スキップしてメイン コンテンツに移動

ンゴニの種類

まだまだ日本での知名度は低いし、興味ある人も少ないと思いますが、この楽器の楽しさを広げるため、まだまだ書きますンゴニの事。(しかし今日は風が強いな‥…)
ンゴニは他のグリオの楽器同様、唄の伴奏というニュアンスの強い楽器である。あるフレーズ、リフレイン(ジャンベで言うならアコンパイマ)をループさせて、その上に唄をのせる。またアンサンブルの中に2台あったりするならソロやメロディーをのせる。
その構図はジャンベをやってる僕には馴染み深く、取り組みやすい楽器だ。そういう意味で打楽器的要素の強い楽器でもある。フレットを押さえる事無く、音の決められた開放弦を弾く。つまり誰にだって弾く事ができる。
しかし、ひとえにンゴニと言ってもいくつかの種類がある。僕が知っているもので少なくとも3つの種類がある。ドンソンゴニ、ジェリンゴニ、カメレンゴニがそれである。これはンゴニの前に付けられた名前に注目すれば、その楽器の意図がよくわかる。

見るからに呪術的な格好をしたドンソ達
ドンソとはマリンケ語で狩人の事。(右の写真)
狩りに行く前、そして獲物に対しての感謝の意を込めるのに唄は必須であり、その唄の伴奏をしたのが、ドンソンゴニ。弦の数は少なく(コートジボアールでは1本弦のものもありました)複数でひたすら呪術的なループを繰り返す。心棒の先にはセセ(金属の共鳴版)が付いていて、これにより単純なループをより呪術的に演出するザワリ音がでる。そこにカルギと呼ばれる鉄製のギロの伴奏が加わり、まさにナチュラルトランスの世界。ワソロン地方を中心としたドンソ達にとってこの楽器は、狩りの道具であり、自分たちに力を与えてくれるパートナーでもあるようです。それゆえそこには秘密や呪術的な要素が多く含まれていて、決して開かれた楽器ではないようです。

ジェリンゴニの名手バセク•コヤテ


僕の先生、ババも使っていたジェリンゴニ。
 ジェリとはマリンケ語でグリオの事。(写真左)
グリオは唄により、歴史や出来事、教訓を人々に伝える世襲制の語り部達の事である。唄とともに生きる彼らの歌のバリエーションを支える為に、フレットによって音階の変化を持たせられるこのスタイルになったのかもしれない。思えば旅が生活の中心になっている彼らの移動にも差し支えのないサイズでもある。興味深い事にマリからアフリカ大陸を北上していった地域にこの楽器の形態が見受けられる。モロッコではグナワの中で使われているし、西サハラ、セネガルにもハラムと呼ばれる同様の楽器がある。これがアメリカに渡り、バンジョーになったという説もある。上の写真にあるバセク•コヤテのファミリーは大小様々なジェリンゴニを使って、サイドギター、ベース、リードギター的な役割で、ロックな演奏を聴かせてくれる。

カメレンとはマリンケ語で若者の意味。      
ドンソ、ジェリと限られた人種だけに許されていたンゴニ。
しかしどの世界にも、どんな時代にも、それを広げて「自分(みんな)のものにしたい」と思う人がいるものである。事によるとこのカメレンゴニも、1960年代に、ALATA BRULAYE氏によって発明された比較的新しい楽器である。
誰もが演奏できるという事から、より自由度が高く、チューニングやカタチのバリエーションも多い。唄われる歌も、民謡からポップミュージックまで幅広い。
元はワソロン地方のドンソンゴニをモデルに開発されたが、そうやって多様な機会で使われるようになって、弦の数も8本、10本、12本と増えていき、より表現力が高くなっていったと思われる。マリのミュージックビデオなんかを見ていると、クリップの中でカメレンゴニが使われている事が多い。そういった意味でもこれからまだまだ開発されてゆく楽器なのかなと思います。


コメント

  1. この夏、富山のSukiyakiMeets the Worldでグナワ・ディフュージョンのアマジールが演奏していてカッコ良かったよ。

    返信削除
  2. ミツルさんコメントありがとう!

