スキップしてメイン コンテンツに移動

口頭伝承の音楽ってことは?

 ジャンベは言わずとも知れた「口頭伝承」の楽器である。

紙や音源に残すことなく、
脈々と人々の脳内から脳内へと伝わって来た知恵である。

 これは、アフリカの識字率の低さの結果とも言えなくもないが、
音楽が文学よりも先に、人々の生活に根ざしていたから、と言うこともできる。

 世界の歴史を見てみても、人々が文字を持つ前から音楽はすでにあったと思う。
それは、祈りそのものだったり、神の真似事、冠婚葬祭、感情表現、
労働の為の道具としてだったり、それこそ鼻歌だったり、、、
つまりは、ものすごい主観的
「今、半径10m以内にいる自分たちにとって意味をなす」ような、
重要であり、当事者たちにとっては当たり前で、些細な音楽だった。
それが、文字を持ち、音楽が楽譜に記されることで、
「音楽」が時代や言葉を超えて存在し、
また初めましての人とも共有できるものとなった。
そうやって音楽は「誰にとっても意味をなす」手軽で厳かなものとなった。

 文字が生まれて、文献が残って、歴史が生まれたように、

楽譜が生まれて、音楽は客観的に語られるようになった。
つまり、楽譜がない音楽を、「有史以前の音楽」
楽譜に記された音楽を「有史以来の音楽」と区別することができる。
これは音楽を表現する中で、立場というものが大分違う気がする。
 
ジャンベ、ドゥンドゥンなど、アフリカンで括られる音楽の立場は、
いわゆる「有史以前の音楽」と言うことができる。
「有史以前の音楽」は楽譜がないから、
言葉や歌となり、人から人へと伝わったわけだが、

その長い長い伝言ゲームの行く末、今に残っている音楽というものは、
奇跡的とも言えるし、必然的とも言える。
なぜなら、
長い歴史の中で、取り留めなく、幾万と生まれて来た音楽の中から、
伝承を繰り返す中で、忘れられたり、伝える人が居なくなったり、
淘汰された後、後世に伝わる音楽はほんの一握り。
その中の一つの音楽だとしたら奇跡的だが、
 その音楽自体に「人間(人類)の感覚と、記憶に残りやすい作用があった」
とすれば、後世まで伝わったのは必然ということもできる。

何が言いたいかというと、
感覚に引っかからない音楽」は「有史以前の音楽」にとって致命的なのである。
逆に言えば、今ある「有史以前の音楽」には、
人々の「感覚に引っかかってきた何かがある」のである。

 ジャンベの伴奏パターン一つをとって見ても、それを感じることができる。
もちろん、初めは色んな「慣れない」があって、それどころではないが、
叩き込んで、そのフレーズが自分のモノになった時(叩きながら喋れるくらい)、
腕が自動的に動いているような感覚(オートマチック)になる。
それは自分で叩いているようだが、周りの音との調和も相まって、
押されるように、あるべきところに収まるのである。
動き的にも、精神的にも、肉体的にも
自然に入れるスポット(グルーブ)に達すると、
そんな先人たちの生み出し、使い回され、淘汰され、残ってきた感覚の
片鱗に触れたような感覚になるのです。

口頭で伝わって来た音楽だけに、
 そのグルーブへ達するヒントが口太鼓にあると思うのです。
次回に続きます。

コメント

このブログの人気の投稿

ジャンベの叩き方〜音だし 手のひら編〜

ジャンベには基本の3つの音がある。 「ドン」「トン」「カン」 一つの打面だが低音、中音、高音と音質が変化する。 それに、ダイナミクス(音量の上げ下げ)や、微妙な倍音をわざと出したり、 ちょっとしたことで音は変わるから、 実際は3つの音だけでは無い。  しかしながら、1番大切な三つの音を先ずは出せる様にしよう。   ここから僕の感じた3つの音の出し方を書きます。 あくまでも個人的な見解なので、「そんな感じもあるんだ」くらいに読んで下さい。   立って叩く場合でも、座って叩く場合でも、打面がおへそからおへその少し下に 来る様にジャンベをセットする。 座って叩く場合は、ジャンベ下部の穴を塞がない様に、ジャンベの打面を 少し奥に傾けて、それを両膝の内側で支える様に座る。   肩の力を抜いて、ジャンベのふちに両手を置く。 この時、 ジャンベのふちのアールに合わせて 、自分の手を少し曲げ、フィットさせる。 頬杖付いたときの、手の形の様に、対象を包み込む感じです。 これが、基本の姿勢である。あくまでも 自分にとって自然な姿勢 でこれをキープします。 ドン/低音 /ベースの出し方 3つの音の中でも比較的出し易く、認識し易い音で、一言で言うと、 リムの内側、打面の中央辺りに腕の重さを乗せて、手のひら全体で叩く。 初めは、叩くというイメージよりも「腕を落とす」とイメージする。 例えば、手首に糸を巻いて、脱力した腕を吊り上げられた状態で、 誰かにその糸を、急に切られた様な感じ。 手のひらが皮にぶつかった瞬間に来る反発を素直に受けたら、 トランポリンの要領で、手のひらが上に跳ね上がる。 体重が乗れば乗るほど、落下スピードが速ければ速いほど、反発も大きくなる。 手のひらが当たった時、手のひらの中央は皮にはぶつかっていない。 でも、重心はそこ(手のひら中央)に持ってくる。 音は、太鼓下部の穴から抜けて来る感じ。 それがドンの音。 トン/中音/トニックの出し方。

