スキップしてメイン コンテンツに移動

責任と自由

人は大人になるにつれ、多くの「責任」を背負い混んでいき、

「自由」が無くなったと嘆く。。


しかし子ども時代に「自由に生きていたか?」と問われれば、そうでもない。

学校や親からのしがらみから「はやく自由なりたい」と思ってたくらいである。

写真:黒人奴隷船内部の鳥瞰図。

 僕は子どもの頃、「自分は自由な存在でいたい」という思いが強かった。

当時通っていた野球教室も、行きたくない時が頻繁にあり、そんな時には、

「いざとなったらいつだって辞めれる!そのまま日本一周の旅だって出来る!」

と現実逃避的ではあるが、大きな世界を歩き回る自分を想像した。

その考えの元は、

「人間、裸になったら自由、そして本当はいつでも裸になれるし、
そのボタン(決定権)は自分の手の中にある。」という、

生き物「人間」としての根源的な自由さを感じていたからかもしれない。

子供の発想ではあるが、

「人間はしがらみや所属、関係という多く「服」を着込んでいるから、
窮屈になり、自分の意のままには生きれない状況になる。
からといって「服」を脱ぐのは、寒いし、恥ずかしいし、
間違ってるかもしれないし、簡単な事ではない。
しかしそれらの思いを上回る「何か」が来たり、
厚着しずぎて動けなくなるくらいなら、人間、いつでも「服」を脱いで、
「ただの人間」として生きていける可能性を秘めているのだ」と。

そいやって、嫌な時間が来る度に「取り巻く社会と完全に切り離された自分」

を想像しては、妙な安心感と、想像と現実の間に生まれた余裕のおかげで、
現実への勇気が湧いてきて、野球教室も6年生まで続けることができた。


 しかしながら、大人になると根源的に「裸になる」事を想像しただけでは

やりくりが難しくなって来る。

それは積み上げて来たものや、友達や家族などの「しがらみ」が実は、自分の選択の結果だと言うことに、無意識ながらにも気がついてしまうからである。と言うより多くの時間を「しがらみ」の中で過ごしている為、「しがらみ」の中でしか、自分を感じられなくなっていくのである。

 父として、夫として、ミュージシャンとして、社会人として、、、など、

しがらみや「関係性」の生み出す「立場」中で、生きている時間が殆どになる。

そしてそれぞれの立場上に「責任」と言うものが関わって来て、

がんじがらめにされ「自由」とは切り離された時間に生きていると感じるのだ。

しかし
僕らが「責任」と敬遠しがちなものの正体は実は「義務」であったりする。

そして、僕らが主張する「自由」とは実は、「権利」の事だったりする。

「責任と自由」「義務と権利」とは似ているが異なる。

その違いは、自己発信なのか、他者発信なのか、の違いである。


雇われる事より「自分の好きな事を仕事にしよう」と思うようになってから、

「責任」の認識が少し変わって、「責任は取るものではなく、持つもの」と言う

「責任」が後ではなく、先に立つようになった。

すると、不思議とそこに「自由」を感じるようになった。つまり、

「自分のケツを自分で拭けるのなら、誰も文句は言わない」

状態になるのである。

そうすると「義務や権利」と言うものとも、

日常生活の中でだんだんと接点が無くなって来る。

もちろん選挙、確定申告、税金など、国民の義務や権利と呼ばれる

諸々との接点は、無くなるわけではないが、

誰からも文句を言われずに自分達が自由に生きていく為の「責任」となれば、

物事の見え方も変わって来るのである。


 それを実感するのも、やはり音楽の中である。

ジャンベのアンサンブルを習っていると「義務」と感じてしまう事が多々ある。

儀式や祭りの重要なBGMとして流れる為、基本音楽は止めてはいけないし、

細かく変わるリズムにも、対応しなくてはいけないし、

ソロやダンスの走ったリズムにも瞬時について行かなくてはならない。

しかしアンサンブルの中で、自分の役割を「義務」と感じてしまうと、

ただただキープするだけの機械となってしまう。楽しくないし、



それを突き詰めて行くと、「義務を果たしてるから、ここにいる権利がある」

と言うような変な考えになってしまう。

音楽はやはり、自由なものなので、「責任」という言葉の方が似合う。

アンサンブルの中で、「責任」を持つと言う事は、

自分のパートのグルーブを発し保ち続けることである。

つまり責任(グルーブ)さえ果たしていれば、基本どんなアレンジ(解釈)