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

アフリカ人的リズムの感じ方

アフリカ人ジャンベ叩きと一緒に叩いたり、観たり体感したことのある人には、
分かるかと思うのだが、アフリカ人のリズムには、何か異質のエネルギーを感じる。


  根源的で、野性的で、生命力そのものの美しさ、
それでいてユーモアまで感じるエネルギーを含んだリズムとでも言い表すべきか?
僕自身も色々な理由からジャンベを続けてこれたが、
「アフリカ人の様なフィーリングで叩きたい」という思いが常にあった。
「一体何が、我ら日本人と違うのか?」と思いたって、アフリカ人の演奏を観察し、
時に同じ生活をする事で見えてきた違いは、
音量、スピード、熱量、前ノリ感、独特の間、ポリリズム感など、
挙げたら切りが無い。


が、その違いを一つ一つ理解して、日本人らしく、論理的かつ柔軟な感覚で
アフリカンフィーリングを習得して行ったら良いと思い、
このblogで記録しながら共有してます。
まぁフィーリング(感覚)の話なので、習得には個々人の訓練と慣れが必要になってきます。

  そんな今回は、1番簡単にアフリカ人フィーリングに近づける方法!


題して「アフリカ人的リスムの感じ方」



それを一言で言うと、
「アフリカ人達は、リズムを最小限で捉えようとする」
と言うことになる。
「リスムを最小限?捉える?」となると思うので、ここで例を、
(B=ベース。T=トニック。S=スラップ。)
KUKU (4/4) ジャンベ アコンパ


①は通常どおり、リズム譜にリズムを記したもの。

②は日本人的リズムの捉え方。
B(ベース)をリズムの頭と捉えて「ドントトッ カッ」とリズムを出している。
この場合、8拍あるうちの、7拍分がリズムへの集中力となり、1拍が休憩となる。

③はアフリカ人的リズムの捉え方。
S(スラップ)を頭と捉えて、「カッ ドントトッ」とリズムを出している。
この場合、リズムの集中力が6拍分、2拍が休憩となる。


同じリズムではあるが、捉え方によって、休憩できる拍が変わってくる。
休憩が増えるということは、それだけ楽にリズムを捉えることができるのです
もう一つ、よく叩かれるリズムで見てみましょう!
KASSA(4/4)ジャンベ アコンパ

①は通常どおり、リズム譜にリズムを記したもの。

②は日本人的リズムの捉え方。
拍の頭をリズムの頭と捉えて「カッ カカットト」とリズムを出している。
この場合に至っては、休憩の拍がなくなり、…

ジャンベの叩き方〜音だし 手のひら編〜

ジャンベには基本の3つの音がある。
「ドン」「トン」「カン」


一つの打面だが低音、中音、高音と音質が変化する。
それに、ダイナミクス(音量の上げ下げ)や、微妙な倍音をわざと出したり、
ちょっとしたことで音は変わるから、 実際は3つの音だけでは無い。
 しかしながら、1番大切な三つの音を先ずは出せる様にしよう。
  ここから僕の感じた3つの音の出し方を書きます。
あくまでも個人的な見解なので、「そんな感じもあるんだ」くらいに読んで下さい。

  立って叩く場合でも、座って叩く場合でも、打面がおへそからおへその少し下に
来る様にジャンベをセットする。


座って叩く場合は、ジャンベ下部の穴を塞がない様に、ジャンベの打面を
少し奥に傾けて、それを両膝の内側で支える様に座る。
  肩の力を抜いて、ジャンベのふちに両手を置く。
この時、ジャンベのふちのアールに合わせて、自分の手を少し曲げ、フィットさせる。


