スキップしてメイン コンテンツに移動

リズムを身体に入れる。

 ジャンベに限らず「思わず身体が動いてしまうようなリズム」や、
「心地よく揺れながら聞ける音楽」というのは、音楽を奏でる張本人、
その演奏者の動き自体が、グルーブしているいうことになる。

 ライブなどでも、演者のノリ方は、そのままお客さんに影響を与えている。
演者がノリノリらな、お客もノリノリになり、
しっとり歌えば、場もしっとりする。
そうやって、ライブ会場には一体感というものが生まれる。
しかしそうやって生まれた一体感でも、演奏者と聴衆の立場の違いは大きい。
 聴衆は受動的にノリの上にいて、演者は能動的にノリを作っている。
見た目でノッているという現象は同じだが、その内面のあり方が大きく違う。
「ライブや儀式(みんなの為の音楽)」という、ある意味絶対的な空間を創る中、
演者は自分のノリを生み続けなければなりません。

 アフリカでも、結婚式などの演奏でついへばった態度を見せると,
後ろからすぐに代わりの叩き手がきて「交代しろ」と言ってくるし、
バチ物の太鼓のバチを演奏中に落とすとすごく怒られる。
手を止めるのはもってのほかである。

特にアフリカンは個々にグルーブを発しながら、複数人が集まって、
一つの音楽を作り上げているので、
簡単にアンサンブルから欠けてはいけないのだ。
何があっても簡単に止まらないタフなリズム、
自分のレパートリーからいつでも取り出せるリズム、

そうなるためには、リズムを身体に入れてしまうことが重要になる。
ひとつのリズムが身体に入るまでには、

⑴ 始めにリズムとの出会いがあり(受信)
⑵ 「どこが頭で、どこがグルーブのポイント」
などリズムを理解し(頭の理解)
⑶ 頭と身体を連動させる為、実際に叩き(訓練)
⑷ そのリズムを自分の身体に入れる(身体の理解)

  と、考えられる4つの工程があります。詳しく見てみると、

⑴ どんな人でも初見のリズムというものがあり、スタート地点は平等です。
 
⑵ 理解するにもスピードがあります。初めはゆっくりと理解していたことも、
 多くのリズムを学ぶと、リズムが自分の中で系統立てされてゆき、
 理解のスピードも自然と上がってきます。

⑶ 身体と頭をつないでいる最たるものは「声」だと思います。
 「声」で発声できるリズムは、手を使っても表現ができます。
 逆に「声」に出せないリズムは、手でも表現ができません。
「太鼓で唄う」とは、思ったリズムを瞬時に声に出し、
その声と共に手を動かす事に他なりません。精進が必要です。

そして今回のテーマ、
⑷ そもそもリズムが身体に入っている状態とは、
簡単に言えば、楽器を弾きながら、他の事が出来る状態のことである。

ギター弾き語りの人なら、誰でもやっていることではありますが、
楽器を弾きながら、歌い、話すというのは、
見た目ほど簡単なことではないのです。

⑶の状態で叩かれる、いわゆる「練習中」の演奏というのは、
その楽器のフレーズを頭の中で歌っている状態である。
その状態で、他の歌を歌うということは、
「一つの口で同時に2つの言葉を発する」ように不可能に近いのです。

つまり、口で歌いながら叩かれる太鼓のリズムは、
頭でなく身体からオートマチックに発せられたリズムである必要があります。
 手が、身体が、オートマチックに動くからこそ、
その上で話したり、考えたり、歌ったり出来る余裕が生まれます。

そこに行き着くまでに、3つのポイントがあります。

①オートマチックとマニュアルがあって良い。
オートマチックに対して、マニュアルとしちゃいましたが(笑)全てが全て、
オートマチック化させる必要はないと思います。ソロや「太鼓で唄う」時などは、
その場の流れで、リズムを処理する正にマニュアル的叩き方。
つまりソロはマニュアル車!アコンパイマはオートマチック車という事です。
まぁマニュアル車も乗り慣れれば、
自分の中でオートマチック化されてくるんですが。
とにかく、
重要なアコンパイマ(伴奏パターン)はぜひ身体に入れておきましょう!

