スキップしてメイン コンテンツに移動

なまり、方言、イントネーション。

 ジャンベを学ぶことは、一つの言語を学ぶようである。
それは、学んでいくその過程と学んだ結果の、二つの点からそう思える。

 中学時代に英語を初めて習った時、そうだったように、
挨拶(コール)などの日常使う言葉(アコンパ)から始まり、
文法(ルール)を学び、単語(フレーズ)を覚え、
それを意のままに話す(ソロ)ところまでが、一応建前上のゴールとなる。
 ジャンベ学んでいく方法も、その過程は言語習得ととてもよく似ている。

見知らぬ土地でも、言葉通じずとも、ジャンベを叩く人とは、
すぐに通じ合えるのは、ジャンベがコミニケーションツールとなっているから。

言語やジャンベを学べば、結果、自分のコミニケーションの幅を広げることになる。

 アフリカ人たちが、声、言語、音、音色全てを同じ「カン」という言葉で
表しているのは、単にボキャブラリーが少ない、とも言えるのかもしれないが、
実は彼らが、これらの意味が全て深いところで繋がっている
という感覚で捉えているからかもしれない。


 さて、僕ら日本人は中学英語で、文法や単語を覚え、机上の論理は理解したが、
実用的な英会話となると、途端に口が重くなったりするものである。
それはきっと日本の英語教育が、「試験」というものに引っ張られすぎて、
コミニケーションツールとしての「他言語を習得する」という本来の?
方向性からずれている処から由来しているのかもしれない。

 中でも言語の持つイントネーションは一番厄介な問題である。

日本語にはない、発声や舌使いがあり、それがどこかくすぐったくも感じる。
顔は純日本人が、ネイティヴ訛りで話すのを見ると、なんか笑けて来るように、
イントネーションには「その言語を習得した」という説得力がある。
 しかしながら、イントネーションは癖を掴むのも、自分の癖を取るのも難しく、
無くても会話の中で、意味は通じるため次第に癖を掴む努力を忘れてしまうのである。

 いわゆる外国人が使う日本語を聞いてみても、「日本人では無い」という事は
直ぐにわかる。勿論話している意味は通じるし、その感じも嫌いでは無いし、
ある意味武器ではあると思うが、外国人感は丸出しである。

 逆に青い目の侍よろしく、外国人に流暢な日本語で、日本文化なんかを語られたら
「あっぱれ」と一歩退くような、説得力を感じる。

そうゆう意味でイントネーションは第2言語習得の最後の砦であるのかもしれない。
しかしながら、子供達が自分の国の言語を習得していく時、基本「モノマネ」である。
その「モノマネ」の中で、自然とイントネーション、ルール、単語などを覚えていく。
親の会話、兄弟の言葉、テレビから流れて来る言葉や音楽、全てには
その言語のイントネーションが含まれている。
「モノマネ」しながら自然に、そのイントネーションに触れ、
単語やルールを学びながら素直にそのイントネーションを吸収している。
つまり
自国の人にとってイントネーションは一番根底に流れている自然な感覚なのである

 何が言いたいかというと、ジャンベでも全く同じところが言えるという事。
同じリズムでも「アフリカ人が叩いてる」「いやいや外国人だ」って分かるのは、
リズムの持つイントネーション=「なまり」が一番の要因であると思う。

 僕自身、初めてアフリカ人の先生に習った時に先生の持つ「なまり」が凄すぎて、
最初、聞き取ることすら困難だった。それでも自分なりに習得して、先生と一緒に
叩いて見たが、何度やっても同じ様に叩ける様になる事はなれなかった。
 しかし、その後何年も続けていくうちに、あの時の原因が「なまり」だった事に
気がついて、ギニア、コートジボワール、ブルキナファソを旅する中で、
各地の先生の持つ「なまり」を出来るだけ吸収しようとした。
ギニアで耳にした「マニンカフィーリング」という言葉。
マリンケの人達が持つ、リズム的イントネーションとでも言うべきか?
自国の人たちもリズム的「なまり」についての認識があるんだと、感心し、
ますますリズムにおける「なまり」の存在を追い求める様になった。
ジュラ族、スス族、バンバラ族、フラ族、バガ族、ボボ族、キシ族、、、、
数多の民族が、独自の言葉を持つ民族であるが、現在
彼らは同様にジャンベを叩く民族でもある(経験の中で僕が見たことある)。
同じ楽器の上、民族の持つ「なまり」で音楽もまた変わる。
 そして「なまり」同様、リズムにも「方言」の様に、
同じ意味が全然違う言葉で呼ばれる事もあるのだと認識した。
 正解は、無数にある。後は好みである。

