スキップしてメイン コンテンツに移動

教え上手と学び上手。

 僕のジャンベの歴史を簡単に振り返ってみると、

独学から始まり、現地に渡りアフリカの師匠から教わり、

帰って日本で仲間と切磋琢磨し、飽きたり、ハマったりを繰り返し、

今尚、学ぶ立場ではありますが、教えると言う立場にも立たせてもらっている。

だから、ジャンベに関して言えば、


創り出す事(独学)も、学ぶ事(教わる)も、競争する事(切磋琢磨)も、

伝える事(教える)も経験してきた。

 小学校5年の時の音楽の筆記テストで人生初の0点を取った自分が、

まさか音楽を教える立場になるとは、人生もなかなか笑える。


どんな学問でもそうだと思うが「教える」と言うことに関して

「上手い、上手くない」と言う言葉で先生を評価、判断する事ができる。

しかしその言葉は同時に、学ぶ方にも「教わる」ことに関して、

「上手い、上手くない」と言う形で返ってくるのである。

そんな事を一番初めに意識したのは、ギニアに初めて行った時。

 初日に出会った、先生イブロの元でレッスンを受け、一週間ほど経った頃、

コナクリの先端にある、断崖絶壁に建てられた塀の外側の、

幅2メートルくらいの獣道であるいつもの場所へ練習をしに行ったら、

先客がいた。


西洋人の生徒一人に、ギニア人勢が5人くらいで並んで太鼓を叩いている。

いつもマンツーマンだった僕には、その光景が豪華に輝かしく映った。

 イブロも先生陣とは知り合いだったらしく、楽しげに話し込んでいる。

シャルと名乗った、そのフランス人は丁度やってたリズムを

理解しきれなかった途中のようで、非常にイラついた様子だった。

先生達の談合の結果、とりあえず、その日一緒に練習する事になった。

シャルは仕事の関係上、以前からコナクリに住んでいて、半年ほど前から、

ジャンベを習っていたらしく、沢山のリズムに挑戦していた。

が、出来ない事を指摘されるほどに、ああからさまに機嫌が悪くなって行った。

 シャルの先生も、まだ幼かったが相当な叩き手で、

気持ちもシャルに負けないくらい強かったので、指摘も段々強くなり、

最後には「あれ?喧嘩してるの?」くらいヒートアップしていった。

(3年後に訪れたら、道が侵食で無くなってしまった練習場所)

 その後、何度かその場所で、顔を合わせる内に、

合同でレッスンをする事も増え、シャルは僕の兄弟子的存在となった。

その後、フランスでもお世話になったりとシャルを理解した今、

大切な兄弟子なのですが、出会った当初は素直にそう思えませんでした。

 先生を、見下してるようにも見えたり、ふてくされてみたり、すぐ怒る。

ある日の練習の帰り道なんか、練習で機嫌が悪くなったのを引きずり、

道バタで楽しげにサッカーをしている集団の所に、

車のクラクションを鳴らしながら「お前らどけー!」って、突っ込んでいく。

「世界中みんなに八つ当たり」する彼の姿には、さすがに笑えたが、

その当時の彼の言動は「教わる人の姿勢」ではなかった。



 その結果なのか、やはり彼は新しい事を一向に覚えなかった。

やはり、教わる時は自分の気持ちを出来るだけクリーンにして、

感謝しながら学んだ方が、自分に吸収されやすい。


 そんな兄弟子を隣で見ながら、我が振り直すように、僕は学ぶ事ができた。

そして、どんな時でもイブロは水牛のように、どっしりと構え、

感情に埋もれて(怒りながら)僕らに接する事がなかった。

イブロ自身、その当時、太鼓を叩きだしてから2年くらいしか経っていなかった。

子供の頃、隣国シリアレオネで育ち、船乗りとして世界を見てきた後、

大人になってから太鼓を学んだので、分からない人の気持ちを理解してくれた。

だからこそ、イブロの説明は分かりやすかった。


「怒り」の感情は、時に「生み出す」力や、「奮い立たす」力になるが、

「教える、教わる」と言う伝達の中では、どちらにも邪魔になる。

同じ太鼓を叩くでも、

教わる時と、表現する時は、心理状態が変わるもの。


「怒り」だけに限らず、「喜怒哀楽」激しすぎる感情は「伝達」の邪魔になる。

しかし、表現者となればその感情の起伏が、人々に感動を与えたりする。

これを教訓めいた言葉で言うなら、

「良い演奏者が、必ずしも良い先生ではない」と言う事。(逆もしかり)