②グルーブに乗る

 グルーブ感はリズムのオートマチック化に欠かせません。
グルーブは「創る」とも言えますが、
その地点に「到達した」ともいえると思います。
グルーブは点ではなく「流れ」としてあります。
なので「ノッてる」状態を作り出すことができます。
流れにノッてしまえば、静止している時よりも、
小さな力で前に進むことができます。
水の上の船も、太鼓を叩く時の腕も同じなんだと思います。

③リズムを出来るだけ多く感覚のフィルターに通す。

 せっかく、身体に入ってきても、少し叩かなかったりすると身体は簡単に
リズムを手放してしまいます。
そうならない為にはリズムを身体に刻み込む事です。
太鼓のリズムに関しては、「(手で)叩く」という行為が身体の記憶と一番直結
している行動ではあるのですが、積極的に(耳で)聞いたり、
口太鼓として(口で)発声したり、手以外の感覚器官でリズムを感じる事も、
同様に効果があると思います。
 例えば、一つのリズムを身体に入れる為には、そのリズムを10万回繰り返す
必要があるとします。
その期間を短くする為には、
リズムのスピード自体を上げていく事でもありますが、
「叩くと同時に口で発声」する事で、手と口、2つの感覚器官で
リズムを繰り返すこととなり、繰り返しは5万回だけで良くなります。。。。
 と、具体的な数字はあれですが、、、
リズムが感覚のフィルターを通った分だけ、
リズムは身体へと染み込んでいきます。

結論!
「ジャンベ上手くなりたかったら、より叩く」

結局はそこなのです。。






コメント

このブログの人気の投稿

ジャンベの叩き方〜音だし 手のひら編〜

ジャンベには基本の3つの音がある。 「ドン」「トン」「カン」 一つの打面だが低音、中音、高音と音質が変化する。 それに、ダイナミクス(音量の上げ下げ)や、微妙な倍音をわざと出したり、 ちょっとしたことで音は変わるから、 実際は3つの音だけでは無い。  しかしながら、1番大切な三つの音を先ずは出せる様にしよう。   ここから僕の感じた3つの音の出し方を書きます。 あくまでも個人的な見解なので、「そんな感じもあるんだ」くらいに読んで下さい。   立って叩く場合でも、座って叩く場合でも、打面がおへそからおへその少し下に 来る様にジャンベをセットする。 座って叩く場合は、ジャンベ下部の穴を塞がない様に、ジャンベの打面を 少し奥に傾けて、それを両膝の内側で支える様に座る。   肩の力を抜いて、ジャンベのふちに両手を置く。 この時、 ジャンベのふちのアールに合わせて 、自分の手を少し曲げ、フィットさせる。 頬杖付いたときの、手の形の様に、対象を包み込む感じです。 これが、基本の姿勢である。あくまでも 自分にとって自然な姿勢 でこれをキープします。 ドン/低音 /ベースの出し方 3つの音の中でも比較的出し易く、認識し易い音で、一言で言うと、 リムの内側、打面の中央辺りに腕の重さを乗せて、手のひら全体で叩く。 初めは、叩くというイメージよりも「腕を落とす」とイメージする。 例えば、手首に糸を巻いて、脱力した腕を吊り上げられた状態で、 誰かにその糸を、急に切られた様な感じ。 手のひらが皮にぶつかった瞬間に来る反発を素直に受けたら、 トランポリンの要領で、手のひらが上に跳ね上がる。 体重が乗れば乗るほど、落下スピードが速ければ速いほど、反発も大きくなる。 手のひらが当たった時、手のひらの中央は皮にはぶつかっていない。 でも、重心はそこ(手のひら中央)に持ってくる。 音は、太鼓下部の穴から抜けて来る感じ。 それがドンの音。 トン/中音/トニックの出し方。