をしても大丈夫(誰も文句を言わない)と言う事なのだ。



 例えばジャンベのワークショップ中に、先生がぶわーっとソロを叩いても、

先生が作り出した空間(グルーブ)内での事なので、誰も文句は言わない。

それは、先生側も自分のソロで、グルーブが崩れてしまっても、全体を修正できる

という範疇で、責任持って叩いているし、それが醸し出ているからでもある。

 責任を持って挑む事は先生だけに限ったことではなく、

自由なプレイヤーである為の前提条件なのかもしれない。

自分の音に「責任」を持っている人ほど、その人自身が表に出て来るし、

傍目から見て「自由」に感じるものなのだ。

なぜなら、

責任」は常に一方向(自分)に向いており、外から影響されにくく、

昇華させれば「不動の個性」として認識されるようになる。

逆に、

義務」は外との関係で生じるものなので、多方向であり、ある意味

他人任せ。それぞれの関係から影響を受けやすいから、

義務の中で叩く(生きる)人は、

本当の自分の音(本音)がわからなくなって来る。

つまり、

一つ大きな「自分」に対しての「責任」を持つ事で、

多くの義務から開放されるようになって来る。



僕らは「死ぬ気になればなんでもやれるよう」に、

「自分に責任を持てば、自由に生きられる」のである。

なので、どんどん責任を持って生きましょう!

難しいことのように見えて、簡単で、

簡単なようで、難しい。

音楽も人生も同じ。







コメント

このブログの人気の投稿

アフリカ人的リズムの感じ方

アフリカ人ジャンベ叩きと一緒に叩いたり、観たり体感したことのある人には、
分かるかと思うのだが、アフリカ人のリズムには、何か異質のエネルギーを感じる。


  根源的で、野性的で、生命力そのものの美しさ、
それでいてユーモアまで感じるエネルギーを含んだリズムとでも言い表すべきか?
僕自身も色々な理由からジャンベを続けてこれたが、
「アフリカ人の様なフィーリングで叩きたい」という思いが常にあった。
「一体何が、我ら日本人と違うのか?」と思いたって、アフリカ人の演奏を観察し、
時に同じ生活をする事で見えてきた違いは、
音量、スピード、熱量、前ノリ感、独特の間、ポリリズム感など、
挙げたら切りが無い。


が、その違いを一つ一つ理解して、日本人らしく、論理的かつ柔軟な感覚で
アフリカンフィーリングを習得して行ったら良いと思い、
このblogで記録しながら共有してます。
まぁフィーリング(感覚)の話なので、習得には個々人の訓練と慣れが必要になってきます。

  そんな今回は、1番簡単にアフリカ人フィーリングに近づける方法!


題して「アフリカ人的リスムの感じ方」



それを一言で言うと、
「アフリカ人達は、リズムを最小限で捉えようとする」
と言うことになる。
「リスムを最小限?捉える?」となると思うので、ここで例を、
(B=ベース。T=トニック。S=スラップ。)
KUKU (4/4) ジャンベ アコンパ


①は通常どおり、リズム譜にリズムを記したもの。

②は日本人的リズムの捉え方。
B(ベース)をリズムの頭と捉えて「ドントトッ カッ」とリズムを出している。
この場合、8拍あるうちの、7拍分がリズムへの集中力となり、1拍が休憩となる。

③はアフリカ人的リズムの捉え方。
S(スラップ)を頭と捉えて、「カッ ドントトッ」とリズムを出している。
この場合、リズムの集中力が6拍分、2拍が休憩となる。


同じリズムではあるが、捉え方によって、休憩できる拍が変わってくる。
休憩が増えるということは、それだけ楽にリズムを捉えることができるのです
もう一つ、よく叩かれるリズムで見てみましょう!
KASSA(4/4)ジャンベ アコンパ