ここで言う良い先生」とは「分からない人の気持ちをわかった」上で、

「伝達」「理解させる」事が上手と言う意味。

もちろん、そこが一致している事が理想なんだと思うけど、

「良い先生が」、必ずしも誰にとっても良い先生とは限らないとも思う。

真似が上手で、盗み上手、なんでも吸収しようとする「学びタイプ」の人や、

ジャンベの上級者にとっては、すぐに答えをくれる「良い先生」よりも、

むしろ、無言でも年輪を感じるリズムを聞かせてくれたり、その時々によって

臨機応変にリズムを操る「良い演奏者」からの方が多く学べると思う。

アフリカの伝統を見てみても、先生が具体的に説明する場面は皆無である。

だから、「教え上手」とはアフリカの外に出てからの概念であり、

アフリカ人の生徒達は全てこの「学びタイプ」とも言う事ができる。

逆に日本人は、義務教育の癖が抜けずに、先生の導き出す正解を飲み込む、

受動的な「教わり上手」にはなれるが、

先生の正解以上の情報(ぱっと見、関係なさそうなものも含め)を得ようとする

能動的な「学び上手」は珍しい存在でもあるのかもしれない。


どちらが、良し悪しの問題ではなく、

先生選びには、まず自分自身のタイプを知る事が大切なのだ。

結局、良い先生とは「その人にとっての」と言うことであり、

本人の好み、レベルや性格、環境によって変わってくる。

感情や思い込みで、受動態を塞いでしまったら、どんな人からも学べないし、

逆に「学ぼう」と言う姿勢でいれば、誰からでも「学べる」のである。

そして、そもそも、教わりたいと思ったその衝動を思い出して、

「良い生徒」になる以上に、「良い演奏者」になる事を目指し、

素直に「学びたい」と思える先生の元で学ぶのが一番である。

イブロは僕にとって最高の先生でした!


先生        生徒

表現者タイプ  ◎ 学び上手
表現者タイプ      △ 教わり上手
表現者タイプ  ✖️ 教わり下手
教え上手        ◯ 学び上手
     教え上手         ◎     教わり上手
      教え上手      ◯      教わり下手












 

コメント

このブログの人気の投稿

アフリカ人的リズムの感じ方

アフリカ人ジャンベ叩きと一緒に叩いたり、観たり体感したことのある人には、
分かるかと思うのだが、アフリカ人のリズムには、何か異質のエネルギーを感じる。


  根源的で、野性的で、生命力そのものの美しさ、
それでいてユーモアまで感じるエネルギーを含んだリズムとでも言い表すべきか?
僕自身も色々な理由からジャンベを続けてこれたが、
「アフリカ人の様なフィーリングで叩きたい」という思いが常にあった。
「一体何が、我ら日本人と違うのか?」と思いたって、アフリカ人の演奏を観察し、
時に同じ生活をする事で見えてきた違いは、
音量、スピード、熱量、前ノリ感、独特の間、ポリリズム感など、
挙げたら切りが無い。


が、その違いを一つ一つ理解して、日本人らしく、論理的かつ柔軟な感覚で
アフリカンフィーリングを習得して行ったら良いと思い、
このblogで記録しながら共有してます。
まぁフィーリング(感覚)の話なので、習得には個々人の訓練と慣れが必要になってきます。

  そんな今回は、1番簡単にアフリカ人フィーリングに近づける方法!


題して「アフリカ人的リスムの感じ方」



それを一言で言うと、
「アフリカ人達は、リズムを最小限で捉えようとする」
と言うことになる。
「リスムを最小限?捉える?」となると思うので、ここで例を、
(B=ベース。T=トニック。S=スラップ。)
KUKU (4/4) ジャンベ アコンパ


①は通常どおり、リズム譜にリズムを記したもの。

②は日本人的リズムの捉え方。
B(ベース)をリズムの頭と捉えて「ドントトッ カッ」とリズムを出している。
この場合、8拍あるうちの、7拍分がリズムへの集中力となり、1拍が休憩となる。

③はアフリカ人的リズムの捉え方。
S(スラップ)を頭と捉えて、「カッ ドントトッ」とリズムを出している。
この場合、リズムの集中力が6拍分、2拍が休憩となる。


同じリズムではあるが、捉え方によって、休憩できる拍が変わってくる。
休憩が増えるということは、それだけ楽にリズムを捉えることができるのです
もう一つ、よく叩かれるリズムで見てみましょう!
KASSA(4/4)ジャンベ アコンパ