アフリカ人的リズムの感じ方

  アフリカ人ジャンベ叩きと一緒に叩いたり、観たり体感したことのある人には、 分かるかと思うのだが、アフリカ人のリズムには、何か異質のエネルギーを感じる。   根源的で、野性的で、生命力そのものの美しさ、 それでいてユーモアまで感じるエネルギーを含んだリズムとでも言い表すべきか? 僕自身も色々な理由からジャンベを続けてこれたが、 「アフリカ人の様なフィーリングで叩きたい」 という思いが常にあった。 「一体何が、我ら日本人と違うのか?」と思いたって、アフリカ人の演奏を観察し、 時に同じ生活をする事で見えてきた違いは、 音量、スピード、熱量、前ノリ感、独特の間、ポリリズム感など、 挙げたら切りが無い。 が、その違いを一つ一つ理解して、日本人らしく、論理的かつ柔軟な感覚で アフリカンフィーリングを習得して行ったら良いと思い、 このblogで記録しながら共有してます。 まぁフィーリング(感覚)の話なので、習得には個々人の訓練と慣れが必要になってきます。   そんな今回は、 1番 簡単に アフリカ人フィーリングに近づける方法! 題して 「アフリカ人的リスムの感じ方」 。 それを一言で言うと、 「アフリカ人達は、リズムを最小限で捉えようとする」 と言うことになる。 「リスムを最小限?捉える?」となると思うので、ここで例を、 (B=ベース。T=トニック。S=スラップ。) KUKU (4/4) ジャンベ アコンパ ①は通常どおり、リズム譜にリズムを記したもの。 ②は日本人的リズムの捉え方。 B(ベース)をリズムの頭と捉えて「ドントトッ カッ」とリズムを出している。 この場合、8拍あるうちの、7拍分がリズムへの集中力となり、1拍が休憩となる。 ③はアフリカ人的リズムの捉え方。 S(スラップ)を頭と捉えて、「カッ ドントトッ」とリズムを出している。 この場合、リズムの集中力が6拍分、2拍が休憩となる。 同じリズムではあるが、捉え方によって、休憩できる拍が変わってくる。

ジャンベの選び方

  ジャンベが欲しくなって、手に入れたくなったけど、 「どうやって選んだいいか分からない?」と言う人に、今日はジャンベの選び方を。   どの楽器が良いと言う前に、あなたがどういう風にジャンベを叩きたいか? それによって楽器としての選択肢も変わってきます。 取り敢えずジャンベを所有したいのか?子供用、インテリア用なのか? アフリカンでガッツリ叩きたいのか?歌もののパーカッションとして使いたいのか?   その動機はそれぞれだと思います。 もし楽器としてではなく、インテリアや、ちょっとした時に叩きたいと言うのであれば、 民族雑貨屋さんや、ネットのオークションなどで、比較的安価に買える物で良いだろう。   このレベルの太鼓は、アフリカ産というよりは、 インドネシアや東南アジアの工場で作られた物が多い。 内側の彫りを見てみると、手で彫られたというよりは、 旋盤の機械で綺麗に彫られており、 ロープやリングの作りが細く、サイズも小さい(打面直径10cm〜15cm)物が多い。 言うまでもなく、このタイプのジャンベは、楽器として音も小さいので、 歌もののパーカッションや、アフリカンのアンサンブルで叩くのには向いていない。   しかしながら、取り敢えず手元にジャンベが欲しいと言う人にはお勧めかもしれない。 楽器としてのジャンベの選び方 大きさ編   そもそも、ジャンベは手で叩く楽器なので、自分の手に合う大きさがある。 目安としては、打面に片手の平一つと、もう片方は手首から第二関節までのサイズが 自分に合った打面の大きさだと言われている。 それより小さ過る場合、スラップやトニックを出した時に、 ベースも一緒に鳴ってしまうおそれがある。 その点大きい場合には、問題無いが、大きい楽器には移動や演奏時に別の大変さが伴う。 重さ編   ジャンベの重さは、ボディに使われた木の密度と、その彫り方によって8割方決まる。 電車移動や、徒歩移動が多い方は、この重さを重要視した方が良い。 どんなに良い音がしても、会場まで運べないくらい重い太鼓だと、 宝の持ち腐れ