頬杖付いたときの、手の形の様に、対象を包み込む感じです。
これが、基本の姿勢である。あくまでも自分にとって自然な姿勢でこれをキープします。


ドン/低音 /ベースの出し方

3つの音の中でも比較的出し易く、認識し易い音で、一言で言うと、
リムの内側、打面の中央辺りに腕の重さを乗せて、手のひら全体で叩く。
初めは、叩くというイメージよりも「腕を落とす」とイメージする。
例えば、手首に糸を巻いて、脱力した腕を吊り上げられた状態で、
誰かにその糸を、急に切られた様な感じ。


手のひらが皮にぶつかった瞬間に来る反発を素直に受けたら、
トランポリンの要領で、手のひらが上に跳ね上がる。


体重が乗れば乗るほど、落下スピードが速ければ速いほど、反発も大きくなる。
手のひらが当たった時、手のひらの中央は皮にはぶつかっていない。
でも、重心はそこ(手のひら中央)に持ってくる。
音は、太鼓下部の穴から抜けて来る感じ。


それがドンの音。

トン/中音/トニックの出し方。

 中音は、コンガの音も連想させる様な、丸みのある音で、
手の位置としては、指せん球とよばれる、指の付け根の部分(豆が出来る場所)が、
太鼓のリム(淵)に当たる所。(上記の基本の姿勢で手を置く場所)


指先だけが、打面の中に入っている状態。
指と指の間は閉じられていて、4本の指を一つにする。
その形容はスリッパを思い浮かべてもらえば、分かり易い。


その時親…

中国を振り返って

旅は良い。現実から非現実的な新しい世界に飛び込める。 現実から一旦切り離されると、自分の新しい一面と対峙することになる。 外の世界を知る事で、自分の現実を客観的に見ることが出来、 素直に自分の今(現実)を受け止める事ができる気がする。
わかってはいたが、中々時間がつくれない現実の中で、 忘れてさせていたような、その感情を眠らせていたような、、4年ぶりの海外。。
 今回は自分にとっても初めての土地、中国はお茶で有名な福建省、福州。 オーガナイザーの中国人、キキと醤油ちゃんが10日間の中国滞在を、 リハからライブ、お休み時間、ワークショップ、朝昼晩のご飯まで、 完璧にプロデュースしてくれていたので、 いつもの旅中に感じるような「旅の不便さ」は全く感じませんでした。

 全てを書き記すと、長くなってしまうので、 ここからはメモ的に感じたことを書きます。
「電気と水道」  ライフラインの2本柱。 中国の電気は日本よりも強く、水道は日本の方が強い、という印象を受けました。 電気とは、電圧、使用電力、人々の依存率という意味が含まれてます。 工具を借りた時に、ルーターのモーターがすぐに焼き切れるほど、 マシーンの回転数が高く、電圧の強さを感じたし、街中には看板も多く、 広告塔は中国の国民性から、日本以上に派手で惜しみない。 ビル一棟が七色に光り輝いているのを見て、使用電力半端ねーなんて思いました。  のわりに、トイレはトイレットペーパーが流れないから、 拭いた後のペーパーは流さないで、ゴミ箱に捨てるスタイル。水力は弱い。
「電気への依存」  携帯電話、パソコンと使いまわしている自分ではありますが、 中国の人達の生活の中に、これほどまで電動生活が浸透しているとは思わなかった。 紙のお金は消え去り、生活の9割がスマホ決済になっており、 音のしない、電動スクーターが街中を走り回り、 スマホの地図画像からタクシーを呼び、到着地点を入力すれば、 値段と所要時間が分かって、ピッとボタンを押せば、 タクシーの運転手の評価が分かり、決済が済んでしまう。  ご飯の出前も、話すことなく、気がついたら目の前に届く。 確かに便利ではあるが、その裏で、消しゴム一つから届けに来る、 配達人の苦労があり、評価を気にして、必要以上にサービスしてしまうドライバー がいる。この国にうつの人が多いのも、この電気と…