スキップしてメイン コンテンツに移動

感慨深き夜。

 先日、MOJADAが大盛況のうちに無事に終了しました。

ここ最近のアフリカン系のイベントでは珍しく、日本人が主役のステージで、
関東で活躍する8つの日本人アフリカンバンドが集結した。
各バンドの醸し出す雰囲気の違いが面白く、
日本人だからこその試行錯誤が見られた演出に僕は大満足だった。

会場には懐かしい顔ぶれもちらほらといて、ある古い友人と10年ぶりくらいに
再会し、話をしていると「俺こうゆう所来るの久しぶりで楽しい」、
「けど、お客さんの年齢層高めだね(笑)」と笑った。
楽しさで気が廻らなかったが確かに、初めて見る人たちも沢山いたが、
30代〜60代が主流で若くても20代後半くらいの人しかいなかったなぁと。

 これは色んなジャンルで懸念されていて、僕もここ数年なんとかしたいと
思っている「後継世代問題」の一片である。
僕の周りのアフリカンの世界を見てるだけでも、
興味を持つ人の年齢が僕と同世代かそれ以上の世代がほとんどである。
その世代の子供達が親の影響でジャンベを始めたというホットな情報もあるが、
現時点での18歳から25歳くらいまでのジャンベ人口は圧倒的に少ないと思う。
その原因は勿論、まだまだマイノリティーな音楽であるという事であるし、
その世代の人口自体が少ないという少子化問題が原因とも言えるし、
単純に日本の若者が憧れる様な音楽には映らないとも言えるのかもしれない。
そもそも、僕の日常生活でもなかなか出会わない世代なのである。

 全てのライブも終わり、MOJADAの会場を後に、
僕と車組のサカバメンバー数人は駐車場に向けて歩き出した。
駐車場に着いた時、メンバーの誰かが隣のコンビニ前の異変がに気づき
「誰か倒れてるけど、大丈夫?」と言った。
 よく見ると道路に1人、コンビニと駐車場の間にある階段の下に1人、
階段の踊り場で1人と合計3人の女の子が酒に潰れたのか、横たわっていた。
周りには10名ほどの男子と2〜3人の意識ある女の子達がわさわさといた。
階段の上には居酒屋があったので、大学生のサークル飲みで、
「少し飲みすぎたのかな?でも女の子だけ3人も倒れるか?」と思って、
そこにいる大学生達に声をかけた。「どうしたの?」と聞くと、
『いや、、大丈夫です』と答えた。
しかし道路に倒れた女の子、よく見ると顔面がアスファルトにくっついた状態、
「男子の誰か、膝を貸してあげなよ」と彼女を持ち上げようとすると、
その顔は汚物で汚れていた。
「とりあえず顔を綺麗にするために、ティッシュ持ってないの?」と聞くと
『あ、あるかも』とその場にいた友人らしき女の子が呑気に答えた。
男子は、汚物で汚れたその子を敬遠する様に、膝を貸そうとはせず、
『ありがとうございました』とこれ以上僕らに構うなという様にあしらった。

そのまま様子を見ていると、意識不明のその子をどこかに連れて行きたいのか?
ぐねぐねのその女の子を無理やり持ち上げようとして、苦戦をしていた。
「ゴン」頭がアスファストに当たる音がして、
さすがにそこにいたサカバメンバーがキレた。
「何やってんだ!危ないだろ!」「救急車に連絡しなさい」と、
すると『あなた達には迷惑かけてない、関係ないだろう』
と一人の学生が強い調子で言い返した。
そこで還暦を過ぎた松田さんがキレた。「お前らそれでも人間か!?」
と、突き出した松田さんの指先が大学生の体に触れると、すかさず
「暴力すんなよ!傷害罪で訴えるぞ!」とイキリ怒鳴った。

目の前の現状も対処できていないのに良くもそんな機転が利いた事を
立派に言えるなと思いつつ、明らかに目上の人に、
そんなことを言える彼らに憤りを覚えた。
が、ここで感情的になっても目の前の問題解決はおろか、
怒鳴ったその男の思う壺となってしまうので、
松田さんに「アツくなり過ぎないで」と声をかける。