アフリカ人的リズムの感じ方

  アフリカ人ジャンベ叩きと一緒に叩いたり、観たり体感したことのある人には、 分かるかと思うのだが、アフリカ人のリズムには、何か異質のエネルギーを感じる。   根源的で、野性的で、生命力そのものの美しさ、 それでいてユーモアまで感じるエネルギーを含んだリズムとでも言い表すべきか? 僕自身も色々な理由からジャンベを続けてこれたが、 「アフリカ人の様なフィーリングで叩きたい」 という思いが常にあった。 「一体何が、我ら日本人と違うのか?」と思いたって、アフリカ人の演奏を観察し、 時に同じ生活をする事で見えてきた違いは、 音量、スピード、熱量、前ノリ感、独特の間、ポリリズム感など、 挙げたら切りが無い。 が、その違いを一つ一つ理解して、日本人らしく、論理的かつ柔軟な感覚で アフリカンフィーリングを習得して行ったら良いと思い、 このblogで記録しながら共有してます。 まぁフィーリング(感覚)の話なので、習得には個々人の訓練と慣れが必要になってきます。   そんな今回は、 1番 簡単に アフリカ人フィーリングに近づける方法! 題して 「アフリカ人的リスムの感じ方」 。 それを一言で言うと、 「アフリカ人達は、リズムを最小限で捉えようとする」 と言うことになる。 「リスムを最小限?捉える?」となると思うので、ここで例を、 (B=ベース。T=トニック。S=スラップ。) KUKU (4/4) ジャンベ アコンパ ①は通常どおり、リズム譜にリズムを記したもの。 ②は日本人的リズムの捉え方。 B(ベース)をリズムの頭と捉えて「ドントトッ カッ」とリズムを出している。 この場合、8拍あるうちの、7拍分がリズムへの集中力となり、1拍が休憩となる。 ③はアフリカ人的リズムの捉え方。 S(スラップ)を頭と捉えて、「カッ ドントトッ」とリズムを出している。 この場合、リズムの集中力が6拍分、2拍が休憩となる。 同じリズムではあるが、捉え方によって、休憩できる拍が変わってくる。

ジャンベの選び方

  ジャンベが欲しくなって、手に入れたくなったけど、 「どうやって選んだいいか分からない?」と言う人に、今日はジャンベの選び方を。   どの楽器が良いと言う前に、あなたがどういう風にジャンベを叩きたいか? それによって楽器としての選択肢も変わってきます。 取り敢えずジャンベを所有したいのか?子供用、インテリア用なのか? アフリカンでガッツリ叩きたいのか?歌もののパーカッションとして使いたいのか?   その動機はそれぞれだと思います。 もし楽器としてではなく、インテリアや、ちょっとした時に叩きたいと言うのであれば、 民族雑貨屋さんや、ネットのオークションなどで、比較的安価に買える物で良いだろう。   このレベルの太鼓は、アフリカ産というよりは、 インドネシアや東南アジアの工場で作られた物が多い。 内側の彫りを見てみると、手で彫られたというよりは、 旋盤の機械で綺麗に彫られており、 ロープやリングの作りが細く、サイズも小さい(打面直径10cm〜15cm)物が多い。 言うまでもなく、このタイプのジャンベは、楽器として音も小さいので、 歌もののパーカッションや、アフリカンのアンサンブルで叩くのには向いていない。   しかしながら、取り敢えず手元にジャンベが欲しいと言う人にはお勧めかもしれない。 楽器としてのジャンベの選び方 大きさ編   そもそも、ジャンベは手で叩く楽器なので、自分の手に合う大きさがある。 目安としては、打面に片手の平一つと、もう片方は手首から第二関節までのサイズが 自分に合った打面の大きさだと言われている。 それより小さ過る場合、スラップやトニックを出した時に、 ベースも一緒に鳴ってしまうおそれがある。 その点大きい場合には、問題無いが、大きい楽器には移動や演奏時に別の大変さが伴う。 重さ編   ジャンベの重さは、ボディに使われた木の密度と、その彫り方によって8割方決まる。 電車移動や、徒歩移動が多い方は、この重さを重要視した方が良い。 どんなに良い音がしても、会場まで運べないくらい重い太鼓だと、 宝の持ち腐れ