①は通常どおり、リズム譜にリズムを記したもの。

②は日本人的リズムの捉え方。
拍の頭をリズムの頭と捉えて「カッ カカットト」とリズムを出している。
この場合に至っては、休憩の拍がなくなり、…

声と音色。話し方と叩き方。

以前の記事で「ジャンベには基本的な3つの音がある」と紹介しましたが、
この3つの音をクリアに、自由に操るためには、相当な時間がかかります。

初めは「何となく音が分かれてるかな?」くらいから始まると思います。
勿論、その状態でもリズムアンサンブルとして楽しめるものですが、
上手な人や、音の大きな人と叩くたびに、
「もっとクリアに自由に良い音を出せるようになりたい」という課題が現れる。
そして、長く太鼓を叩く中で、手が痛くなったり、どこかを痛めたり、
速さに追いつかずに腕が止まったり。そんなことをを繰り返して、
 太鼓と友達になって、初めて自分の音を手に入れるような気がします。

太鼓の「音」をアフリカの言葉で「Kan」といいます。
この「Kan」は「言葉」という意味であり、「声」という意味でもある。
つまり、アフリカ人たちは「(楽器の)音」も「声」も「言葉」ですら、

同じ意味合いとして、捉えている訳です。

 なるほど、僕も長年色んな人ジャンルの太鼓叩き達と太鼓を叩いてきましたが、
叩き手の出す太鼓の音色やフレーズは、
そのまま叩き手のパーソナリティーを表してる
と感じてきました。
 声の大きない人、自分を余り表に出さない人、すぐふざける人、真面目な人、
おしゃべりさん、無口、自信がある人、自信がない人、etc.....
 太鼓がシンプルな楽器だからか、
そうしたシンプルで根源的な特徴ほど、音によく現れる。
もちろん、その時の心情や気分も変化しながらも影響していて、
太鼓を前にした時に、自分自身で自分の強い感情に気づく事もある。
 いわば、太鼓を叩いていくうちに、自分のそうした根本的なエゴの部分や、
自身の変動的な感情に対峙させられ、音楽的に成長するために、


自分の心の癖をも修正しようと試みる事になる。
だから楽器の習得は人生の縮図のようなものなのだ。
自分の良い所も、悪い所も、生き様も、癖も赤裸々に見せてくれるだけでなく、
楽器を始めて触ってから、出来ることを増やしていく過程は、
0歳から初めて成長してゆく過程をもう一度味わうチャンスなのだ。

そして突き詰めていくと自分ではマイナスに見えていた要素も、
その人の叩き手としての魅力の一部となり、見ている人を熱くさせたりする。

生まれながらに「美声」を持っている人がいるように。
初めてジャンベを叩いたのに「綺麗な音」を出せる人もいる…

リズムから解く人間関係 〜ポリリズム〜

人間は母親のお腹にいる頃から、鼓動というリズムを鳴らし始め、
産声をあげ、呼吸というリズムを始め、
意識しようがしまいが、朝昼夜と時間のリズム、春夏秋冬といった季節のリズム、
所属団体(家族、学校、会社など)の習慣のリズムなど、
日々様々なリズムの中で暮らしている。



「僕らの生は、数あるリズムが、同時に鳴っている上にある」といっても過言ではない。

リズムは、「一定間隔」で「継続」されることにより、心地良いリズムとなる。
逆に「不定間隔」に「断続」的なリズムは、人々を不快にさせる傾向がある。
 そうゆう意味で、鼓動は人間にとって一番身近なバロメーター的リズムとなっている。


平常時、「トクトク」と脈打つ鼓動が例えば、車に突然轢かれそうになった時に
「どきっ」と反応し、「ドキドキドキドキ」と鼓動が速くなる。
これは、自分に迫った危機に対する回避反応ではあるが、
その後必ず怒りが沸き起こる。(轢かれてなかった場合ですね)
 その怒りは、「あぶねーだろ!」って気持ちと、
自分を「どきっ」とさせたこと=心地良いリズムを、中断させられた怒りである。


 時差ボケで苦しめられたり、昼夜逆転の生活がうつ病を招きやすかったり、
休日出勤に嫌気がさしたり、予想してなかった渋滞に巻き込まれたり、
人間は自分のリズムが崩された時に、ストレスに感じる。のです。

自分のリズムを崩す際たるものが、、、、他人です。
まぁ、動物の中で、唯一エゴを持った僕ら人間の宿命みたいなものですが、
自分のリズムとグルーブして、リズムを昇華させてくれるのも、他人です。


人間は本来それぞれ自分の心地良いリズム、得意なリズムで生きていたいものなのです。