大学生の中でも介抱しようとする学生もいたが、ただただ「水飲め!」とか
「ちょっとしたら大丈夫でしょ」とかなんとも頼りない感じであった。
 
少し落ち着いた様子の松田さんが「今警察に電話しました」と言う。
「警察?こう言う場合救急車じゃない?」
「あれ?俺なんで警察に連絡したんだろう?」なんてやりとりをしている間に、
女の子の周りにいた学生達の数が減ってるのに気がついた。
警察が来た頃には、松田さんに毒づいた学生はおろか、階段周辺で倒れていた
女の子達も忽然と姿を消しており、路上に倒れていた女の子と、
介抱する2人の男子の3人のみになっていた。
しかし、こちらもこれから1時間半の運転があるのでと、
松田さんが警察に事情を話し、後の対応は警察に任せて、
立ち去ろうとした時、警察が残った大学生達に
「え?彼女の荷物は誰が持っていったの?」と聞いていた。
どうやら意識不明のその女の子の持ち物一切合切が無くなっているらしい。
「いやぁ、誰が持っていったんでしょう?」と
答える大学生を尻目に、僕らは家路に着くことにした。

帰りの車内では、ある種興奮状態で、
今あった状況を話し合い、どうにか頭で整理しようとしたが、
感情がそれの邪魔をした。

しかしながら、時間が経った今、あの大学生達は実は自分が(アフリカン界に)
望んでいた世代なんだと気が付き。
「今回感じた溝をどう埋めていっていいのか?」
と言う具体的な問題が現れて来た。

 若い世代を考える時、どうしても自分の若かった頃を重ね合わせてしまうが、
時代や環境というものは、思った以上に速いスピードで変化していて、
自分と違う時代で育った若者達は、確実に自分の若い頃とは違うのである。
 だから尚更彼らを知りたいと思うし、
彼らにアフリカンの良さを知ってもらいたいと思った。

そんな七夕でした。



コメント

このブログの人気の投稿

アフリカ人的リズムの感じ方

アフリカ人ジャンベ叩きと一緒に叩いたり、観たり体感したことのある人には、
分かるかと思うのだが、アフリカ人のリズムには、何か異質のエネルギーを感じる。


  根源的で、野性的で、生命力そのものの美しさ、
それでいてユーモアまで感じるエネルギーを含んだリズムとでも言い表すべきか?
僕自身も色々な理由からジャンベを続けてこれたが、
「アフリカ人の様なフィーリングで叩きたい」という思いが常にあった。
「一体何が、我ら日本人と違うのか?」と思いたって、アフリカ人の演奏を観察し、
時に同じ生活をする事で見えてきた違いは、
音量、スピード、熱量、前ノリ感、独特の間、ポリリズム感など、
挙げたら切りが無い。


が、その違いを一つ一つ理解して、日本人らしく、論理的かつ柔軟な感覚で
アフリカンフィーリングを習得して行ったら良いと思い、
このblogで記録しながら共有してます。
まぁフィーリング(感覚)の話なので、習得には個々人の訓練と慣れが必要になってきます。

  そんな今回は、1番簡単にアフリカ人フィーリングに近づける方法!


題して「アフリカ人的リスムの感じ方」



それを一言で言うと、
「アフリカ人達は、リズムを最小限で捉えようとする」
と言うことになる。
「リスムを最小限?捉える?」となると思うので、ここで例を、
(B=ベース。T=トニック。S=スラップ。)
KUKU (4/4) ジャンベ アコンパ


①は通常どおり、リズム譜にリズムを記したもの。

②は日本人的リズムの捉え方。
B(ベース)をリズムの頭と捉えて「ドントトッ カッ」とリズムを出している。
この場合、8拍あるうちの、7拍分がリズムへの集中力となり、1拍が休憩となる。

③はアフリカ人的リズムの捉え方。
S(スラップ)を頭と捉えて、「カッ ドントトッ」とリズムを出している。
この場合、リズムの集中力が6拍分、2拍が休憩となる。


同じリズムではあるが、捉え方によって、休憩できる拍が変わってくる。
休憩が増えるということは、それだけ楽にリズムを捉えることができるのです
もう一つ、よく叩かれるリズムで見てみましょう!
KASSA(4/4)ジャンベ アコンパ