 ともあれ、日本人でもアフリカ人に「説得力があるな」と思わせる
ジャンベを叩くには、彼らの「なまり」に近づく事であると思う。

 それには、言語同様、ネイティブの人と叩く事。
そこでルールやフレーズを学ぶ中で、出来るだけ素直に「モノマネ」
をして、ルールやフレーズと「なまり」を切り離して考えない事。
 そして、失敗を恐れずに叩いてみる事だと思う。
まぁ、完璧なイントネーションだけが正解ではないのだけど。。

リズムの根底にあり過ぎて死角に入りやすく、説得力の要でもある「なまり」。
僕もまだまだ学んでいきたいと思っています!一緒にどうですか?








コメント

このブログの人気の投稿

アフリカ人的リズムの感じ方

アフリカ人ジャンベ叩きと一緒に叩いたり、観たり体感したことのある人には、
分かるかと思うのだが、アフリカ人のリズムには、何か異質のエネルギーを感じる。


  根源的で、野性的で、生命力そのものの美しさ、
それでいてユーモアまで感じるエネルギーを含んだリズムとでも言い表すべきか?
僕自身も色々な理由からジャンベを続けてこれたが、
「アフリカ人の様なフィーリングで叩きたい」という思いが常にあった。
「一体何が、我ら日本人と違うのか?」と思いたって、アフリカ人の演奏を観察し、
時に同じ生活をする事で見えてきた違いは、
音量、スピード、熱量、前ノリ感、独特の間、ポリリズム感など、
挙げたら切りが無い。


が、その違いを一つ一つ理解して、日本人らしく、論理的かつ柔軟な感覚で
アフリカンフィーリングを習得して行ったら良いと思い、
このblogで記録しながら共有してます。
まぁフィーリング(感覚)の話なので、習得には個々人の訓練と慣れが必要になってきます。

  そんな今回は、1番簡単にアフリカ人フィーリングに近づける方法!


題して「アフリカ人的リスムの感じ方」



それを一言で言うと、
「アフリカ人達は、リズムを最小限で捉えようとする」
と言うことになる。
「リスムを最小限?捉える?」となると思うので、ここで例を、
(B=ベース。T=トニック。S=スラップ。)
KUKU (4/4) ジャンベ アコンパ


①は通常どおり、リズム譜にリズムを記したもの。

②は日本人的リズムの捉え方。
B(ベース)をリズムの頭と捉えて「ドントトッ カッ」とリズムを出している。
この場合、8拍あるうちの、7拍分がリズムへの集中力となり、1拍が休憩となる。

③はアフリカ人的リズムの捉え方。
S(スラップ)を頭と捉えて、「カッ ドントトッ」とリズムを出している。
この場合、リズムの集中力が6拍分、2拍が休憩となる。


同じリズムではあるが、捉え方によって、休憩できる拍が変わってくる。
休憩が増えるということは、それだけ楽にリズムを捉えることができるのです
もう一つ、よく叩かれるリズムで見てみましょう!
KASSA(4/4)ジャンベ アコンパ

①は通常どおり、リズム譜にリズムを記したもの。

②は日本人的リズムの捉え方。
拍の頭をリズムの頭と捉えて「カッ カカットト」とリズムを出している。
この場合に至っては、休憩の拍がなくなり、…

アーティストとして生きよう!

