいリズムは嫌い。女性に多い。

「左脳派」は理論派。
リズムをパルスや数式的に捉えているので、理解するまでに時間がかかりやすい。
が、後に自分の中で整理されたら、忘れにくい傾向。
比較的複雑なアンサンブルを好むが、自分の数式が崩れるとフリーズする。
男性に多い。


なんて、勝手に書かせてもらいましたが、
要は、どちらも一長一短。
なので中道。「どちらの感覚も利用する」って事が一番の近道だと思うのです。 「右脳派」の感覚が理解できない「左脳派」の人は、
自分の好きな歌を繰り返し聴いてくうちに覚えてしまう感覚を
思い出してみてください。
メロディーや歌詞の様に太鼓を聴いてみるといいかも知れません。


左脳的理解を毛嫌いする「右脳派」の人は、
聴覚的な情報を、視覚的な情報に変化させたら、
それは綺麗な図形とも取れるし、いつでも取り出せると思って下さい。 そもそも…