①は通常どおり、リズム譜にリズムを記したもの。

②は日本人的リズムの捉え方。
拍の頭をリズムの頭と捉えて「カッ カカットト」とリズムを出している。
この場合に至っては、休憩の拍がなくなり、…

声と音色。話し方と叩き方。

以前の記事で「ジャンベには基本的な3つの音がある」と紹介しましたが、
この3つの音をクリアに、自由に操るためには、相当な時間がかかります。

初めは「何となく音が分かれてるかな?」くらいから始まると思います。
勿論、その状態でもリズムアンサンブルとして楽しめるものですが、
上手な人や、音の大きな人と叩くたびに、
「もっとクリアに自由に良い音を出せるようになりたい」という課題が現れる。
そして、長く太鼓を叩く中で、手が痛くなったり、どこかを痛めたり、
速さに追いつかずに腕が止まったり。そんなことをを繰り返して、
 太鼓と友達になって、初めて自分の音を手に入れるような気がします。

太鼓の「音」をアフリカの言葉で「Kan」といいます。
この「Kan」は「言葉」という意味であり、「声」という意味でもある。
つまり、アフリカ人たちは「(楽器の)音」も「声」も「言葉」ですら、

同じ意味合いとして、捉えている訳です。

 なるほど、僕も長年色んな人ジャンルの太鼓叩き達と太鼓を叩いてきましたが、
叩き手の出す太鼓の音色やフレーズは、
そのまま叩き手のパーソナリティーを表してる
と感じてきました。
 声の大きない人、自分を余り表に出さない人、すぐふざける人、真面目な人、
おしゃべりさん、無口、自信がある人、自信がない人、etc.....
 太鼓がシンプルな楽器だからか、
そうしたシンプルで根源的な特徴ほど、音によく現れる。
もちろん、その時の心情や気分も変化しながらも影響していて、
太鼓を前にした時に、自分自身で自分の強い感情に気づく事もある。
 いわば、太鼓を叩いていくうちに、自分のそうした根本的なエゴの部分や、
自身の変動的な感情に対峙させられ、音楽的に成長するために、


自分の心の癖をも修正しようと試みる事になる。
だから楽器の習得は人生の縮図のようなものなのだ。
自分の良い所も、悪い所も、生き様も、癖も赤裸々に見せてくれるだけでなく、
楽器を始めて触ってから、出来ることを増やしていく過程は、
0歳から初めて成長してゆく過程をもう一度味わうチャンスなのだ。

そして突き詰めていくと自分ではマイナスに見えていた要素も、
その人の叩き手としての魅力の一部となり、見ている人を熱くさせたりする。

生まれながらに「美声」を持っている人がいるように。
初めてジャンベを叩いたのに「綺麗な音」を出せる人もいる…

リズムから解く人間関係 〜ポリリズム〜

人間は母親のお腹にいる頃から、鼓動というリズムを鳴らし始め、
産声をあげ、呼吸というリズムを始め、
意識しようがしまいが、朝昼夜と時間のリズム、春夏秋冬といった季節のリズム、
所属団体(家族、学校、会社など)の習慣のリズムなど、
日々様々なリズムの中で暮らしている。



「僕らの生は、数あるリズムが、同時に鳴っている上にある」といっても過言ではない。

リズムは、「一定間隔」で「継続」されることにより、心地良いリズムとなる。
逆に「不定間隔」に「断続」的なリズムは、人々を不快にさせる傾向がある。
 そうゆう意味で、鼓動は人間にとって一番身近なバロメーター的リズムとなっている。


平常時、「トクトク」と脈打つ鼓動が例えば、車に突然轢かれそうになった時に
「どきっ」と反応し、「ドキドキドキドキ」と鼓動が速くなる。
これは、自分に迫った危機に対する回避反応ではあるが、
その後必ず怒りが沸き起こる。(轢かれてなかった場合ですね)
 その怒りは、「あぶねーだろ!」って気持ちと、
自分を「どきっ」とさせたこと=心地良いリズムを、中断させられた怒りである。


 時差ボケで苦しめられたり、昼夜逆転の生活がうつ病を招きやすかったり、
休日出勤に嫌気がさしたり、予想してなかった渋滞に巻き込まれたり、
人間は自分のリズムが崩された時に、ストレスに感じる。のです。

自分のリズムを崩す際たるものが、、、、他人です。
まぁ、動物の中で、唯一エゴを持った僕ら人間の宿命みたいなものですが、
自分のリズムとグルーブして、リズムを昇華させてくれるのも、他人です。


人間は本来それぞれ自分の心地良いリズム、得意なリズムで生きていたいものなのです。