アーティストとして生きる。言うは易しだが、 誰にでも簡単には出来る生き方ではない。
結論から言うと、僕の思うアーティストとは、 自分の表現に責任を持って生きる人のことである。 その時点での自分を肯定して、湧き出るものを躊躇せずに出せる者。 人からなんて思われようと、自分にOKとGOの出せる人である。 そして時に、空気が読めないと思われる人でもある。
そもそも「アーティスト」と言う言葉には沢山の意味が含まれている。
語源はラテン語で「職人の技術」、そしてアート(芸術)ィスト(の人)で 「芸術家」「美術家」とも呼ばれ、「その道の達人」や現代では、 「歌手」や「バンド」そのものを指す言葉でもある。
何を持っての「アーティスト」なのかが今回のテーマなのですが、
 とりあえずは、自分の内側から「何か」を創り出して、 それを世に出している(自分を表現している)人たちの様である。
僕の様な、暮らし方をしていると、そのような人達と日々出会うわけです。 アーティスト達はライブのステージ上(自己表現の場)だけでなく、 会場の中にお客さんとして混じっているっていることもあります。  その彼は、自己表現しているつもりなくても、会話や行動の中に、 自然とアーティストな雰囲気が出ていると言うわけです。 何故僕がそれを感じられるのか?と言うと、僕の目に写るアーティスト達は、 一様に「自分に疑いなく、自分に率直な雰囲気」を醸し出しているからです。 それが、服装に現れて、あからさまに分かる人もいれば、 スーツ姿でも隠しきれない個性を出している人もいるし、 服装が派手でも、中身は懐疑主義ということもある。
当たり前だが、アーティストとは見た目うんぬんではないということ。
人間、想像という作業は、多くの時間で行なっていることであるが、 それに行動を伴い、創造物や結果としてアウトプットさせることは中々ない。 その理由の一つとして、自分の中にいる完璧主義者の声である。 「こんなものでは、稚拙すぎる」とか「もっと、良くなるはずだ」とか、 「こんなの駄作だ」とか「今の自分には出来るはずない」とか、、、 ある意味、自分が上に行くためには必要なはずの言葉ではあるが、 誰かと比較することに慣れ、そうゆう言葉を自分に浴びせ続けて来た大人は、 すでに行動する前からこの声を聞き、 やがて行動を起こす事から戦線離脱してしまうのである。 行動を起こすことを辞めると、自分の本当の声というものカ…

声と音色。話し方と叩き方。

以前の記事で「ジャンベには基本的な3つの音がある」と紹介しましたが、
この3つの音をクリアに、自由に操るためには、相当な時間がかかります。

初めは「何となく音が分かれてるかな?」くらいから始まると思います。
勿論、その状態でもリズムアンサンブルとして楽しめるものですが、
上手な人や、音の大きな人と叩くたびに、
「もっとクリアに自由に良い音を出せるようになりたい」という課題が現れる。
そして、長く太鼓を叩く中で、手が痛くなったり、どこかを痛めたり、
速さに追いつかずに腕が止まったり。そんなことをを繰り返して、
 太鼓と友達になって、初めて自分の音を手に入れるような気がします。

太鼓の「音」をアフリカの言葉で「Kan」といいます。
この「Kan」は「言葉」という意味であり、「声」という意味でもある。
つまり、アフリカ人たちは「(楽器の)音」も「声」も「言葉」ですら、

同じ意味合いとして、捉えている訳です。

 なるほど、僕も長年色んな人ジャンルの太鼓叩き達と太鼓を叩いてきましたが、
叩き手の出す太鼓の音色やフレーズは、
そのまま叩き手のパーソナリティーを表してる
と感じてきました。
 声の大きない人、自分を余り表に出さない人、すぐふざける人、真面目な人、
おしゃべりさん、無口、自信がある人、自信がない人、etc.....
 太鼓がシンプルな楽器だからか、
そうしたシンプルで根源的な特徴ほど、音によく現れる。
もちろん、その時の心情や気分も変化しながらも影響していて、
太鼓を前にした時に、自分自身で自分の強い感情に気づく事もある。
 いわば、太鼓を叩いていくうちに、自分のそうした根本的なエゴの部分や、
自身の変動的な感情に対峙させられ、音楽的に成長するために、


自分の心の癖をも修正しようと試みる事になる。
だから楽器の習得は人生の縮図のようなものなのだ。
自分の良い所も、悪い所も、生き様も、癖も赤裸々に見せてくれるだけでなく、
楽器を始めて触ってから、出来ることを増やしていく過程は、
0歳から初めて成長してゆく過程をもう一度味わうチャンスなのだ。

そして突き詰めていくと自分ではマイナスに見えていた要素も、
その人の叩き手としての魅力の一部となり、見ている人を熱くさせたりする。

生まれながらに「美声」を持っている人がいるように。
初めてジャンベを叩いたのに「綺麗な音」を出せる人もいる…