①は通常どおり、リズム譜にリズムを記したもの。

②は日本人的リズムの捉え方。
拍の頭をリズムの頭と捉えて「カッ カカットト」とリズムを出している。
この場合に至っては、休憩の拍がなくなり、…

声と音色。話し方と叩き方。

以前の記事で「ジャンベには基本的な3つの音がある」と紹介しましたが、
この3つの音をクリアに、自由に操るためには、相当な時間がかかります。

初めは「何となく音が分かれてるかな?」くらいから始まると思います。
勿論、その状態でもリズムアンサンブルとして楽しめるものですが、
上手な人や、音の大きな人と叩くたびに、
「もっとクリアに自由に良い音を出せるようになりたい」という課題が現れる。
そして、長く太鼓を叩く中で、手が痛くなったり、どこかを痛めたり、
速さに追いつかずに腕が止まったり。そんなことをを繰り返して、
 太鼓と友達になって、初めて自分の音を手に入れるような気がします。

太鼓の「音」をアフリカの言葉で「Kan」といいます。
この「Kan」は「言葉」という意味であり、「声」という意味でもある。
つまり、アフリカ人たちは「(楽器の)音」も「声」も「言葉」ですら、

同じ意味合いとして、捉えている訳です。

 なるほど、僕も長年色んな人ジャンルの太鼓叩き達と太鼓を叩いてきましたが、
叩き手の出す太鼓の音色やフレーズは、
そのまま叩き手のパーソナリティーを表してる
と感じてきました。
 声の大きない人、自分を余り表に出さない人、すぐふざける人、真面目な人、
おしゃべりさん、無口、自信がある人、自信がない人、etc.....
 太鼓がシンプルな楽器だからか、
そうしたシンプルで根源的な特徴ほど、音によく現れる。
もちろん、その時の心情や気分も変化しながらも影響していて、
太鼓を前にした時に、自分自身で自分の強い感情に気づく事もある。
 いわば、太鼓を叩いていくうちに、自分のそうした根本的なエゴの部分や、
自身の変動的な感情に対峙させられ、音楽的に成長するために、


自分の心の癖をも修正しようと試みる事になる。
だから楽器の習得は人生の縮図のようなものなのだ。
自分の良い所も、悪い所も、生き様も、癖も赤裸々に見せてくれるだけでなく、
楽器を始めて触ってから、出来ることを増やしていく過程は、
0歳から初めて成長してゆく過程をもう一度味わうチャンスなのだ。

そして突き詰めていくと自分ではマイナスに見えていた要素も、
その人の叩き手としての魅力の一部となり、見ている人を熱くさせたりする。

生まれながらに「美声」を持っている人がいるように。
初めてジャンベを叩いたのに「綺麗な音」を出せる人もいる…

リズムから解く人間関係 〜ポリリズム〜

人間は母親のお腹にいる頃から、鼓動というリズムを鳴らし始め、
産声をあげ、呼吸というリズムを始め、
意識しようがしまいが、朝昼夜と時間のリズム、春夏秋冬といった季節のリズム、
所属団体(家族、学校、会社など)の習慣のリズムなど、
日々様々なリズムの中で暮らしている。



「僕らの生は、数あるリズムが、同時に鳴っている上にある」といっても過言ではない。

リズムは、「一定間隔」で「継続」されることにより、心地良いリズムとなる。
逆に「不定間隔」に「断続」的なリズムは、人々を不快にさせる傾向がある。
 そうゆう意味で、鼓動は人間にとって一番身近なバロメーター的リズムとなっている。


平常時、「トクトク」と脈打つ鼓動が例えば、車に突然轢かれそうになった時に
「どきっ」と反応し、「ドキドキドキドキ」と鼓動が速くなる。
これは、自分に迫った危機に対する回避反応ではあるが、
その後必ず怒りが沸き起こる。(轢かれてなかった場合ですね)
 その怒りは、「あぶねーだろ!」って気持ちと、
自分を「どきっ」とさせたこと=心地良いリズムを、中断させられた怒りである。


 時差ボケで苦しめられたり、昼夜逆転の生活がうつ病を招きやすかったり、
休日出勤に嫌気がさしたり、予想してなかった渋滞に巻き込まれたり、
人間は自分のリズムが崩された時に、ストレスに感じる。のです。

自分のリズムを崩す際たるものが、、、、他人です。
まぁ、動物の中で、唯一エゴを持った僕ら人間の宿命みたいなものですが、
自分のリズムとグルーブして、リズムを昇華させてくれるのも、他人です。


人間は本来それぞれ自分の心地良いリズム、得意なリズムで生きていたいものなのです。